スポンサーリンク

超簡単に面白いツッコミキャラになるセリフの例!ツッコミ上手のコツ




About Author




超簡単に面白いツッコミキャラになるセリフの例!ツッコミ上手のコツ

フットボールアワーの後藤のように、面白い例えツッコミを毎回のようにできたらいいのですが、我々素人は、なかなかそのようなツッコミをすることができません。

相手の発言に対して、良いツッコミが思いつかず、「こいつ面白くないな」と周りから思われてしまっている人も少なくないでしょう。

そこで本記事では、誰でも超簡単に面白いツッコミキャラになるセリフの例をご紹介します。

本記事のツッコミは、どれも汎用性が高く、色んなボケに使いまわすことができます。

つまり、本記事のツッコミさえ覚えておけば、良いツッコミやリアクションが思いつかなかったとしても、最低限のツッコミの仕事はできると言えるでしょう。

さあ、汎用性のあるツッコミを習得し、あなたのツッコミレベルを上げ、周りから「こいつは面白い!」と思ってもらえる面白人間を目指しましょう!

なお、より具体的な例えツッコミについては、下記記事にしっかりとまとめていますので、一緒に見ることをおすすめします。

それ世界初やん!

相手「この前、街中でなんか踏んで思いっきりコケてしまってん。バナナの皮でも踏んだんかなーって思って、よく見てみたら、小池栄子のグラビア写真やったわ!何か分からんけど小池栄子はよー滑るわ!」

自分「(面白いツッコミやリアクションが見つからん)それ世界初やん!小池栄子でリアル滑ったやつ!」

相手「ほんまそれな!ほんで無意識の内に、その小池栄子のグラビア写真持って帰ってもーて、なんかわからんけどそれで抜いてしまったわ」

自分「いやそこまでいったやつ宇宙初やん!なんで滑らされた相手で抜いとんねん!」

相手「ってかその初物シリーズなんやねん!」

このように、相手の話に対する良いツッコミが思いつかなかったときは、世界初とか宇宙初とか、オーバーな表現を使うことで、上手く切り抜けられることがあります。

非常に汎用性が高く、多くのボケに対して使えますので、ぜひ覚えておきましょう。


それ○○(地元)初やん!

今度は、先ほどとは逆に、規模を小さくしてみましょう。

相手「この前、街中でなんか踏んで思いっきりコケてしまってん。バナナの皮でも踏んだんかなーって思って、よく見てみたら、小池栄子のグラビア写真やったわ!何か分からんけど小池栄子はよー滑るわ!」

自分「(面白いツッコミやリアクションが見つからん)それ名古屋市中川区初やん!小池栄子でリアル滑ったやつ!」

相手「いや日本中探してもおらんやろ!範囲狭すぎるわ!」

このように、規模をより小さくして、地元限定でツッコミを入れると、楽に笑いを取ることができます。

人はみんな、地元には何らかの愛着を持っていますので、地元ツッコミはウケがいいです。

そして何より、全く上手くないのに、「地元を使ってツッコミを入れるとか上手いな」と周りに思ってもらえます。

このツッコミも便利なので、使えるようにしておきましょう。

ギネスに載せたらいいですやん!

相手「最近ついに視力が落ちたなーって感じて、この前視力検査行ってん。そしたら余裕で1.0以上あったわ!むしろ1.0も見え過ぎて、どんだけ先でも見える気がするわ!」

自分「その視力、ギネスに載せたらいいですやん!ほら、申請申請!」

相手「いやまずはギネスへの申請方法から教えてくれや!」

この「ギネスに載せたらいいですやん!」は、非常に語呂が良くて、言いやすいのも使いやすいポイントです。

口に出してリズミカルに言ってみてください。

「ギネスに載せたらいいですやん!」

まんまコピーするのがためらわれる方は「ギネスやん!」とかでもいいでしょう。

相手が何か凄そうなことを言ってきたら、このフレーズでツッコミを入れてみましょう。

本当に凄いことよりも、しょーもないことに対して「ギネスに載るんちゃう!?」と言ってあげた方が、「いやこんなしょーもないことでギネス載りたくないわ!」と相手からのお返しツッコミが返ってきて、さらに笑いを取りやすくなります。

これは男の中の男ですなぁ

相手「さっきプレゼンしてんけど、急に社長がやってきて、そりゃーもうテンパってテンパって。この雰囲気に飲まれたら負けだ!と意識してプレゼンしたら、どうやら俺が社長を睨みつけるようにプレゼンしてたように見えたみたい。いやーやっちまったなー!」

自分「これは男の中の男ですなぁ。社長を睨みつけながらプレゼンとか、そんじょそこらの男には無理でっせ!」

相手「この話するのお前が5人目だけど、そんなこと初めて言われたわ!」

このように、相手が一風変わった言動をしたという話に、このワードが良く使えます。

相手が女性なら、「これは女の中の女ですなぁ」とすればよいです。

本当に相手が男らしい言動をした時にも使えますが、むしろ変な言動に使った方が、笑いは取れるでしょう。

「男の中の男ですなぁ、、、ってどこが!?」と思わせるぐらいで構いません。

もう一例挙げておきましょう。

相手「風俗行ったけど、勇気が出ずにまた世間話だけして終わってしまった。いつ俺は童貞卒業できるんや!」

自分「これは男の中の男ですなぁ。普通、風俗嬢が目の前におって会話だけとか無理やで!すぐ服脱ぐわ!むしろ誰よりも男らしいわ!」

このように活用することもできます。

非常に幅広く使えますので、ぜひ使ってみてください。

もしかして○○の教授、目指されてます?

相手「この前隣の町にできたラーメン屋がめちゃくちゃ美味かった!ここらへんのラーメン食べ尽くしたけど、どこよりも美味かったわ!」

自分「もしかしてラーメンの教授、目指されてます?ずいぶん研究熱心なようで。」

このように、相手が話している分野にやたら詳しいことに対して、少し小ばかにした感じで切り返すことで、笑いを取ることができます。

相手が得意気に話すことなら、何でも使えるので、便利です。

他にも、やたらTwitterの話をしてくる人には、Twitterの教授やSNSの教授、女性との恋愛の話をしてくるなら、女性学の教授などでもいいでしょう。

しかし、あまりにもばかにした雰囲気を出すと、嫌みに聞こえてしまいますので、ふざけて言っているという雰囲気を出すように気を付けましょう。

○○界の権威やん!

「○○界の権威やん!」という言葉も、○○の教授と同じ場面で使えます。

その分野で素晴らしい人というのを、小ばかにした感じで言うことで、笑いを取ることができます。

他にも似た言葉を、ご紹介しておきます。

・○○のプロやん!

・○○の第一人者やん!

・○○といえばこの人!と世間から認められようとしてるやん!

・もしかして○○のCM狙ってます?

このように、相手が自分の知っている情報や知識を話してくれることは、よくありますので、色々なツッコミワードを知っていると、相手に飽きられず、面白い会話をすることができます。

一生に一回あるかないかやん!

相手「聞いてくれ!昨日、ついに人生初の彼女ができました!!」

自分「一生に一回あるかないかやん!大切にしろよ!」

相手「おい、そんなレアちゃうわ!でもありがと!」

このように、レアな出来事や、頻度が少ないことに対して、使える言葉です。

本当に文字通り、一生に一回あるかないかの出来事ではなくても、かまいません。

むしろ、上記例のように、相手をいじるという意味を込めて使った方が、笑いが取れます。

俺なら週一ぐらいあるなぁ

相手「妹が、希望してた高校に受験成功したわ!」

自分「俺の妹は週一ぐらい受験成功してるけどなぁ。むしろ先週は3日ぐらい受験成功してたわ。まあとにかくおめでとう!」

相手「いやそんな毎週毎週受験ないわ!ってかそもそもお前妹おらんやろ!」

このように、先ほどとは逆に、なかなかない出来事なのに、しょっちゅうある出来事として返すのも、笑いを取りやすいです。

人は、レアな体験をしたら、なにかと人に話したいものです。

なので、使用頻度が高く、便利なツッコミフレーズとして活躍してくれます。

前世よっぽど悪いことしたんやろなぁ

相手「昨日、帰りにバス逃して、歩いて帰ってたら土砂降りにあって、急いで走ったら溝に足を突っ込んで電柱に顔ぶつけたわ!こんな不幸が一度にくる!?」

自分「前世よっぽど悪いことしたんやろなぁ。じゃないとそんな不幸ないで。」

相手「いやこれぐらいなら前世そこまで悪いことしてへんやろ!」

このように、相手のちょっとした不幸は全て、前世の行いに紐づけてしまいましょう。

相手の不幸が軽ければ軽いほど、笑いが起きやすいです。

逆に、本当の不幸話には、失礼になりますので、このフレーズは使わないようにしましょう。

ツッコミが上手い人は、その場で考えるのではなく、あらかじめツッコミを準備している

本記事では、色々な場面で簡単に使えるツッコミフレーズをたくさんご紹介していきました。

どれも日常の中で使いやすいツッコミフレーズばかりで、今日明日からすぐに使えるものばかりです。

実はツッコミが上手い人は、ほとんどが事前に、ツッコミフレーズを考えています。

その場で面白いツッコミができる人は、本当に一握りです。

つまりあなたも、ツッコミの才能がないと嘆く前に、面白いツッコミフレーズをたらふく蓄えておくことで、いつの間にかツッコミ上手になっていることでしょう。

本記事を何度も読み返し、面白いツッコミフレーズをたくさん頭にインプットしておきましょう!

ー以上ー

※本記事と共に読みたいおすすめ記事はこちら!

関連コンテンツ
投稿本文下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする