スポンサーリンク

【日米野球】2018年日本VSメジャーオールスター第1戦の振り返り




About Author




【日米野球】2018年日本VSメジャーオールスター第1戦の振り返り

いよいよ4年振りの、MLBオールスターと日本オールスターの試合が始まりました。

全6試合が予定されており、まず第1戦目は、東京ドームで開催されます。

前日は、エキシビジョンマッチとして、MLBオールスター対ジャイアンツが対戦していましたが、9-6でMLBオールスターが勝利していました。

今年2018年のMLBオールスター対日本オールスターの見どころに関しては、下記リンク先をご参考にしてください。

↓ ↓ ↓

【日米野球】2018年11月日本VSメジャーオールスターの見どころ

それではまず、第1戦の試合概要と結果について、振り返っていきます。

※第2戦以降の結果については、下記リンク先をご参照ください。

【第2戦】

【日米野球】2018年日本VSメジャーオールスター第2戦の結果詳細

【第3戦】

【日米野球】2018年日本VS MLBオールスター第3戦の結果考察

【第4戦】

【日米野球】2018年日本VSメジャーオールスター第4戦の全結果

【第5戦】

【日米野球】2018年日本VSメジャーオールスター第5戦考察と検討

【第6戦】

【日米野球】2018年日本VSメジャーオールスター第6戦の全結果

試合概要・結果

概要からスコアボード、バッテリー、本塁打を打ったバッターを記録していきます。

試合概要

日米野球の第1戦は、ソフトバンク柳田が9回裏に逆転サヨナラツーランホームランを放ち、劇的な逆転勝利となりました。

侍ジャパンは、9回裏までMLBオールスターのピッチャー陣の前に、攻めあぐねていましたが、2点差で迎えた9回裏に、カープの會澤がタイムリーヒットを放ち、1点差に迫ります。

ここで、2死一塁から柳田が、逆転サヨナラツーランホームランを打ち、侍ジャパンに勝利を呼び込みました。

MLBオールスターは、チーム合計で3本塁打を放つなど、打線は奮起したものの、4番手としてマウンドに上がったイエーツが3失点と、踏ん張り切れませんでした。

スコアボード

回 1 2 3 4 5 6 7 8 9   計  安 失
米 0 0 1 0 3 2 0 0 0   6  10  1
日 0 0 1 0 3 0 0 0 3× 7  10  0

開催地:東京ドーム

バッテリー

【MLBオールスター】

・ピッチャー

ゲラ、アンドリース、マキュー、イエーツ

・キャッチャー

モリーナ

【侍ジャパン】

・ピッチャー

岸、成田、岡田、高橋、山崎

・キャッチャー

甲斐、森

本塁打

【MLBオールスター】

ロサリオ 1号(3回表ソロ)

サンタナ 1号(5回表3ラン)

ソト 1号(6回表2ラン)

【侍ジャパン】

柳田 1号(9回裏2ラン)


第1戦を振り返る

いや~、本当に見事な柳田の逆転サヨナラツーランホームランで、侍ジャパンが勝利しました。

ここについては後述するとして、初回から振り返っていきます。

まず、両軍の先発ピッチャーは、MLBオールスターはゲラ、侍ジャパンは岸です。

岸は相変わらずのコントロールの良さで、MLBオールスターの強力打線を2回まで封じ込めます。

しかし3回表、MLBのロサリオにソロホームランを打たれ、先制を許してしまいます。

そのすぐ裏、侍ジャパンは、甲斐と田中広輔の連続ヒットでチャンスを作ると、菊池の内野ゴロの間に1点をあげ、同点とします。

やはり3塁にランナーがいるときは、内野ゴロでも点数が入ることが良くありますので、前に転がすことが大切ですね!

先日のカープ対ソフトバンクの日本シリーズで、チャンスで三振ばっかりのカープ打線を見て、菊池が意地でも前にとばしたんじゃないかと勘ぐってしまいます、、、。笑

岸は、5回にまたしても1,2塁のピンチを迎えると、ここでピッチャーを成田に変えます。

しかしこの采配が裏目となり、成田は、サンタナに痛恨のスリーランホームランを打たれてしまい、1-4とMLBオールスターに大きなリードを許してしまいます。

侍ジャパンは、またしてもそのすぐ裏、満塁のチャンスを作ると、秋山が走者一掃となる3点タイムリーツーベースを放ち、一気に同点に追いつきます。

さすがの秋山のバットコントロールで、見事なバッティングでした!

柳田のサヨナラホームランばかり着目されますが、この秋山の活躍が非常に大きかったと思います。

同点に追いついた侍ジャパンは、次の回、ピッチャーを岡田に変えますが、またしてもこの采配が裏目となり、外にツーランホームランを放たれます。

さすがメジャーの若手の中で最も注目されている選手だけあって、ソトの見事なバッティングで、侍ジャパンは手痛い失点をしてしまいます。

その後は、両軍ともにピッチャー陣が踏ん張り、点が入らないまま、最終回である9回裏を迎えます。

この時点で、MLBオールスター6-4侍ジャパンで、2点差がありました。

後半の停滞した雰囲気では、点数が入りそうにもありませんでしたが、ここで意地を見せてくれるのが侍ジャパンですね!

まず、代打の上林がセンター前にはじいて出塁します。

その後、ツーアウトランナー2塁の場面で、なんと4番の山川に代打で會澤を出場させます。

この采配は驚きましたね!

日本の4番に代打を出すとは、、、!

しかし山川は、今日4打数3三振と当たっていませんでしたので、この采配も納得できるものでした。

そして代打會澤が、期待に応え、タイムリーヒットを放ちます!

いやー、稲葉監督の見事な采配的中でした!

そこで代走に源田が送られましたが、この采配も大きかったです。

というのも、相手のピッチャーであるイエーツは、キレのあるフォークボールでバッターから三振を取るタイプなのですが、1点差のこの場面では、足が速い源田が非常に気になっていました。

フォークを投げるにも投げにくい状況となっていました。

そこを柳田も分かっていたのかもしれません。

フルスイングで打ち抜いた打球は、バックスクリーンに一直線で向かっていきました!

柳田自身も打った瞬間ホームランを確信し、走り出すより前に、フルスイングでずれたヘルメットを直していましたが、その仕草が最高にかっこよかったです!

カープファンの私からすると、日本シリーズで柳田にサヨナラホームランを打たれたばかりなので、味方にするとこんなに頼もしいのか、、、!と驚きでしたね。

第1戦は、柳田のサヨナラホームランで、侍ジャパンが劇的な勝利を手に入れましたが、まだ後5試合残っていますので、この後の試合も勝ち進めて欲しいですね!

今回は、良いところばかり上げましたが、もちろん不安要素もあります。

先ほどちょろっと述べましたが、4打数0安打3三振の山川と、同じく4打数0安打の岡本ですね。

山川に関しては、やはり日本の4番という重責があるのでしょうか。

岡本に関しては、柳田と対照的で、フルスイングどころか、当てにいくようなバッティングとなっているのが気になるところです。

若いので、思いっきりフルスイングしていって欲しいですね!

まあ不安要素と言っても、まだたったの1試合だけなので、まだまだ調子を上げてくる可能性も大いにあります。

第2試合以降は、良いところを見せて欲しいですね!

それでは次は、全結果の詳細を振り返っていきましょう。

全結果詳細

ここでは、全結果の詳細を下記していきます。

1回表 MLBオールスターの攻撃

1 サンタナ: ファーストゴロ 1アウト

2 モリーナ: 三振 2アウト

3 アクーニャJr.: ショートゴロ 3アウトチェンジ

1回裏日本の攻撃

1 山田: サードゴロ 1アウト

2 菊池: 三振 2アウト

3 秋山: フォアボール 1塁

4 山川: 三振 3アウトチェンジ

2回表 MLBオールスターの攻撃

1 ハニガー: フォアボール 1塁

2 ソト: レフトフライ 1アウト

3 スアレス: ショートゴロ 2アウト1塁

4 ホスキンス: 三振 3アウトチェンジ

2回裏日本の攻撃

1 柳田: セカンドゴロ 1アウト

2 岡本: サードゴロ 2アウト

3 田中和: 三振 3アウトチェンジ

3回表 MLBオールスターの攻撃

2 ロサリオ: レフトスタンドへのホームラン

日0-1M

3 メリフィールド: セカンドゴロ 1アウト

4 サンタナ: センターフライ 2アウト

5 モリーナ: ライトへのヒット 1塁

6 アクーニャJr.: セカンドゴロ 3アウトチェンジ

3回裏日本の攻撃

1 甲斐: レフトへのヒットで出塁 1塁

2 田中広: レフトへのツーベース 2,3塁

3 山田: サードゴロ 1アウト

4 菊池: ショートゴロの間に日本1点をあげる、2塁走者田中広は走塁死 2アウト1塁

日1-1M

5 秋山: 三振 3アウトチェンジ

4回表 MLBオールスターの攻撃

1 ハニガー: ファーストへのファウルフライ 1アウト

2 ソト: 三振 2アウト

3 スアレス: 三振 3アウトチェンジ

4回裏日本の攻撃

1 山川: 三振 1アウト

2 柳田: フォアボール 1塁

一塁走者柳田、初球から盗塁成功 2塁

3 岡本: センターフライ 2アウト

4 田中和: ショートゴロ 3アウトチェンジ

5回表 MLBオールスターの攻撃

1 ホスキンス: ライトへのヒット 1塁

2 ロサリオ: センターへのヒット 1,2塁

3 メリフィールド: 三振 1アウト

岸→成田にピッチャー交代

4 サンタナ: レフトスタンドへの勝ち越し3ランホームラン!

日1-4M

5 モリーナ: セカンドゴロ 2アウト

6 アクーニャJr.: ショートゴロ 3アウトチェンジ

5回裏日本の攻撃

1 甲斐: センターへのヒットで出塁 1塁

2 田中広: ファーストフライ 1アウト

3 山田: レフトへのヒットを放つ 1,2塁

ゲラ→アンドリースにピッチャー交代

4 菊池: フォアボール 満塁

5 秋山: レフトへの同点タイムリーツーベース! 日4-4M 2塁

6 山川: ライトフライ 2アウト

7 柳田: 敬遠 1,2塁

8 岡本: 三振 3アウトチェンジ

6回表 MLBオールスターの攻撃

成田→岡田にピッチャー交代

1 ハニガー: セカンドへの内野安打 1塁

2 ソト: レフトスタンドへの2ランホームランでMLBオールスター勝ち越し!

日4-6

3 スアレス: セカンドゴロ 1アウト

4 ホスキンス: 三振 2アウト

5 ロサリオ: ライトへのツーベース 2塁

6 メリフィールド: ファーストフライ 3アウトチェンジ

6回裏日本の攻撃

1 田中和: センターへのヒットで出塁、さらにアクーニャJr.(中)が後逸 3塁

2 甲斐: 三振 1アウト

3 田中広: 三振 2アウト

4 山田: フォアボール 1,3塁

一塁走者山田、初球から走って盗塁成功 2,3塁

5 菊池: 三振 3アウトチェンジ

7回表 MLBオールスターの攻撃

岡田→高橋にピッチャー交代

1 サンタナ: センターフライ 1アウト

2 モリーナ: センターへのヒットで出塁 1塁

3 アクーニャJr.: 三振 2アウト

4 ハニガー: デッドボール 1,2塁

5 ソト: 三振 3アウトチェンジ

7回裏日本の攻撃

アンドリース→マキューにピッチャー交代

1 秋山: セカンドゴロ 1アウト

2 山川: 三振 2アウト

3 柳田: 三振 3アウトチェンジ

8回表 MLBオールスターの攻撃

1 スアレス: ショートゴロ 1アウト

2 ホスキンス: フォアボール 1塁

3 ロサリオ: 三振 2アウト

4 メリフィールド: サードゴロ 3アウトチェンジ

8回裏日本の攻撃

1 岡本: ショートゴロ 1アウト

2 田中和: ファーストゴロ 2アウト

甲斐→森が代打

3 森: ライトへのヒット 1塁

4 田中広: ショートライナー 3アウトチェンジ

9回表 MLBオールスターの攻撃

高橋→山崎にピッチャー交代

森→キャッチャーの守備につく

1 サンタナ: レフトフライ 1アウト

2 モリーナ: センターへのヒット 1塁

3 アクーニャJr.: サードゴロ 2アウト1塁

4 ハニガー: 三振 3アウトチェンジ

9回裏日本の攻撃

マキュー→イエーツにピッチャー交代

ピラーがセンターの守備につく

アクーニャJr.がセンター→レフトの守備につく

1 山田: 三振 1アウト

菊池→上林が代打

2 上林: センターへのヒット 1塁

3 秋山: 三振、一塁走者上林が盗塁成功 2アウト2塁

山川→會澤が代打

4 會澤: センターへのタイムリーヒット 1塁

日5-6M 

1塁走者會澤→源田が代走

5 柳田: センターへの2ランホームランで侍ジャパンが逆転サヨナラ勝ち!

日7-6M

ゲームセット

最後に

第1戦は、点を取られては取り返しての、面白い展開となった試合でした。

非常にエキサイティングで盛り上がった良い試合でしたね!

ちなみに、東京ドームには、44,934人もの観客がいたそうです!

めちゃくちゃ多いですね!笑

第2戦以降も、みんなで侍ジャパンを応援していきましょう!

それではまた!

関連コンテンツ
投稿本文下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする