2018年日本シリーズのカープ対ソフトバンク第5戦を振り返る

2018年日本シリーズのカープ対ソフトバンク第5戦を振り返る

第4戦では、ソフトバンクがカープ打線をきっちり抑え込んで勝利し、ソフトバンクが2勝1敗1分けでリードしました。

ここ第5戦では、ソフトバンクが突き放すのか、カープが勝利し、再び完全にふりだしに戻すのか、このシリーズの運命を分ける非常に重要な一戦となります。

先発ピッチャーは、初戦と全く同じく、ソフトバンクは千賀、カープは大瀬良と、両軍のエース対決となります。

エース同士なので、第3戦のような乱打戦にはなりにくいと思いますが、そろそろお互いの中継ぎピッチャーに、バッター達が慣れ始め、中継ぎ以降で点が入る可能性が上がってきます。

ソフトバンクは、本調子でないにしろ、大崩れはしていませんが、カープは心配事だらけです。笑

まず目立つのが、盗塁死ですね。

6回盗塁を企画し、全て失敗してます、、、。

それだけソフトバンクのキャッチャーである甲斐と高谷の肩が素晴らしいんですが、それにしても、間一髪どころか誰が見ても明らかにアウトというところが心配になります。

カープの首脳陣は、チームの方針なので走ると話していますが、どうなんでしょうか?

相手ピッチャーにプレッシャーをかける意味でもある程度は必要とは思いますが、積極的に仕掛けていかなくても良いと思いますが、、、。

また、丸の打率が.125という大不振なところが気になります。

ですが、セリーグ最強バッターの名は伊達ではないと思いますので、この第5戦こそ、どでかい一発を打ってくれると信じたいところですね!

それでは、これから第5戦を振り返っていきますので、その概要から順番に下記していきます。

※その他2018年の日本シリーズの詳細は下記をご参照下さい。

↓ ↓ ↓

2018年日本シリーズのカープ対ソフトバンク第1戦目の全結果詳細

2018年日本シリーズのカープ対ソフトバンク第2戦目の結果と感想

2018年日本シリーズ、カープ対ソフトバンク第3戦目について

2018年日本シリーズのカープ対ソフトバンク第4戦目の結果概要

2018年日本シリーズのカープ対ソフトバンク最終戦の詳細はこちら

試合概要・結果

2018年日本シリーズのカープ対ソフトバンク第5戦を振り返る

試合概要

ソフトバンクの柳田が延長10回裏にサヨナラホームランを放ち、サヨナラ勝ちしました。

これでソフトバンクが、日本一に王手をかけました。

先制したのはカープで、2回表に會澤が先制のタイムリーヒットを打ちます。

しかし4回裏、ソフトバンクは中村晃が満塁から2点タイムリーヒットを打ち、逆転します。

そのすぐ後、丸が逆転ツーランホームランを放つも、ソフトバンクがすぐさま内野ゴロの間に点を取り、同点に追いつきます。

その後、カープの會澤が勝ち越しのソロホームランを放つと、ソフトバンクの明石がソロホームランで同点に追いつき、同点のまま延長戦に入ります。

最後は延長10回に、ソフトバンクの柳田がソロホームランを放ち、ソフトバンクが勝利しました。

スコアボード

日程:11/1(木)
球場:ヤフオクドーム

スコアボード
回 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 計 安 失
広 0 1 0 0 2 1 0 0 0 0 4 8   0
ソ 0 0 0 2 1 0 1 0 0 1× 5 9   0

バッテリー

【ソフトバンク】
・ピッチャー

千賀、モイネロ、武田、嘉弥真、高橋礼、森、加治屋

・キャッチャー

甲斐、高谷

【広島】

・ピッチャー

大瀬良、ヘルウェグ、一岡、フランスア、中崎

・キャッチャー

會澤

本塁打

【ソフトバンク】
明石 1号(7回裏ソロ)
柳田 1号(10回裏ソロ)

【広島】
丸 1号(5回表2ラン)
會澤 1号(6回表ソロ)


試合を振り返る

第5戦は、初戦と同じく、両軍のエースであるソフトバンク千賀とカープ大瀬良がそれぞれ先発しました。

2回にカープは千賀を攻め、會澤のタイムリーヒットで先制します。

しかしその後、野間のライト前ヒットを、ソフトバンクのライト上林がホームに好返球し、ホームで安部を刺しました。

これはもう、上林が凄かったです!

外野からノーバウンドで抜群の位置に返球しました。

カープはこれで、今年の日本シリーズでホームで刺されるのは2回目です、、、。

加えて盗塁も1回も成功せずに、既に6回も失敗しています。

さすがにカープの走塁ミスが目立ちます。

いや、相手の好守が続いているので、ミスと言っていいのか分かりませんが、そろそろなんとかしないといけませんね。

その後の4回裏、ついにソフトバンクが牙を剥きます。

フォアボール、ヒット、フォアボールで大瀬良がノーアウト満塁の大ピンチを迎え、対するのは中村晃です。

バットさばきが上手いピッチャーなので、カープからしたら、この場面では非常に嫌なバッターです。

案の定、大瀬良の低めにコントロールされた球を上手く拾い上げ、逆転の2点タイムリーヒットを放ちます。

あの球をセンター前ヒットとは、、、おみそれいたしました。笑

カープファンからは悲鳴が聞こえました。

しかしここはエース大瀬良、その後は3人をきちんと抑え、なんとか2点でしのぎました。

その次の回、逆転されてからすぐに、丸が待望の第1号ツーランホームランを放ち、逆転し返します!

やっと、やっと、やっと丸に一本が出ました!!

それが効果的な逆転ツーランホームランともなれば、カープファンからしたらもう絶頂ものでしたね。笑

丸自身も、ファーストベースを踏んだ瞬間に、よっしゃ!!と叫んでいたのが見えました。

しかししかし、次の回、今度はソフトバンクが二つの内野安打でチャンスを作ります。

ソフトバンク、内野安打や、内野ゴロで点を取ったりするのが、めちゃくちゃ多い気がします、、、。笑

ここでカープは大瀬良を交代し、なんとヘルウェグを投入します。

いやー、思い切った継投策ですね!

かなり荒球なので、このピンチでは心配、、、と思った矢先に、デッドボールを与えます。

肩付近に当たりましたが、グラシアルが大丈夫そうで良かったです。

その後なんとかヘルウェグが抑え、同点止まりとなりました。

またまた次の回、今度は會澤が、ホームランテラスの一番手前のギリギリのところにホームランを放ち、勝ち越しました。

これこそまさに、値千金の一発でしたね!

続いて6回の裏、今宮がツーベースを放ち、気迫のヘッドスライディングを見せます!

しかしヘッドスライディングが原因か、今宮がどこか痛め、途中交代します。

やっぱりヘッドスライディングは危険ですね、、、。

このピンチに、カープは、最強中継ぎピッチャーのフランスアを投入します。

6回に出てくるとは思いませんでしたが、もう絶対に点をやらないというカープの意思が見えました。

ここをきっちり抑えてくれました。

しかし、回またぎをしたフランスアが、まさかの、明石に同点のソロホームランを打たれてしまいました!

ホームランバッターでない明石から、痛恨の一発でしたね、、、。

この日のフランスアは全体的に球が浮いていたので、この後も気になりましたが、さすがの球威でしっかり抑えてくれました!

このまま同点で延長となり、停滞し始めた雰囲気を感じ始めました。

まさかまた延長12回決着つかずになるのでは、、、と思っていた矢先でした!

延長10回裏に柳田が一振りで、サヨナラホームランを放ち、ソフトバンクに勝利をもたらしました。

いやー、カープにとっては痛すぎる敗戦となりましたね。

これで通算成績は、広1-3ソ(1分)となり、ソフトバンクが日本一に王手をかけました。

追い込まれたカープとしては、3連勝しなければ、日本一はありません。

同じ状況で、逆転して日本一になった例は、過去に23チーム中たったの1チームだけのようです。

確率にして、4%だけです。

しかし1%でもあるなら、カープファンは信じて応援し続けるしかありませんね!

第6戦も一生懸命応援しましょう!!

それでは最後に、第5戦の全打席の詳細を下記します。

全打席の詳細

1回表広島の攻撃

1:田中 セカンドゴロ 1アウト
2:菊池 三振 2アウト
3:丸 レフトフライ 3アウト

1回裏ソフトバンクの攻撃

1:上林 ファーストゴロ 1アウト
2:明石 三振 2アウト
3:グラシアル フォアボールを選ぶ 1塁
4:柳田 セカンドゴロ 3アウト

2回表広島の攻撃

1:鈴木 三振 1アウト
2:松山 ツーベース 2塁
3:西川 フォアボール 1,2塁
4:安部 ファーストゴロ 2アウト1,3塁
5:會澤 センターへの先制タイムリーヒット 1,2塁

ソ0-1広

6:野間 ライトへのヒット&2塁走者安部が走塁死 3アウト

2回裏ソフトバンクの攻撃

1:中村晃 セカンドへの内野安打 1塁
2:内川 セカンドフライ 1アウト
3:松田宣 6-4-3のダブルプレー 3アウト

3回表広島の攻撃

1:田中 セカンドゴロ 1アウト
2:菊池 フォアボール 1塁
3:丸 三振 2アウト
4:鈴木 フォアボール 1,2塁
5:松山 ショートゴロ 3アウト

3回裏ソフトバンクの攻撃

1:今宮 セカンドゴロ 1アウト
2:甲斐 セカンドフライ 2アウト
3:上林 ショートゴロ 3アウト

4回表広島の攻撃

1:西川 セカンドフライ 1アウト
2:安部 レフトフライ 2アウト
3:會澤 ショートライナー 3アウト

4回裏ソフトバンクの攻撃

1:明石 フォアボール 1塁
2:グラシアル レフトへのヒット 1,2塁
3:柳田 フォアボール 満塁
4:中村晃 センターへの逆転タイムリーヒット 1,2塁

ソ2-1広

5:内川 送りバント成功 1アウト2,3塁
6:松田宣 三振 2アウト
7:今宮 ショートゴロ 3アウト

5回表広島の攻撃

1:野間 セカンドゴロ 1アウト
2:田中 ツーベース 2塁
3:菊池 三振 2アウト

千賀→モイネロにピッチャー交代

4:丸 ライトスタンドへの逆転2ランホームラン

ソ2-3広

5:鈴木 フォアボール 1塁
6:松山 セカンドゴロ 3アウト

5回裏ソフトバンクの攻撃

1:甲斐 ピッチャーへの内野安打 1塁
2:上林 ショートへの内野安打 1,2塁
3:明石 送りバント成功 1アウト2,3塁

大瀬良→ヘルウェグにピッチャー交代

4:グラシアル デッドボール 満塁
5:柳田 ピッチャーゴロの間に1点 2アウト2,3塁

ソ3-3広

6:中村晃 レフトフライ 3アウト

6回表広島の攻撃

モイネロ→武田にピッチャー交代

1:西川 ファーストゴロ 1アウト
2:安部 三振 2アウト
3:會澤 レフトスタンドへの勝ち越しホームラン

ソ3-4広

4:野間 三振 3アウト

6回裏ソフトバンクの攻撃

ヘルウェグ→一岡にピッチャー交代

1:内川 ファーストへのファウルフライ 1アウト
2:松田宣 ショートゴロ 2アウト
3:今宮 レフトへのツーベース 2塁

甲斐→長谷川勇が代打

一岡→フランスアにピッチャー交代

2塁走者今宮→高田が代走

4:長谷川勇 ファーストゴロ 3アウト

7回表広島の攻撃

高谷がキャッチャーの守備につく
高田がショートの守備につく

1:田中 ピッチャーゴロ 1アウト
2:菊池 三振で 2アウト
3:丸 センターへのヒット 1塁
4:鈴木 フォアボールを選ぶ 1,2塁

武田→嘉弥真にピッチャー交代

松山→新井が代打

5:新井 サードゴロ 3アウト

7回裏ソフトバンクの攻撃

1:上林 三振 1アウト
2:明石 ライトスタンドへのソロホームラン

ソ4-4広

3:グラシアル ショートフライ 2アウト
4:柳田 レフトフライ 3アウト

8回表広島の攻撃

西川→バティスタが代打

嘉弥真→高橋礼にピッチャー交代

1:バティスタ ショートゴロ 1アウト
2:安部 レフトフライ 2アウト

高橋礼→森にピッチャー交代

3:會澤 三振 3アウト

8回裏ソフトバンクの攻撃

バティスタ→ファーストの守備につく

1:中村晃 三振 1アウト
2:内川 センターフライ 2アウト
3:松田宣 三振 3アウト

9回表広島の攻撃

1:野間 サードゴロ 1アウト
2:田中 ライトへのヒット 1塁
3:菊池 送りバント成功 2アウト2塁
4:丸 ライトフライ 3アウト

9回裏ソフトバンクの攻撃

1:高田 ファーストへの内野安打 1塁
2:高谷 送りバント成功 1アウト2塁

フランスア→中崎にピッチャー交代

3:上林 敬遠 1,2塁
4:明石 レフトへのファウルフライ 2アウト
5:グラシアル サードフライ 3アウト

10回表広島の攻撃

森→加治屋にピッチャー交代

1:鈴木 フォアボール 1塁

新井→曽根

2:曽根 送りバント成功 1アウト2塁
3:バティスタ 三振 2アウト
4:安部 セカンドゴロ 3アウト

10回裏ソフトバンクの攻撃

1:柳田 ライトスタンドへのサヨナラホームラン

ソ5-4広

ゲームセット

ソフトバンクの柳田が一振りで試合を決め、ソフトバンクが日本一に王手をかけました。

プロ野球・テニス
執筆者:かつひろをフォローする
【今なら30日間無料】本を聴く?Amazon Audible(オーディブル)とは?かつひろも超おすすめ!

「本を読む時間がない…。」と悩むそこのあなた!朗報です!

なんと、プロの朗読家の声で【本を聴ける】Amazon Audible(オーディブル)が、今なら30日間無料!

知識を蓄えビジネス力を高める大チャンス!

【いつまで30日間無料か分からない】ので、このチャンスを逃さないように!
 
\30秒で簡単登録はこちら!無料期間中の解約も簡単!/

日常に潤いをもたらす!知って得する情報デリバリー

コメント

タイトルとURLをコピーしました