スポンサーリンク

【最短で話し上手になるには?】話し下手の特徴と原因を知ること




About Author




【最短で話し上手になるには?】話し下手の特徴と原因を知ること

「話し上手になりたい!」と願う人は、たくさんいるでしょう。

実際、話し上手になることができれば、みんなから好かれる人気者になることができますし、仕事も上手く進み、モテるなど、様々なメリットがあります。

それでは、どうすれば話し上手になることができるのでしょうか?

話し上手になるための最短の方法は、「話し下手の特徴と原因を知ること」だと、私は考えます。

話し下手の様々な特徴を知り、自分に当てはまるものを改善していくことが、理にかなっているでしょう。

そこで本記事では、話し下手の特徴と原因をまとめています。

間違いなく、あなたが話し上手になるためのヒントが得られると信じています。

※本記事と共に読みたいおすすめ記事はこちら!

話し下手の特徴と原因①聞き手を楽しませようとする気持ちがない

話し下手の特徴として、話し手である自分にベクトルが向いており、聞き手である相手を意識できていないことが挙げられます。

聞き手あってのトークなのに、話すことに夢中では、聞き手が聞きやすいトークなど、できるわけがないでしょう。

この原因としては「話し上手に思われたい」という考えや、「相手を楽しませなければならない」という義務感を持っているからです。

解消法としては、実力以上に話し上手に思われようと考えないことです。

また、面白いトークは、話し手と聞き手の両方が協力することで生まれるということを意識することです。

話し上手な人は、常に聞き手を楽しませようとする気持ちを持っています。

この気持ちは、話し上手になるための第一歩とも言えますので、必ず覚えていて欲しいです。


話し下手の特徴と原因②自分の話を振り返らない

「いやー今日は笑いが取れた!俺って十分話し上手になったな!」

このように、一度笑いが取れたことに満足してしまう人は、話し下手のまま成長できないでしょう。

このように思ってしまう原因としては、何事も振り返るクセが無いことや、現状に満足して高みを目指さないことが挙げられます。

解消法としては、「なぜ笑いを取れたのか?」ということを振り返って要因を考える習慣を付ける必要があります。

テストと違い、トークには100点はありません。

常に反省と改善を繰り返し、日々話し上手に向かってブラッシュアップすることが必要です。

話し下手の特徴と原因③緊張してしまう

話し下手は、人と話すときにガチガチに緊張してしまうという特徴があります。

その原因としては、話すという行為に苦手意識を持っているからです。

解消法としては、実践あるのみでしょう。

自分から積極的に人に話しかけるようにしましょう。

最初は緊張して上手く話せないでしょう。

しかし、失敗を恐れずに話し続けた人が、話し上手になることができるのです。

話し下手の特徴と原因④完璧を求めてしまう

話し下手は、完璧主義者であることが多いです。

しかしトークには100点満点はありません。

それなのに、完璧なトークを追い求めてしまうから、理想と現実のギャップに苦しみ、「自分はトークが苦手」だと思い込んでしまいます。

この解消法としては、とにかく完璧を求めないことです。

完璧なトークなどそうできるものでは無いということを知り、できる限りベストを尽くすことが大切です。

話し下手の特徴と原因⑤過去の失敗がトラウマになっている

話し下手の人は、過去の失敗がトラウマになっているということが特徴として挙げられます。

その原因としては、スベることを異常に恐れていたり、過剰に人の目を気にしたりすることでしょう。

解消法としては、笑いとトークのプロであるお笑い芸人でも、百発百中で笑いを取ることはできないということを知ることです。

誰だって、スベることはあります。

上手く説明できなくて、恥をかくこともあります。

でも、状況によっては、話し上手の人でも、そうなってしまうことが多々あります。

なので、過去の失敗を重く受け止めずに、トラウマだと感じないことが大切です。

話し下手の特徴と原因⑥話術以外の技術を知らない

話し下手の人は、話術以外の技術を知らないことが特徴として挙げられます。

その原因としては、話すということについて学んだことがなかったり、話し上手の人をしっかりと観察したことがないからだと考えます。

解消法としては、話し上手となるための話術以外の技術を身に付けることです。

話し上手の人は、話術だけでなく、豊かな顔の表情や、身振り手振り、言葉と言葉の間、感情の表現など、様々なテクニックを使います。

特に顔の表情は、言葉以上に物を言うとすら言われています。

これから人に話すときは、話術にばかり気を取られずに、表情などを活かすことを意識してみましょう。

話し下手の特徴と原因⑦ボキャブラリーが少ない

話し下手な人は、ボキャブラリーが少ないという特徴があります。

その原因としては、本を読まないことや、話し上手の人が使う言葉の意味をメモしていないことが挙げられます。

解消法としては、日ごろからテレビや雑誌、本、話し上手の人の言葉などから、「面白いな」と思った言葉をメモすることです。

気になったら片っ端からメモし、適度に振り返ることで、ボキャブラリーは一気に増えます。

話し下手の特徴と原因⑧幅広い世界を知らない

話し下手は人は、自分と似た性格や職業の人としか話さず、幅広い世界を知らないという特徴があります。

その原因としては、好きな人と話すことが楽だからです。

しかし、自分と似通った人と話していても、得られるものや刺激は非常に少ないです。

そこで、幅広い世界を知るための具体策としては、新しい出会いの場に赴き、今まで自分がかかわったことのないような人と話してみることです。

社会人サークルや習い事、ジム、街コンや合コンなど、新しい世界はいくらでもあります。

積極的に、自分と異なる世界の人達と語り、幅広い世界で見識を深めていきましょう。

話し下手の特徴と原因⑨ネガティブ思考である

話し下手な人は、ネガティブ思考な傾向があります。

ネガティブ思考な人が、なぜ話し下手になるのでしょう?

その原因としては、ネガティブな話題は盛り上がりにくく、聞き手のテンションを高めることができないからです。

聞き手が話に興味を持ち、ノッてこないと、話し手も上手くトークを展開できません。

そのため、話し上手になれないのです。

そこで、ネガティブ思考の解消法としては、毎日意識してポジティブな言葉をつぶやいたり、他の人を褒めることが有効的です。

話し下手の特徴と原因⑩共感できる話題を知らない

話し下手な人は、自分が話したい話題しか話さず、共感できる話題を知らない傾向があります。

その原因としては、話し上手になるための必須条件が、いつでも共感できる話題を話せることだということを分かっていないからです。

人から好かれたり、人から笑いを取るためには、共感を得ることが非常に重要です。

では、どのようにすれば、共感できる話題を知ることができるでしょうか?

その方法は、とにかく相手の話を聞き、相手が好む話題をつかむというスキルを磨くことです。

話し上手な人は、ほとんどの人が聞き上手だということは、有名です。

まずは聞き上手になることを意識しましょう。

話し下手な人の特徴を理解することこそが、最短で話し上手になるための道

話し下手についての特徴とその原因、解消法を十分に知ることができたでしょうか?

自分の弱点を知り、克服することができれば、あなたは間違いなく、今よりも話し上手に近づいていることでしょう。

話し上手は、すぐになれるものではありません。

しかし、話し下手な人の特徴を理解することこそが、最短で話し上手になるための道だということは、間違いないと思います。

ぜひ、本記事を何度も読み直し、話し上手への最短ルートを駆け抜けましょう。

ー以上ー

※本記事と共に読みたいおすすめ記事はこちら!

関連コンテンツ
投稿本文下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする