【早く仕事ができるようになりたい人必見】劇的に早く成長する10の極意




About Author
投稿本文上
Pocket

【早く仕事ができるようになりたい人必見】劇的に早く成長する10の極意

「早く仕事ができるようになりたい」

「新入社員から卒業したい」

「早く成長して周りから認められたい」

このように、早く成長したいと願っている人は多いと思います。

そこで本記事では、早く仕事ができるようになりたい人必見の、劇的に早く成長する10の極意についてご説明します。

読むだけで、すぐに成長の極意がわかるように、簡潔にまとめています。

劇的成長術①能動的に学ぶ

能動的に学ぶというのは、教えてもらうという姿勢ではなく、自分から主体的に学ぶことです。

「先輩から教えてもらう」のではなく、「先輩から技を盗む」と言った方が適切でしょう。

仕事ができる人を見つけ、その人から技を見て盗んだり、直接仕事のノウハウを聞いて自分の地肉にすることが大切です。

劇的に成長したいなら、能動的に学ぶ姿勢を忘れないことです。

劇的成長術②自分で気づきを得る

仕事のコツやノウハウは、ただ教えてもらうだけでは、なかなか身に付きません。

自分で考え、悩むことで気づきを得られると、大きく成長することができます。

結局、教えられて身に付くことには限界があり、自分なりの感性を磨くことができる人が、一流へと成長することができるのです。

「なぜこのやり方が良いのか?もっと良いやり方はないのだろうか?」など、自問自答を繰り返しましょう。

そして、自分なりのやり方を編み出すことが大切です。

劇的成長術③学びを実践する

日本人の実に80%にも及ぶ人が、講義や研修で得た知識を、実践で使わないそうです。

講義や研修で得られた知識で、満足感を得てしまっているのでしょう。

しかし、得た知識を実践で使うことで、本当に効果のある学びとなるのです。

ただ勉強しただけでは、数ヶ月もすれば、自分の身体から抜け落ちていることでしょう。

学んだら、必ず実践すること。

これこそが、成長への王道ルートです。

劇的成長術④積極的に体験し、経験を積む

百聞は一見にしかずという有名な言葉があります。

この言葉通り、ただ聞いたり学んだりするだけでは不十分です。

たった一度でも体験することができれば、そっちの方が理解度は高まるでしょう。

なかなか体験できないことは、チャンスが巡ってきたら、必ずチャレンジするようにしましょう。

体験を通して経験値を積むことで、あなたは確実に成長していくでしょう。

劇的成長術⑤得た体験や経験を言語化する

上記で、体験を通して経験値を積むことの重要性を説きました。

その経験を、さらに実りのある学びにする方法があります。

それは、体験や経験を言語化することです。

人間は、言語で表現できないものに対する理解度は、非常に低いです。

なので、あなたがせっかく体験したことを言語化しないと、理解しているつもりでも本当は理解できていないなんてことが起こりえます。

日記でも、ブログでも、SNSでも何でも構いませんので、自分体験や経験を言語化することが、あなたをより一層成長させることでしょう。

劇的成長術⑥細部は後回しにし、まずは全体を学ぶ

学校のテストを例に挙げると、テスト範囲が教科書の100ページ分あるとします。

そこで1ページ1ページ熟読するのではなく、まずはざっくり100ページを一気読みしてから、1ページずつ進めると、理解力に大きな差が生まれます。

全体の流れをざっくり理解してから細部に入ることで、劇的に理解度が向上します。

仕事にも同じことが言えます。

まずは、あなたが関連する業務の全体を知ることから始めましょう。

全体の中で、あなたの仕事がどのポジションにあり、周りとどう関わっていくのかについて知ることから始めましょう。

そこから、あなたが直接関わる仕事の細部を学ぶことで、あなたに求められる仕事が理解でき、成長できることでしょう。

劇的成長術⑦アウトプット前提でインプットする

学生に求められるものはインプットですが、ビジネスパーソンに求められるのは、アウトプットです。

なので、アウトプットする前提でインプットするようにしましょう。

「この学びは、絶対に何かに活用しよう!」という意識を持って学べば「あ!これはあの問題の解決に使えそうだ!」という気づきを得られます。

アウトプットすることを前提にして、脳にインプットすること!

劇的成長術⑧人のアドバイスを鵜呑みにしない

「え、上司や先輩のアドバイスはできる限り聞いた方がいいんじゃないの?」と疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。

しかし、必ずしもそうとは限りません。

そもそも上司や先輩が、的確で正確なアドバイスをしてくれるかというと、そうでもありません。

「本当にこのアドバイスは的確なのか?」と疑う姿勢を持つようにしましょう。

アドバイスの取捨選択ができ、効果的なアドバイスのみ取り入れることで、人一倍成長することができるでしょう。

劇的成長術⑨朝一に勉強する

朝起きてから2時間は、脳のゴールデンタイムと呼ばれており、勉強するのに最適です。

脳が冴え渡っていますし、電話や家族など、朝一は邪魔するものも少ないので、集中しやすいです。

一流と呼ばれるビジネスパーソンのほとんどは、朝のゴールデンタイムを活用するという習慣を持つ人が多いでしょう。

あなたも、このゴールデンタイムを活用することで、グングン自分を成長させることができるでしょう。

劇的成長術⑩読書を習慣化する

世の中には数多くの知識の習得方法がありますが、その中でも最高のインプット方法は読書です。

質と量共に優れた知識を与えてくれます。

また知識だけでなく、思考力や情報処理能力も高まり、地頭が良くなるという効果もあります。

まさに読書の習慣化は、良いことだらけです。

読書を習慣化できれば、あなたの実力はグーンと伸びるでしょう。

特に新入社員の成長には効果大!

本記事では、10の成長術についてご紹介しました。

特に伸び盛りの新入社員の時に、本記事の成長術を活用すれば、同期と大きな差をつけることができるでしょう。

ぜひ、あなた自身を成長させ、自分の市場価値を高めて下さい!

ー以上ー

Pocket