スポンサーリンク

【日米野球】2018年日本VSメジャーオールスター第2戦の結果詳細




About Author




【日米野球】2018年日本VSメジャーオールスター第2戦の結果詳細

いよいよ4年振りの、MLBオールスターと日本オールスターの試合が始まりました。

全6試合が予定されており、まず第1戦目は、東京ドームで開催されます。

前日は、エキシビジョンマッチとして、MLBオールスター対ジャイアンツが対戦していましたが、9-6でMLBオールスターが勝利していました。

今年2018年のMLBオールスター対日本オールスターの見どころに関しては、下記リンク先をご参考にしてください。

↓ ↓ ↓

【日米野球】2018年11月日本VSメジャーオールスターの見どころ

それではまず、第2戦の試合概要と結果について、振り返っていきます。

※第2戦以外の結果については、下記リンク先をご参照ください。

【第1戦】

【日米野球】2018年日本VSメジャーオールスター第1戦の振り返り

【第3戦】

【日米野球】2018年日本VS MLBオールスター第3戦の結果考察

【第4戦】

【日米野球】2018年日本VSメジャーオールスター第4戦の全結果

【第5戦】

【日米野球】2018年日本VSメジャーオールスター第5戦考察と検討

【第6戦】

【日米野球】2018年日本VSメジャーオールスター第6戦の全結果

試合概要・結果

概要からスコアボード、バッテリー、本塁打を打ったバッターを記録していきます。

試合概要

侍ジャパンは初回、前日に逆転サヨナラホームランを放った柳田が、先制のタイムリーヒットを放ち、1点を先取する。

さらに3回表に、秋山、源田のタイムリーヒットに加え、柳田のツーランホームランで、リードを5点に広げます。

続いて5回には、またもや柳田、そして會澤と秋山のタイムリーヒットで、9-0とリードを大きく広げます。

その後、MLBはソトのソロホームランで反撃を見せますが、山田と森のタイムリーヒットで、1-12とその差を11点まで広げます。

最終的には、MLBがリアルミュートのスリーランホームランなどで、5点を返しますが、反撃もここまででした。

結局MLB6-12侍ジャパンでゲームセットとなり、侍ジャパンが快勝しました。

なお、侍ジャパンの先発の上沢は、5回1失点7奪三振と好投し、侍ジャパンに良い流れを運んでくれました。

スコアボード

回 1 2 3 4 5 6 7 8 9  計   安  失
日 1 0 4 0 4 0 3 0 0  12  17  1
米 0 0 0 0 1 0 2 3 0   6    8   1

開催地:東京ドーム

バッテリー

【MLBオールスター】

・ピッチャー

ラミレス、ジョンソン、ノリス、オテロ

・キャッチャー

リアルミュート、チリーノス

【侍ジャパン】

・ピッチャー

上沢、濱口、佐藤、松井

・キャッチャー

會澤、甲斐

本塁打

【MLBオールスター】

ソト 2号(5回裏ソロ)

リアルミュート 1号(8回裏3ラン)

【侍ジャパン】

柳田 2号(3回表2ラン)


第2戦を振り返る

MLB6-12侍ジャパンというスコア通り、第2戦は、侍ジャパンが快勝しました。

今回は、なんといっても上沢が快投してくれたのが大きかったですね!

初回からノーアウト1,3塁のピンチを招きましたが、この後三振とゲッツーで無失点に抑えると、ソロホームランは許しつつもしっかりとMLB打線を抑えてくれました。

MLBオールスター相手に5回1失点は、花丸ですね!

今年は右ひじの怪我という大きなけがを乗り越え、自身初の二桁勝利をつかみ取ったその実力は本物で、世界に通用するピッチングでした!

ただ、4回のモリーナへのデッドボールだけは、本当にヒヤッとしましたね、、、。

今回のMLBオールスターの中で一番のビッグネームなので、もし骨折させていたらと思うと、ぞっとします。

次に、バッターの中で圧巻なのは、柳田ですね!

4打数4安打4打点1ホームランと、大暴れでした!

さすが現日本最強バッターですね!

特に凄かったのが、6回表のセンターへのポテンヒットです。

ポテンヒットって凄いの?

とお思いの方も多いかと思いますが、、、笑

柳田のホームランを2本も見ており、かつとんでもないフルスイングをするので、このときも、MLBの外野陣は、柳田の打球を見て、思わず一歩下がってしまいました。

その結果、前へ出るのが遅れてしまい、ポテンヒットとなったんです。

つまり、MLBが柳田のフルスイングを警戒しすぎた結果、生まれたポテンヒットだったんです!

本当に柳田は恐ろしいバッターで、来シーズンからも敵として戦わなければならないのが怖くてたまりません、、、。

このままMLNオールスター達が柳田をメジャーに連れ帰ってくれないかな?と考えた野球ファンは私だけではないはず。笑

もちろん、12得点を挙げた侍ジャパンは、柳田以外も活躍していました。

やはり西武が誇る最強1番バッターの秋山が凄かった!

本試合は、4打数3安打3打点と、こちらも大暴れ!

特にスリーベースヒットを打った球は、アウトコースぎりぎりの簡単ではない球でした。

あの球を引っ張って長打にし、しかも3塁まで到達できる脚もあるのは、本当に秋山の魅力が全面に出た1打席でした。

また、同じく西武の源田も、5打数3安打で、1四球と、しっかり仕事をしてくれました。

全体的にバッター陣は好成績を残していますが、不安要素もあります。

それは、第1戦でも調子の悪かった山川と岡本ですね、、、。

山川は6打数でなんとか1安打でましたが、これで10打数で1安打しか打てていません。

また岡本は、4打数の0安打で、第1戦に引き続き0安打で終わりました。

短期決戦なので、調子の悪い選手はどんどん切り替えていくべきか、それとも信じて使い続けるか、難しいところですが、第3戦はその判断が問われると思います。

山川と岡本をレギュラーで使うのか、それとも他の選手を試してみるのか、第3戦はそこも見どころですね!

それでは次は、本試合の全打席の詳細を記していきます。

全結果詳細

ここでは、全結果の詳細を下記していきます。

1回表日本の攻撃

1 秋山: ピッチャーゴロ 1アウト

2 源田: レフトへの二塁打 2塁

3 山田: 三振 2アウト

4 柳田: レフトへのタイムリーヒット 1塁

M0-1日 

5 山川: ショートゴロ 3アウト

1回裏 MLBオールスターの攻撃

1 ロサリオ: センターへのヒット 1塁

一塁走者ロサリオ、盗塁成功 2塁

2 モリーナ: ライトへのヒット 1,3塁

3 サンタナ: 三振 1アウト

4 ハニガー: 5-4-3のダブルプレー 3アウト

2回表日本の攻撃

1 上林: セカンドゴロ 1アウト

2 岡本: 三振 2アウト

3 會澤: セカンドフライ 3アウト

2回裏 MLBオールスターの攻撃

1 ソト: 三振 1アウト

2 リアルミュート: 三振 2アウト

3 ヘルナンデス: 三振 3アウト

3回表日本の攻撃

1 田中和: フォアボール 1塁

一塁走者田中和、盗塁成功 2塁

2 秋山: センターへのタイムリースリーベース 3塁

M0-2日

3 源田: ファーストへのタイムリー内野安打 1塁

M0-3日

4 山田: サードゴロ 1アウト2塁

5 柳田: 左中間への2ランホームラン

M0-5日

6 山川: セカンドゴロ 2アウト

7 上林: ツーベース 2塁

8 岡本: ショートゴロ 3アウト

3回裏 MLBオールスターの攻撃

1 ピラー: センターフライ 1アウト

2 テーラー: 三振 2アウト

3 ロサリオ: サードゴロ 3アウト

4回表日本の攻撃

ラミレス→ジョンソンにピッチャー交代

1 會澤: レフトフライ 1アウト

2 田中和: 三振 2アウト

3 秋山: センターへのヒットを放 1塁

4 源田: レフトフライ 3アウト

4回裏 MLBオールスターの攻撃

1 モリーナ: デッドボール 1塁

2 サンタナ: 4-6-3のダブルプレー 2アウト

3 ハニガー: 三振 3アウト

5回表日本の攻撃

1 山田: ヘルナンデス(三)の悪送球 2塁

2 柳田: レフトへのタイムリーヒット 1塁

M0-6日

3 山川: ショートへの内野安打 2,3塁

4 上林: ファーストゴロ 1アウト

5 岡本: 満塁策で敬遠 満塁

6 會澤: レフトへのタイムリーヒット 満塁

M0-7日

7 田中和: 三振 2アウト

8 秋山: レフトへのタイムリーヒット 2,3塁

M0-9日 

9 源田: ショートフライ 3アウト

5回裏 MLBオールスターの攻撃

1 ソト: レフトスタンドへのホームラン

M1-9日

2 リアルミュート: セカンドゴロ 1アウト

3 ヘルナンデス: セカンドゴロ 2アウト

4 ピラー: レフトへのヒット 1塁

5 テーラー: 三振 3アウト

6回表日本の攻撃

チリーノスがキャッチャーの守備につく

リアルミュートがキャッチャーからファーストに守備位置変更

1 山田: ファウルフライをヘルナンデス(三)が捕球 1アウト

2 柳田: センターへポテンヒット 1塁

3 山川: セカンドフライ 2アウト

4 上林: サードフライ 3アウト

6回裏 MLBオールスターの攻撃

上沢→濱口にピッチャー交代

1 ロサリオ: 三振 1アウト

モリーナ→ホスキンスが代打

2 ホスキンス: ファールフライ 2アウト

3 チリーノス: セカンドゴロ 3アウト

7回表日本の攻撃

1 岡本: サードライナー 1アウト

2 會澤: フォアボール 1塁

3 田中和: ファーストゴロ 2アウト2塁

4 秋山: フォアボール 1,2塁

1塁秋山→外崎が代走

5 源田: フォアボールを選ぶ 満塁

ジョンソン→ノリスにピッチャー交代

6 山田: ライトへのタイムリーヒット 1,3塁

M1-11日

柳田→森が代打

7 森: レフトへのタイムリーヒット 1,2塁

M1-12日

8 山川: 三振 3アウト

7回裏 MLBオールスターの攻撃

外崎がレフトの守備につく

田中和がレフト→センターの守備につく

ハニガー→メリフィールドが代打

1 メリフィールド: 三振 1アウト

2 ソト: 濱口(投)の悪送球により出塁 1塁

3 リアルミュート: センターへのツーベース 2,3塁

4 ヘルナンデス: ショートゴロの間に1点 2アウト3塁

M2-12日

5 ピラー: センターへのタイムリーヒット 1塁

M3-12日

6 テーラー: フォアボール 1,2塁

7 ロサリオ: サードゴロ 3アウト

8回表日本の攻撃

メリフィールドがライトの守備につく

1 上林: ファウルフライをヘルナンデス(三)が捕球 1アウト

2 岡本: ファウルフライをリアルミュート(一)が補給 2アウト

3 會澤: ショートゴロ 3アウト

8回裏 MLBオールスターの攻撃

濱口→佐藤にピッチャー交代

甲斐がキャッチャーの守備につく

1 ホスキンス: レフトフライ 1アウト

2 チリーノス: フォアボール 1塁

3 メリフィールド: センターへのヒット 1,2塁

4 ソト: ファーストゴロ 2アウト1,3塁

5 リアルミュート: 3ランホームラン

M6-12日

6 ヘルナンデス: 三振 3アウト

9回表日本の攻撃

ノリス→オテロにピッチャー交代

1 田中和: ピッチャーゴロ 1アウト

2 外崎: 三振 2アウト

3 源田: セカンドへの内野安打 1塁

4 山田: レフトへのヒット 1,2塁

5 森: ピッチャーへの内野安打 満塁

6 山川: サードゴロ 3アウト

9回裏 MLBオールスターの攻撃

佐藤→松井にピッチャー交代

1 ピラー: 三振 1アウト

2 テーラー: ショートライナー 2アウト

3 ロサリオ: サードゴロ

ゲームセット

MLB6-12侍ジャパンで、侍ジャパンが勝利しました。

最後に

侍ジャパンの見事な快勝で、第2戦は気持ちの良い観戦ができました!

ちなみに第2戦の観客数は、なんと45,450人だそうです!笑

野球人気半端ないって!笑

第3戦からも、引き続き応援していきたいですね♪

それでは!

関連コンテンツ
投稿本文下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする