スポンサーリンク

タイのバンコクで美味しい日本料理を食べるなら日本街がおすすめ




About Author




タイのバンコクで美味しい日本料理を食べるなら日本街がおすすめ

せっかくタイのバンコクに旅行に行くなら、タイならではのご飯を食べたい!と思う方は多くいらっしゃるかと思います。

でも、タイ料理って、日本料理よりもクセがあって、なかなか食べられないという方も多くいますよね。

そんな時は、あっさり割り切って日本料理屋に行くのは大いにありだと思います。

観光目的ならまだしも、仕事で出張に行く方や、タイの夜の街目当てで行く方は、現地のご飯よりも日本料理屋の方が良いかもしれませんね。笑

私に関しては、仕事でしばしばバンコクのホテルに泊まりますので、今回ご紹介する日本街で食事を済ますことがほとんどです。

日本街のご飯は、普通に日本で食べる日本食と遜色ないですし、そもそも日本でも見かけたことがある日本料理屋が多くありますので、安心できますよね!

今回は、日本街にある飲食店についてご紹介していきますので、タイのバンコクに行かれる方は、ぜひ参考にしてみて下さいね♪

※本記事の日本街のお店は、2019年3月16日現在の情報であり、店舗は変わる可能性があります。
特に日本街はお店の入れ替えが激しいようなので、その都度調べてみるのが良いと思います。

※その他タイの記事は下記にまとめています。

日本街の基本情報

先ずは、日本街の飲食店のご紹介の前に、日本街の基本情報を簡単にご紹介しておきます。

日本街へのアクセス

BTSプロムポン駅から徒歩25分ぐらいです。

バンコクのおすすめホテルである「プレジデントパークホテル」からは徒歩20分ぐらいです。

ソイ26の奥の方にあります。

日本街の入り口

日本街の入り口には、「にほんまち」とアルファベットとひらがなで書いてある看板があります。

また入り口には、提灯が並んでおり、日本の祭りを思い浮かばせる風景があります。

テンションが高まりますね!笑

駐車場もたくさんあり、車で来るお客さんも多いみたいですね。


タイのバンコクの日本街の飲食店をまとめて全てご紹介

それでは、タイのバンコクが誇る日本料理の巣窟(笑)、日本街の飲食店を全てご紹介していきます。

喃風(なんぷう)

こちらは喃風(なんぷう)です。

兵庫県神戸市では有名で、「どろ焼き」が特徴的で美味しい鉄板焼き屋です。

昔ある彼女とよくデートで使っていたので、懐かしさで胸がキュッとなります、、、。笑

なぎ屋

こちらはなぎ屋です。

焼き鳥をメインで出していますが、まあジャンル的には居酒屋ですね。

外観の桜をイメージした飾りがおしゃれですね♪

喜多郎寿し

こちらは喜多郎寿しです。

一貫120バーツぐらいで、2019年3月のレートが1円3.5バーツぐらいなので、一貫420円です。

いや〜、高いっすね。笑

とらや

可愛らしいキャラクターが特徴的なとらやです。

ここはパン屋さんで、中ではアイスクリームも販売していました。

可愛いキャラクターのパンも販売しており、癒されますね♪

TOKYO XXX

日本街には数多くの焼肉屋がありますが、店名のインパクトが最も強いのがここTOKYO XXXですね。笑

名物は天下一カルビで、旨味が詰まった濃厚な味わいが売りの看板メニューだそうです。

寅圭(とらよし)

大衆居酒屋、寅圭(とらよし)です。

日本の横町的な印象を受け、なんだかホッとするような安心感があります。笑

キャベツと芋が山盛りのサラダや、新鮮なお寿司を提供してくれます。

焼肉炭

日本式炭火焼肉の焼肉炭です。

日本語、タイ語、英語で日本式炭火焼肉と書いてあり、主張が強いです。笑

本当にこの日本街は焼肉屋が多いですね。

大枡(だいます)

ホルモンや浜焼きを売りにしている大枡(だいます)です。

こちらも寅圭(とらよし)と同じく、大衆居酒屋感があり、なんだか安心できる雰囲気です。

新鮮なホルモンを、備長炭の七輪焼きで焼いて食べることができます。

玄風館(げんぷうかん)

博多焼肉を提供してくれる玄風館(げんぷうかん)です。

東京XXXといい、日本の地名をアピールするお店が多いですね。笑

博多で育てた秘伝のピリ辛タレと甘タレが特徴的なようです。

味山(あじさん)

豚骨醤油ラーメンが美味しいとうわさのラーメン屋、味山(あじさん)です。

豚骨醤油ラーメン以外にも種類が豊富なようなので、何度も楽しめそうです。

また、日本料理屋にしては、チャーハンが70バーツと安く、おすすめです。

量もちょっと少ないみたいですけどね、、、。

銀座雷神

日本街に大量にある焼肉屋の一つ、銀座雷神です。

やはり日本街の焼肉屋は地名を付けたがるみたいですね。笑

つぼ八

日本料理屋のつぼ八です。

日本でも見かけること多いなーと思って調べてみたら、日本国内だけでも300店舗以上もあるらしいです。笑

北海道発祥のお店なので、やはり海鮮が美味しいお店です。

私が行った時は、カニ鍋をかなり押してましたね。笑

東京ハスラー

おしゃれな雰囲気の居酒屋、東京ハスラーです。

中にはビリヤードやダーツがある?ようです。

日本街の中でも一風変わった雰囲気があります。

しゃかりき432

大阪名物を売りにしている居酒屋、しゃかりき432です。

大阪名物であるたこ焼きやお好み焼きが食べられます。

にしても、提灯のクセが強いですね。笑

もはやなんでもありの居酒屋なので、食事を存分に楽しめそうです。

ミュニック

居酒屋風の日本料理から、焼肉や国際ビールなど、幅広い品揃えが特徴的なミュニックです。

そのため、何を食べようか迷ったり、決め手にかける場合は、ミュニックを選ぶと、無難だと思います。

ぼてぢゅう

日本国内でも知名度の高いお好み焼き屋、ぼてぢゅうです。

特にモダン焼きが有名ですね。

ただし、改装工事中とのことで、お店は閉まっていました。

日本街の店は入れ替えが激しいようなので、もしかしたら別店舗に変わるのかもしれません。

焼肉スタミナ苑

上質な肉をリーズナブルに提供することをモットーとしている焼肉屋、焼肉スタミナ苑です。

リーズナブルに提供することをモットーにしているのであれば、サービス料10%を何とかして欲しいと思います。笑

わりかし人気の高い焼肉屋らしいので、選んで間違いはなさそうです。

寅次郎

いわゆる普通の居酒屋、寅次郎です。

和を大切にしているので、日本感を味わえます。

インパクトの大きい店が多い日本街の中では、わりとおとなし目な印象のお店ですね。

何を食べるか迷ったら日本街へGO!

バンコクで夜ご飯を食べようと思ったら、料理屋が多過ぎてどこを選んだら良いか分からないですよね。

また、出張でバンコクに泊まる場合は、仕事で疲れきっているので、夜ご飯を探すのもめんどくさいと思います。

そういう方々は、ぜひ日本街に立ち寄ってみて下さい!

きっと、お気に入りのお店が見つかると思いますよ♪

ただ、日本街はお店の入れ替えが激しいようなので、お気に入りのお店が潰れてしまうとショックですよね?

しかし裏を返せば、新しいお店と出会う確率が高くなりますので、そういうワクワク感もありますよね!

ぜひみなさんも、バンコクで遊ぶ場合や泊まる場合は、日本街に一度は立ち寄ってみて下さい!

※その他タイの記事は下記にまとめています。

関連コンテンツ
投稿本文下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする