スポンサーリンク

【仕事効率化】ポモドーロテクニックを使って仕事を効率化した実体験




About Author




【仕事効率化】ポモドーロテクニックを使って仕事を効率化した感想

本記事では、仕事を効率化する有効的な手法の1つとして、ポモドーロテクニックをご提案します。

まずポモドーロテクニックとは何かについて説明し、ポモドーロテクニックを実践するノウハウ、そして私が実践した実体験をちょろっと書いていきます。

今よりももっと仕事を効率化したいビジネスマンや、課題を集中して一気に片付けて遊びたい学生さんは、必見ですよ♪

ポモドーロテクニックとは?

それではまず、ポモドーロテクニックについて説明していきます。

「んん?ぽもどーろ?なんじゃそれ?」

こう思う方が非常に多いと思います。笑

しかし、ポモドーロテクニックの内容は非常にシンプルで簡単です。

ポモドーロ・テクニックとは、ある仕事や課題、作業に対して、25分間の集中と5分間の休憩を繰り返し行う時間管理術です。

あえて短時間で作業を切り、小まめに休憩を挟むことで、仕事や課題、作業、勉強などの集中力を高め、高い成果を実現するための方法(テクニック)です。


ポモドーロテクニック実践のコツやノウハウ

ポモドーロテクニックを実践する際のコツやノウハウは、そんなに多くはありません。笑

ただひたすら、下記のルールを遵守するだけで構いません。

・やるべき作業を決定し、一定時間(基本は25分間)はその作業のみに従事する

・ 毎回小休憩を取る(基本は5分間)

・作業と小休憩を4回サイクルしたら、長時間の休憩を取る(基本は30分)

イメージとしては、マラソンのようなペースでゆっくりと走るのではなく、短距離走のようなペースで一気に走っては休んで、また一気に走っては休んでを繰り返すようなものです。

肉体的にはきついかもしれませんが、頭を使う仕事においては、かなり有効なテクニックとなります。

ポモドーロテクニックの時間

ちなみに、このポモドーロテクニックのキモは、メリハリを付けることなので、必ずしも25分間仕事して5分休憩することにしばられる必要はありません。

私は、20分間仕事して5分間休憩するようにしていますので、通常のポモドーロテクニックよりもサボり気味ですね。笑

ちなみに私は普通のサラリーマンなので、もちろん堂々と休んでいる訳ではなく、5分間の休憩は直接的な仕事以外に必要な作業に当てています。

例えば、勤怠の入力や、仕事に必要な知識を勉強するための資料を探して読んだり、仕事上必要な物の購入依頼を出したりと、リラックスしてできることをするようにしています。

つまり、サボっている訳ではありませんよ。笑

ポモドーロテクニックを成功させるコツ、ノウハウ

上記した通り、ポモドーロテクニックは、短時間の集中した作業と休憩を繰り返すことで、高い集中力を持続し続けることで、効率を高める有効な手法です。

しかし、ちゃんとしたやり方をしなければ、十分な効果を発揮できません。

そこで、ポモドーロテクニックを上手く機能させるコツとノウハウを下記します。

・やるべき作業を決定し、その作業のみに従事する。

・一定時間(基本は25分間)経ったら、直ちに作業を止める。

・休憩は決めた作業以外のことをする。

・休憩もきっちり時間通りにする。

しかし、電話対応や、他部署からの相談事など、正直邪魔が入ることもしばしばありますので、不可抗力は仕方ないと諦めましょう、、、。

できる範囲で、徹底することが重要です。

一人で作業をしている自営業の方は、割と試しやすいですし、私も家でブログを運営する時は、ポモドーロテクニックを徹底しています。

実体験

まずポモドーロテクニックを実際に実践した結論としては、かなり効果があったと実感しています。

そりゃまあ、記事を書こうと思ったぐらいですからね!笑

まず私は、前述した通り、集中力が長く続かないタイプなので、通常のポモドーロテクニックよりも短い「20分仕事して5分休憩する」というサイクルにしていました。

やはり、仕事がかなり捗るのは、自分の性格を理解して自分に適した時間を設定できたことですね。

みなさんも、何度か時間を変えてサイクルを繰り返し、自分に適した時間を見つけることが重要です。

しかし、サイクルを長くし過ぎてはいけません。

例えば、1時間続けて作業していたら誰でも集中力は下がると思いますし、また30分も休憩していたら、仕事への集中が完全に途切れたり身体がオフモードに入ってしまい、効率が悪くなることが予想されます。

さてさて、少し話が逸れましたが、やはりビジネスマンには、邪魔がかなり入ってきます。笑

私の場合は、3サイクルに1回は電話対応に追われることになります。

その時は、重要でなければ掛け直し、急ぎならばそのサイクルは終了し、電話対応終了後に仕切り直すというルールで運用していきました。

基本的には、自分が決めたポモドーロテクニックのサイクル時間が乱れないように、電話などの不測事態は後で対応するようにした方が捗りました。

ちなみに相手には申し訳ない気持ちがありましたので、ちゃんと後できっちり対応しました。笑

とにかくポモドーロテクニックをやってみて思ったのは、集中力が段違いに向上しましたね。

自分で決めたルールをきっちり守るというと、なかなか難しそうだなと感じるかもしれませんが、このポモドーロテクニックは集中力を持続する時間が短いですし、そもそも自分に合わせて設定してよいので、意外と簡単でした。

自分が頑張れる時間を設定してやると、その時間ぐらいは頑張ろうという気持ちになり、集中力はかなり高まります。

集中した後はすぐに休憩時間が待っていますので、ご褒美があって辛くもないですしね。笑

とにかくこのポモドーロテクニックを取り入れて、1ヶ月間丸々このサイクルで仕事してみた結果、自分でかなり体感できるほど仕事が捗りました。

そもそも私は集中力が長く持続できないタイプだったので、きっちり集中する時間を定めるというこの方法は、私にぴったり合っていました。

ポモドーロテクニック、ぜひ試してみて下さい

上記の通り、ポモドーロテクニックは、仕事を効率化するための1つの手法として、有効的だと考えられます。

特に私のように、長い時間集中力が続かないという方には(笑)、効果が絶大だと感じます。

ぜひみなさんも、このポモドーロテクニックを使って仕事を効率化してみてくださいね!

簡単に取り入れることができますので、まずは気軽に試してみて下さいね♪

関連コンテンツ
投稿本文下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする