スポンサーリンク

【最高の親孝行とは?】親孝行したいあなたへ贈る42の方法




About Author




ランキングの目次

【最高の親孝行とは?】親孝行したいあなたへ贈る42の方法

「親孝行したい!でも何をしたらいいんだろう?」とお悩みの方って多いですよね。

親孝行したいと思ってくれているだけで、すでにご両親への親孝行になっています。

しかし、そんなあいまいなものではなく、ちゃんとした親孝行をしたいという人のために、親孝行の方法をまとめました。

最高の親孝行は人によって異なります。

そのため、本記事の親孝行を見て、最もピンとくるものを実行してみると良いでしょう。

親孝行をしたいと思った時に、まだ親が生きていてくれているのは、非常に幸せなことだと思います。

いつ親がどうなるかなんてわかりませんので、親孝行はスピードが大切です。

さあ、思い立ったが吉日!親孝行をして、親を幸せにしましょう!

※本記事と共に読みたいおすすめ記事はこちら!

自分は幸せだとアピールする

私自身、まだ子供がいませんので、親の気持ちは分かりません。

でも、子供の幸せこそ親の幸せだということは、間違いないと思います。

親孝行で親を幸せにしたいなら、自分を幸せにすることも大切です。

「産んでくれてありがとう!今とっても幸せだよ!」とストレートに伝えてあげましょう!

きっと、これが最高の親孝行だと私は思います。


この家族で良かったと伝える

「他でもない、この家族だからこそ、こんなに幸せになれたんだよ!」

このように、この家族で良かったと伝えてあげましょう。

実は私も、アルコールで酔ったどさくさに紛れて、この家族で良かったとストレートに伝えたことがあります。

「な~に言ってんのよ!」と母はへらへらしていましたが、絶対嬉しかった時の顔をしていました。

なんだか、凄く暖かい気持ちになりました。

やはり、ストレートな言葉には、思いをしっかりと届ける力があります。

「ありがとう」と直球で感謝する

「今まで育ててくれてありがとう!」

このような言葉は、まるで結婚式のようになってしまいますが、何かにつけてありがとうと言うようにしましょう。

ご飯を作ってくれてありがとう、お風呂を沸かしてくれてありがとう、洗濯をしてくれてありがとう。

ありがとうは、言い過ぎてダメなことはありません。

感謝の気持ちを精一杯に伝えましょう。

頻繁に顔を見せる

地元を離れている場合は、できる限り地元に帰り、顔を見せるようにしましょう。

やはり、子供が顔を見せてくれるのって、親からするととっても嬉しいと思うんですよね。

実際、うちの親も喜んでいるのがひしひしと伝わってきますし。

地元に帰ってくる

地元で転職し、地元に帰ってくると、親は大喜びしてくれます。

私も「いつかは地元に帰ってこようかなー」と冗談交じりで話したとき、なんだかんだ言いながら、嬉しそうな母の顔を見ることができました。

やっぱり、子供が近くにいてくれた方が嬉しいんだなーと思います。

結婚してパートナーと仲の良い姿を見せる

良いパートナーを見つけてきて、仲の良い姿を見せることも、大きな親孝行の一つです。

結婚がまだでも、婚約したのなら、早くパートナーの姿を見せてあげましょう。

もうちょっと落ち着いてからなんて考えていて、手遅れになったら、一生後悔します。

冒頭でも書きましたが、親孝行はスピード重視ですので、早いに越したことはありません。

自分の子供に会わせる

自分の子供、親からすると孫に会わせてあげることが、至高の親孝行であることは間違いないでしょう。

私も、おじいちゃん子で、おじいちゃんにはめちゃくちゃ可愛がって頂きました。

おじいちゃんは、本当にうれしかったんでしょうね。

今度は、あなたが自分の子供を両親に見せてあげる番ですね。

きっと、大いに喜んでくれることでしょう。

自分の子供とテレビ電話で会話してもらう

なかなか子供を両親に会わせられない状況なら、テレビ電話を活用しましょう。

LINE電話で簡単にテレビ電話ができる世の中になったので、自分の子供の成長を、両親に届けてあげましょう。

「老後は任せて」と安心させてあげる

やはり老後は不安なものです。

なので、「老後はちゃんと面倒見るから、安心して年取ってね!」と伝えてあげましょう。

安心感と幸せ、子供の成長を一気に感じることができると思いますので、最高の親孝行になる一言になるでしょう。

小まめに電話やメールでやりとりする

現代人はなかなかに忙しいので、時間が取りづらいですが、小まめに親と連絡を取るようにしましょう。

何度も言いますが、親がいなくなってからでは取り返しがつきません。

定期的に近況を報告してあげましょう。

定期連絡を楽しみの一つにしてあげると、長生きをサポートしてあげられますね。

自立して頑張ってることを伝える

子供の成長を感じられる時こそ、親が幸せに感じる時でしょう。

「あなたの子供はこんなにも立派に育ちました!」と伝えることができると、それだけでも十分な親孝行になることでしょう。

仕送りをする

少子高齢化社会になりつつある日本において、老後はやはり不安なものです。

少しでもその不安を取り除き、生活を楽にしてあげるためにも、仕送りをしてあげましょう。

「仕送りなんていらんよ!」と親は言うでしょうが、有無を言わさずに送り付けましょう。

お金が全てではありませんが、少しでも恩返しができるでしょう。

子供の頃のアルバムを親と一緒に見る

親と一緒に、懐かしい思い出を振り返ってみましょう。

これ、私も親に言ってアルバムを出してもらったんですが、涙腺があまりにも緩いので、1ページ目で泣き始めてしまいました。

まさに涙そうそうですね。

私と同じように、涙腺が緩い人には辛いかもしれませんが、めちゃくちゃ良い親孝行になると思います。

自分で言うのもなんですが、子供と一緒にかつての思い出を振り返ることができるなんて、親からすると最高の時間だったと思います。

思い出の場所へ連れて行く

家族で初めて旅行に行った場所や、行きつけのお店など、家族の思い出が詰まった場所に連れて行ってあげましょう。

あの頃は何気なく行っていた場所ですが、改めて行くと、親からしても子供からしても、非常に感慨深いものがあるはずです。

ちなみに私も行きましたが、いつものごとく涙が溢れてしまい、妹に慰められましたよ。

親が作ってくれた料理を「美味しい」と言って食べる

一人暮らしを始めると分かると思いますが、親の手料理って本当にありがたいですよね。

それに懐かしい味がして、本当に美味しいんですよね。

子どもの頃は当然のように食べていましたが、今は感謝の気持ちを込めて食べるようにしましょう。

そして食後には「ごちそうさま、美味しかったよ」と親に言葉をかけるようにしましょう。

手料理を作って振る舞う

親に作ってもらってばかりではなく、こちらから手料理を作って振る舞ってあげましょう。

なんだか気恥ずかしいですが、これも一つの親孝行の形だと思います。

母に料理を教えてもらう

母に料理を教わるのも、素晴らしい親孝行になると思います。

大人になっても、親から教わることはいっぱいあるのに、教えてもらう機会がありません。

なので、昔のように、大人ではなく子供に戻って、母から何かを教わるというのも良いでしょう。

懐かしいあの頃に戻りましょう。

花などをプレゼントする

言葉や行動だけでなく、形で何か残したい方は、花や財布、時計などをプレゼントしましょう。

物ははっきりと形が残るので、感謝の気持ちを伝えやすいです。

言葉で伝えるのがどうしても照れくさい方は、プレゼントが有効ですね。

両親が欲しいものリストを作成し、計画的にプレゼントする

両親に何が欲しいか聞いても「いらんいらん!」と言われることが多いでしょう。

しかし、粘り強く聞き出して、両親が欲しいものリストを作成しましょう。

例えば、2019年はオルゴール、2020年はマッサージチェア、2021年は大型テレビなど、プレゼントの計画を立てましょう。

そして、毎年の楽しみにしてもらいましょう。

このように、親の楽しみを作ることで、親に長生きしてもらう作戦を立てるのも、親孝行として最高だと思います。

感謝の手紙を送る

感謝の言葉を発することが恥ずかしい人は、手紙で想いを伝えるようにしましょう。

手紙なら、簡単に感謝の気持ちを伝えられることでしょう。

手紙を直接渡すのが恥ずかしい人は、郵送したり、実家に帰ったときにこっそり置いて帰るとかが良いでしょう。

手紙は形として残るので、ずっとずっと大切にしてくれることでしょう。

肩たたきや肩もみをする

高齢になるにつれ、両親は身体に疲労がたまりやすくなっています。

そこで、肩たたきや肩もみをしてあげましょう。

身体の疲れを癒すというよりも、身体を労わってくれているという気持ちが、親にとっては嬉しいでしょう。

両親の馴れ初めを聞く

既に知っている人も知らない人も、両親の馴れ初めを聞いてみましょう。

子供から聞かれると恥ずかしいと思いますが、昔のことを子供が聞いてくれるのは嬉しいことだと思います。

自分が生まれた時の話を聞く

親の馴れ初めと併せて聞いておきたいのが、自分が生まれた時の話です。

「あんたなかなか出てこなかったから大変だったんやで」と、ぶつくさ文句を言いながらも、きっと楽しい時間になることでしょう。

あの頃を思い出し、一緒に幸せな気持ちに浸るという行為は、まさに親孝行ですね。

年末年始は実家でゆっくり過ごす

年末年始は、家族でのコミュニケーションを取りやすい時間です。

年末年始はチャンスですので、この時にいっぱい親孝行をしておきたいところです。

しかし、肩ひじ張らずに、実家でリラックスするだけでも、実は親孝行になっているんですよね。

コタツでぬくぬくしながらテレビを観るというのんびりとしたひと時を、両親と過ごしましょう。

きっとかけがえのない貴重な時間になることでしょう。

欲しがっているペットをプレゼントする

子供が手から離れ、寂しい思いをしている親も多いです。

そんな時は、ペットをプレゼントしてあげましょう。

事前に親に欲しいペットを聞いてからプレゼントするようにしましょう。

いくら子供からとはいえ、欲しくもないペットをもらっても困りますしね。

両親とお酒を酌み交わす

成人したからこそ、本音で語り合えるようになることもあります。

両親とお酒を酌み交わすことで、普段なら言えないぶっちゃけトークを繰り広げてみましょう。

心の距離が近づき、両親からすると嬉しい事間違いないでしょう。

家族みんなで記念写真を撮る

なかなか照れて言いにくいですが、家族みんなで写真を撮りましょう。

子どもの頃と違って、大人になると、家族と撮る写真の枚数は減っていきます。

改めて家族の思い出を残していけるように、定期的にみんなで写真を撮るようにしてもいいですね。

家族みんなの元気な姿を動画で残す

写真だけでなく、動画でも残すと、いい思い出作りになります。

動画は写真よりもハードルが高いですが、写真よりも深い思い出になります。

ショッピングに行く

子どもの頃はよく行ったはずなのに、大人になると、両親とショッピングに行く機会がめっきり減ってしまいます。

そこで、改めてショッピングに誘ってみましょう。

服や帽子など、両親が欲しい物をプレゼントしてあげると、なお喜ばれることでしょう。

父とキャッチボールをする

子どもの頃、父親とキャッチボールした方も多いでしょう。

あの頃に戻って、父をキャッチボールに誘ってみましょう。

きっと長い距離は投げられなくなっており、そこに一抹の寂しさを感じるかもしれません。

しかし、父は「まさかまた子供とキャッチボールをすることができるとは!」と思うことでしょう。

あの頃の白球を追いかける二人の姿が、何十年という時を経て、帰ってくるなんて、素敵ですよね。

バーベキューをする

家族でワイワイ盛り上がることができるのが、バーベキューです。

いい思い出作りになりますし、親孝行もできて、一石二鳥です。

初任給で大判振る舞いする

社会人になって初めてのお給料は、親のために使ってみましょう。

何を買ってくれたということよりも、初任給でプレゼントを買ってくれたというところに、両親は喜んでくれることでしょう。

ちなみに私は、両親への感謝の気持ちが溢れすぎて、初任給だけじゃ足りない金額の大型家電を購入しました。

両親だけの旅行をプレゼントする

両親ふたりっきりの旅行をプレゼントするというのは、親孝行の定番中の定番ですね。

何かきっかけを与えないと旅行に行かないタイプの両親には、おすすめの親孝行です。

家族みんなで温泉旅行や海外旅行に行く

両親二人だけの旅行も良いですが、自分の都合も合わせることができるなら、家族みんなで旅行に行きましょう。

温泉旅行や海外旅行が王道ですね。

マッサージ機をプレゼントする

日頃溜まった疲れを癒すために、マッサージ機をプレゼントしてみましょう。

最近では、椅子に設置するだけのお安いマッサージ機もありますので、予算が無くても大丈夫です。

マッサージサロンに連れていく

マッサージ機を買うお金が無い人は、マッサージサロンに連れて行くのも親孝行の一つの形ですね。

帰りに外食に行ったりお酒を飲んだりして、マッサージサロンの感想を聞くのもいい時間になりそうですね。

毎年外食に行く日を決めておく

毎年この日は絶対に家族と外食に行くという日を決めておくのもいいですね。

両親は、きっと毎年この日を楽しみにしてくれることでしょう。

毎年継続して楽しみをプレゼントするというのも、良い親孝行になりますね。

スマホの使い方を教えてあげる

機械音痴な両親のために、スマホの使い方を教えてあげましょう。

せっかくスマホを持っているのならば、活用しないと損ですしね。

しかも子供が教えてくれてスマホが使いこなせるようになったのなら、嬉しさは2倍増しですね。

掃除を手伝う

年末年始などの大掃除や、トイレやふろ場の掃除などを手伝ってあげましょう。

実家に帰っている時ぐらいは、両親に楽させてあげましょう。

祖父や祖母のお墓参りに付き合う

親だけに任せず、お墓参りも一緒に行くようにしましょう。

地元から離れている人は、なかなか時間が取れずに難しいかもしれませんが、なるべく親と時間を合わせていくようにしましょう。

両親の結婚記念日をお祝いする

いくつになっても、結婚記念日というのは、二人にとって特別な日ですよね。

そんな特別な日を、自分達の子供が忘れずに毎年祝ってくれたとしたら、こんなに幸せなことはそうないですよね。

私も毎年プレゼントを贈っており、私が大学生の時に両親が銀婚式を迎えたので、一生懸命バイトして5万円のオルゴールをプレゼントした記憶があります。

直接手渡しするのが恥ずかしかったので、郵送しましたが、きっと喜んでくれていたことでしょう。

親孝行はしてもし過ぎることは無い。とにかくスピード重視で!

親がいなくなってからでは、親孝行はできません。

今まで育ててくれた感謝を込めて、たくさん親孝行をしましょう。

将来自分が後悔しないためにも、親孝行は絶対にしておくべきです。

親孝行はスピード命!

さあ、親孝行をしようと思った今この瞬間に、親孝行を始めましょう!

ー以上ー

※本記事と共に読みたいおすすめ記事はこちら!

関連コンテンツ
投稿本文下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする