スポンサーリンク

【楽しい合コンにする10つのゲーム】モヤモヤゲームなど合コン用ゲームまとめ




About Author




Pasted Image 0.jpeg

【楽しい合コンにする10つのゲーム】モヤモヤゲームなど合コン用ゲームまとめ

合コンでなかなか上手く盛り上げることが出来ないことが悩みの種となっていませんか?

やはり、合コンを次に繋げたり、お持ち帰りしたりするには、合コンを盛り上げる必要があります。

トークだけで盛り上げられたら良いのですが、やはり高いトークスキルと、チーム間の連携が重要という、高度な技術が必要となってきます。

しかし、そんな高等技術が無くても、盛り上げるためのゲームを知ってさえいれば、比較的簡単に盛り上げることができます。

なので、合コンを盛り上げるためのゲームは、知っておいて損はありません。

また、盛り上げるだけじゃなく、相手の本心を探ったり、自分の評価をさりげなく聞いたり、様々な効果をもたらしてくれます。

どうですか、合コン用のゲームについて知りたくなってきませんか?笑

それでは、下記にてゲームをご紹介していきますので、ぜひ一度見てみて下さいね♪

※その他合コンや相席屋などの情報やノウハウは下記にまとめています。

楽しい合コンにする盛り上がるゲームを大特集

下記10個のゲームは、本当に合コンを盛り上げてくれます。

盛り上がれば盛り上がるほど、合コンは成功に近づきます。

ぜひ全てのゲームをマスターしましょう!

U.S.A.ゲーム

Pasted Image 0_1.jpeg

DA PUMPの20周年記念シングルとして発売されたU.S.A.のリズムに合わせたゲームです。

今テレビでも話題で、U.S.A.を知らない人はほぼいないと思いますし、ルールも簡単なので、非常にやりやすいですし、盛り上がります。

サビの「C’mon, baby アメリカ~♪どっちかの夜は昼間♪」のところを使います。

最初は簡単に、お題をアメリカにするとやりやすいです。

どっちかの夜は昼間♪というところを、アメリカのあるあるに変えて歌い、それを順番に言い合い、詰まってリズムに乗れなかったり、お題に合ったことを言えなかった人が負けとなります。

A「C’mon, baby アメリカ~♪みんな身体大きい~♪」

B「C’mon, baby アメリカ~♪すぐにピザを頼みがち~♪」

C「C’mon, baby アメリカ~♪明日も明後日も晴れ~♪」

上の例だと、アメリカに関係ない意味不明なことを言ったCがアウトになります。

お題はどんどんアレンジしていき、徐々に男女の好きな仕草や、自分の性癖など、その人しか知らない、つまり勝ち負けは置いて、相手の本性を探るゲームとするのも面白いです。笑

やはりゲームに負けたくないという気持ちやアルコールによる酔いから、うっかり変なことを言っちゃいがちなので、そこを上手く拾って下さい。笑

タイミングを見て、上手く下ネタを織り交ぜていくと、大いに盛り上がります。

元々は、今ノリに乗っているお笑いコンビのチョコネートプラネットが始めたそうです。

知名度が高くて流行り、しかも簡単なので、ぜひオススメです♪

より詳細に知りたい方は、こちらのリンク先の動画を見て下さい。

斉藤さんゲーム

Pasted Image 0_2.jpeg

2015年M-1グランプリ王者のトレンディエンジェル斉藤さんのゲームです。

ゲームのやり方ですが、まず最初の人が、「◯◯(自分の名前)から始まるリズムに合わせて」と言って、リズムを取ります。

次に、「◯◯(自分以外の相手の名前)1 or 2 or 3 」もしくは「斎藤さん」と、指名する人の名前+1か2か3か、斉藤さんのどれかを言います。

指名された人は、数字の1、2、3なら、リズムに合わせて、斎藤さんの持ちギャグ「ペッ」を数字の数だけ言って、手を前に突き出してポーズを取ります。

数字ではなく、斎藤さんと言われた場合は、全員で「斎藤さんだぞ?」と言います。

数字の場合は、指名された人が次の親となり、また誰かを指名していきます。

斎藤さんの場合は、指名した人の左隣の人が親となり、また誰かを指名していきます。

間違えたことを言ったり、リズムから外れてしまった場合、その人が負けとなり、バツゲームとなります。

もし斎藤さんゲームに慣れてきて、新たな刺激が欲しい場合は、斉藤さんに加えて、別の芸人を登場されると、難易度が上がってさらに盛り上がります。

今流行りだと、ひょっこりはんですね!

親「ひょっこり」

全員「はい、ひょっこりはん」

とか、絶対盛り上がりますね!笑

リズム感とテンポが良いので、盛り上がること間違いなしのゲームです。

より詳細に知りたい方は、こちらのリンク先の動画を見て下さい。

モヤモヤゲーム

Pasted Image 0.jpeg

ガチで狙っている相手が誰を気に入っているかを知りたいときや、誰が人気なのか知りたいときは、このゲームがオススメです。

ルールですが、まず男性チームと女性チームのそれぞれで、相手チームには内緒で、相手チームのメンバーの一人一人に色を付けます。

例えば、自分達が男性チームなら、左から順番に、「女Aは赤、女Bは緑、女Cは青にしよう」と、男性チームだけで女性達に色を付けます。

女性チームにも、男性一人一人に色を付けてもらいましょう。

そして先攻後攻を決め、交互に質問していきます。

最初は軽めな質問にし、ヘビーな内容や下ネタは控えましょう。

質問された側は、相手の色で答えを返します。

一例を下記します。

女A「今日の女性陣の中で付き合うとしたら誰ー?」

男A「俺は赤かな!」

男B「俺は絶対緑!優しそうだし笑」

男C「俺も緑やな!家庭的っぽいし笑」

女B「え、緑めちゃ人気じゃん!緑って誰ー?気になる!!」

こういう風にお互いに質問し合います。

上記の例だと、女性からすると人気の緑が自分なのか、他の女性なのか気になりますよね!笑

徐々にディープだったり下ネタだったり、色々な質問を織り交ぜていき、盛り上がっていきましょう!

このゲームは、他のゲームと違い、相手の本心を聞き出すことができますので、オススメです!

最後にお互いの色を答え合わせしてスッキリするのか、それともお互いに内緒にしたままもやもやして気にさせて「次に会った時に教えるよ!」などと言って次の約束を取り付けたり、色々と応用もできますし、本当に面白いゲームですよ♪

ゴーバックジャンプ

Pasted Image 0_3.jpeg

誰でもすぐにルールを覚えられて、スピーディーに盛り上がって楽しめるのが、このゴーバックジャンプです。

基本的な動きとしては、親から時計回りを正とします。

まず親が、「ゴーバックジャンプ、ゴーバックジャンプ」と言いながらリズムを取ります。

親は、ゴーかバックかジャンプのどれかを言います。

ゴー!と言えば、左隣の人が親となります。

バック!と言えば、右隣の人が親となります。

ジャンプ!と言えば、左隣のその隣(1人飛ばし)の人が親となります。

親となった人は、同様にゴーかバックかジャンプのどれかを言い、親を変えていきます。

リズムに乗れなかったり、間違えた人が負けとなり、バツゲームとなります。

ゴーかバックかジャンプの選択肢しかなく、しかも特殊な動きをすることもないので、シンプルで誰でも楽しめるのが良いところです。

なかなかバツゲームの人が出ない時は、テンポを上げるなどして、難易度を調整してみて下さいね♪

より詳細に知りたい方は、こちらのリンク先の動画を見て下さい。

ちんちん侍

Pasted Image 0_4.jpeg

まず最初に、下ネタではありませんよ!笑

このゲームのちんちんとは、江戸時代の鐘の音を表しています。

なので、恥ずかしがる女性には、下ネタじゃないよ!と優しく教えてあげましょう。笑

それでは、ちんちん侍のルールですが、まず親が、自分以外の誰かを指差しながら、下記言葉のどれかを言います。

<親の言葉>

①ちんちん

②侍

③おちんちん

④ちんちん侍

それに対し、指を刺された方は、下記の言葉で対応します。

<指名された人の返し>

①ちんちん→特に何もせず、親として誰かを指名する。

②侍→「シャキーン!」と言いながら刀を抜くように立ち上がる

③おちんちん→「びろーん」と言いながら両手を上げて立ち上がる

④ちんちん侍→全員で、「ちんちん侍!」と言いながら刀を抜くように立ち上がる

声は、侍っぽく(?)低めにダンディーな声を意識して出すと面白さが増します。笑

また、侍になりきるゲームなので、真面目な顔で取り組まなければならず、笑うとアウトというルールを追加しても良いです。

笑うとアウトって言われると、不思議と堪えられず笑っちゃうものなので、ありですね♪

より詳細に知りたい方は、こちらのリンク先の動画を見て下さい。

第一印象ゲーム(No.1ゲーム)

Pasted Image 0_5.jpeg

名前の通り、第一印象だけで多数決をするゲームです。

例えば、「一番話が上手そうな人」や、「家族を大切にしてくれそうな人」というお題に対し、顔だけで判断し、みんなで指を指していく簡単なゲームです。

最初は簡単なお題にしておき、徐々に「一番夜の活動が上手そうな人」や、「異常な性癖を持ってそうな人」というように、雰囲気を感じて、質問をレベルアップしていきましょう!

最初から羽目を外した質問をしないように気をつけましょう、、、

焦らずに、様子を見ながら質問していくのが大切です。

ゲームの中でも最も簡単な部類に入るので、お手軽に盛り上がれる優秀なゲームだと思います。

ただ、質問のセンスは問われる場合がありますので、ある程度事前に質問を練った上で、このゲームを提案しましょう!

より詳細に知りたい方は、こちらのリンク先の動画を見て下さい。

今日はモテているのかゲーム

Pasted Image 0_6.jpeg

今まさに合コンは盛り上がってるけど、果たして自分は、この場で異性としてモテているのか、、、?

そんな疑問を解決してくれるのが、このゲームです。

やるタイミングとしては、中盤以降になります。

ゲームの流れとしては、男性チームもしくは女性チームのどちらか一方が、下を向いて目を閉じ、腕1本を突き出します。

男性チームが下を向いた場合は、男性チームが「いっせーのーで!」など何らかの掛け声をかけます。

そのタイミングに合わせ、女性チームは今日一番気に入った男性の腕を握ります。

すると、男性チームからしたら、握られた人は自信が持て、握られなかった人はそれをネタにして笑いを生むことができます!

もちろん、女性チームが望むなら、今度は攻守を交代してやってみましょう!

やはり飲み会の席で目をつむって、しかも自分の評価をきくという行為は、ドキドキしてなんだか高まるものです。

しかも、目をつむるので、本音を引き出しやすく、今日の合コンが成功か失敗か判断でき、次に活かすことができるので、ぜひオススメのゲームです。

女王様ゲーム

Pasted Image 0_7.jpeg

王様ゲームと聞くと、なんか嫌だなぁ、、、という女性がいますので、これからは女王様ゲームを提案しましょう!

ざっくりいうと、割り箸などで当たりを作り、みんなで引いて、男女の誰か1人を女王様として選びます。

女王様は、誰か特定の人を選び、質問をします。

しかし、答える人は、みんなにばれないように、女王様だけに答えを教えるのが、このゲームの肝であり、面白いところです!

一例を下記します。

女王様「男Aがこの中で付き合いたい女性はだれ?」

男A「、、、(黙って女Bを指差す)」

その他全員「、、、(黙って下を向いて目をつむったまま待機)」

女王様と指名された人以外は、下を向いて見えないようにするので、質問だけが聞こえ、答えは分かりません。

ちなみに、「好きな女性のタイプは?」など、指を指して答えにくい質問には、スマホやメモを使って回答しましょう。

もちろん、「好きな女性のタイプは?」と聞かれて、唯一答えを知ることができる女王様を指差すのも大いにありです!

見えないとはいえ周りに人がいる中で、堂々と好きなタイプと言われて、ドキッとしない女性はそういないんじゃないでしょうか?

しかもその答えを知っているのが2人だけなので、2人だけの秘密を持つことになり、さらにドキドキ感は増しますね!

意外と深いゲームで、女王様になれば、ゲームだからと理由をつけて、気になる相手に好きな質問をできるので、良いアシストをしてくれる優れたゲームですよ♪

世界のナベアツゲーム

Pasted Image 0_8.jpeg

懐かしの、世界のナベアツの芸風を取り入れたゲームです。笑

けっこう酔っ払わないと恥ずかしがってできない人もいますし、他のゲームに比べて盛り上がりに欠ける部分があります、、、。

なので、お笑い芸人が好きな人や、アホな会話で盛り上がれるようなノリの良い相手の時に、やりましょう!

やり方としては、数字を1から順番に数えていき、3の倍数と3が付く数字の時だけ、アホになって数字を言うというゲームです。

けっこう恥ずかしいので、提案した側は、しっかりアホになりきって、相手側の羞恥心を取り払ってあげましょう!

また、追加として、5の倍数だけ犬になって、8の倍数でエッチな気分になって数字を言うというルールを増やすと、盛り上がりは増します。

中途半端に言ってしまったり、間違えてしまったら、バツゲームです。

世界のナベアツだけに、オモロー!な合コンになれば良いですね♪

より詳細に知りたい方は、こちらのリンク先の動画を見て下さい。

山手線ゲーム(古今東西ゲーム)

Pasted Image 0_9.jpeg

これはもう、合コンや飲み会では、ザ・定番のゲームですね。笑

すでに知っており、説明不要だよっていう方もわんさかいると思いますが、おさらいとして下記しておきます。

進め方ですが、まずお題を決めます。

そして、全員で「山手線ゲーム!いえーい!」と声を出し、ゲームがスタートとなります。

お題を日本の音楽グループとして、例を下記します。

スタート「男Aから始まる山手線ゲーム!」

全員「いえーい!」

男A「ミスチル」ぱんぱん(手拍子)

女A「GLAY」ぱんぱん(手拍子)

男B「サザン」ぱんぱん(手拍子)

女B「ユーミン」

男A「ユーミンはグループじゃないからアウトでしょ!笑」

こういう流れで進めていきます。

ザ・定番ということもあって、刺激が少ないので、割とすぐに飽きがきて盛り下がる場合があります。

そういうときは、お題を「夜の対位」にするなど、一工夫してみましょう!

※但し、下ネタに走るときは相手側が気分を害さないかよく考えてから、判断しましょう。

より詳細に知りたい方は、こちらのリンク先の動画を見て下さい。


楽しい合コンを作って合コンを制すには

相手に合わせて、ゲームを選択できるようになれば、合コンは盛り上がること間違いなしですし、合コンを制することができます。

そのためには、色んなゲームを知り、実際に経験を積むことが大切です。

合コンマスターを目指し、ぜひとも頑張っていきましょう!笑

※その他合コンや相席屋などの情報やノウハウは下記にまとめています。

関連コンテンツ
投稿本文下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする