【日米野球】2018年日本VSメジャーオールスター第5戦考察と検討

 

【日米野球】2018年日本VSメジャーオールスター第5戦考察と検討

前日の第4戦では、マツダスタジアムを会場とし、黒田博樹の始球式に加え、前田健太と大瀬良大地の新旧カープエースの見どころある対決がありました。

さらに試合をひっくり返したのは、田中広輔の同点タイムリーヒットに、菊池の勝ち越しセーフティースクイズと、まさにカープ尽くしの1試合となり、侍ジャパンが勝利しました。

ここまで4試合の通算成績は、MLBオールスター1勝-3勝侍ジャパンと、侍ジャパンが2勝分リードしています。

第5戦では、侍ジャパンが今大会の勝ち越しを決めるのか、それともMLBオールスターが待ったをかけるのか、この試合も見逃せません。

第5戦の侍ジャパンの先発ピッチャーは東浜、MLBオールスターの先発ピッチャーはゲラです。

東浜は、レギュラーシーズンで怪我をしてしまいましたが、8月に復帰してからは、6勝0敗と、無類の強さを発揮しました。

後半戦の勢いそのままにMLBオールスター打線を封じ込めることができるかに注目し、試合を観戦します!

また、MLBオールスターの先発ピッチャーであるゲラは、初戦にも先発しています。

初戦では、侍ジャパンはゲラから、5回途中までで、4得点を挙げています。

そのため、侍ジャパンはゲラに対して良いイメージがあると思いますので、この試合でも、打ち崩してくれることを期待します。

それでは、第5戦を観ましたので、試合を振り返っていきます。

※第5戦以外の試合や、今大会の見どころについては、下記リンク先に記載しています。

↓ ↓ ↓

【見どころ】

【日米野球】2018年11月日本VSメジャーオールスターの見どころ

【第1戦】

【日米野球】2018年日本VSメジャーオールスター第1戦の振り返り

【第2戦】

【日米野球】2018年日本VSメジャーオールスター第2戦の結果詳細

【第3戦】

【日米野球】2018年日本VS MLBオールスター第3戦の結果考察

【第4戦】

【日米野球】2018年日本VSメジャーオールスター第4戦の全結果

【第6戦】

【日米野球】2018年日本VSメジャーオールスター第6戦の全結果

試合概要・結果

概要からスコアボード、バッテリー、本塁打を打ったバッターを記録していきます。

試合概要

侍ジャパンが7回表に同点に追いつき、8回表に逆転するという劇的な勝利となりました。

侍ジャパンは6回まで、岡本のソロホームラン1本を除くと、ヒットを1本も打てていませんでした。

しかしラッキーセブンの7回に、岡本、上林、甲斐の3連続ヒットや、山川の同点タイムリーヒットで追いつきます。

8回には、甲斐が勝ち越しのタイムリーヒットを放つと、9回には松井が試合を締め、侍ジャパンが逆転勝利しました。

スコアボード

回 1 2 3 4 5 6 7 8 9   計  安  失
米 0 2 1 1 0 1 0 1 0   5   14  1
日 0 1 0 0 0 0 4 1 0   6    7   0

開催地:ナゴヤドーム(愛知県)

バッテリー

【MLBオールスター】

・ピッチャー

ゲラ、ベラスケス、オテロ

・キャッチャー

モリーナ

【侍ジャパン】

・ピッチャー

東浜、濱口、岡田、高梨、佐藤、松井

・キャッチャー

甲斐

本塁打

【MLBオールスター】

ホスキンス 2号(2回表2ランホームラン)

【侍ジャパン】

岡本 1号(2回裏ソロホームラン)


第5戦を振り返る

両軍の先発ピッチャー、東浜とゲラは、共に初回を無失点に抑えます。

しかし2回には、東浜がホスキンスに2試合連続となる先制のツーランホームランを打たれます。

そしてゲラは、不振に苦しむ岡本に、バックスクリーンに飛び込むソロホームランを打たれます。

共に2回に被弾してしまいます。

岡本は、ようやく一本が出て、ホッとしているように見えます。

東浜は3回にも、ソトにタイムリーヒットを浴び、3失点目となります。

侍ジャパンはこの悪い流れを断ち切れず、4回表には、東浜に代わった濱口が、モリーナにタイムリーヒットを打たれてしまいます。

侍ジャパンが5回まで岡本のソロホームラン1本に抑えられている間に、MLBオールスターは、今度はピッチャー岡田から、サンタナがタイムリーヒットを放ち、その点差を4点に広げられてしまいます。

侍ジャパンは6回裏も得点どころかヒットも打つことができず、結局6回でヒット1本と、MLBオールスターにきっちりと抑えられます。

対するMLBオールスターは、6回までにヒット11本と、侍ジャパンのピッチャー陣を打ち込みます。

しかしラッキーセブンの7回裏、侍ジャパンが遂に猛攻を見せます!

岡本、上林、甲斐の3連打で1点を返すと、田中和が、ベラスケスの悪送球の間に出塁してさらに1点を返します。

これで4者連続出塁しますが、続く源田は三振してしまいます。

ここがターニングポイントと見極めた稲葉監督は、昨日同点タイムリーヒットを放った田中広輔を代え、山川を代打に送ります。

その期待に応えるように、山川は、ベラスケスの初球のアウトコースのツーシームを捉え、レフトへ同点の2点タイムリーツーベースを放ちます!

6回までヒット1本に抑えられていた侍ジャパンは、このラッキーセブンの7回に、一挙4点を入れ、遂に5-5の同点に追いつきます。

この大会は、毎回のように先制されますが、再三追いつきますね!

侍ジャパンの集中力は、本当に素晴らしいと思います!

侍ジャパンはこの勢いのまま、8回裏に甲斐が試合を決定づける勝ち越しのタイムリーツーベースヒットを放ちます!

9回表は、松井がヒットを打たれつつも無失点に抑え、またしても侍ジャパンが逆転勝利しました。

スコアは、MLBオールスター5-6侍ジャパンでした。

全打席詳細

それでは、第5試合の全打席の結果を下記していきます。

1回表 MLBオールスターの攻撃

1 ロサリオ: ライトへのヒット 1塁

2 モリーナ: 三振するも、東浜(投)が暴投し、ランナーが進塁 1アウト2塁

3 サンタナ: セカンドゴロ 2アウト3塁

4 アクーニャJr.: サードゴロ 3アウトチェンジ

1回裏日本の攻撃

1 田中広: 三振 1アウト

2 菊池: フォアボール 1塁

3 山田: ファウルフライをサンタナ(一)が捕球 2アウト

4 柳田: 三振 3アウトチェンジ

2回表 MLBオールスターの攻撃

1 ソト: レフトへのヒット 1塁

2 ホスキンス: 左中間への2ランホームランでMLBオールスターが先制

日0-2M

3 ハニガー: ライトフライ 1アウト

4 ヘルナンデス: フォアボール 1塁

5 メリフィールド: レフトへのヒット 1,2塁

6 ロサリオ: セカンドフライ 2アウト

7 モリーナ: センターフライ 3アウトチェンジ

2回裏日本の攻撃

1 岡本: バックスクリーンに飛び込むホームラン

日1-2M

2 上林: ライトフライ 1アウト

3 甲斐: 三振 2アウト

4 田中和: センターフライ 3アウトチェンジ

3回表 MLBオールスターの攻撃

1 サンタナ: ファーストゴロ 1アウト

2 アクーニャJr.: レフトへのツーベース 2塁

3 ソト: センターへのタイムリーヒット 1塁

日1-3M

4 ホスキンス: 三振 2アウト

5 ハニガー: ショートフライ 3アウトチェンジ

3回裏日本の攻撃

1 源田: フォアボール 1塁

2 田中広: セカンドゴロ 1アウト2塁

3 菊池: 三振 2アウト

4 山田: フォアボール 1,2塁

5 柳田: サードフライ 3アウトチェンジ

4回表 MLBオールスターの攻撃

東浜→濱口にピッチャー交代

1 ヘルナンデス: 三振 1アウト

2 メリフィールド: 三振 2アウト

3 ロサリオ: レフトへのヒット 1塁

4 モリーナ: センターへタイムリーツーベース 2塁

日1-4M

5 サンタナ: フォアボール 1,2塁

6 アクーニャJr.: 三振 3アウトチェンジ

4回裏日本の攻撃

1 岡本: 三振 1アウト

2 上林: ファウルフライをヘルナンデス(三)が捕球 2アウト

3 甲斐: 三振 3アウトチェンジ

5回表 MLBオールスターの攻撃

1 ソト: フォアボール 1塁

2 ホスキンス: 三振 1アウト

3 ハニガー: レフトフライ 2アウト

4 ヘルナンデス: ファウルフライを山田(二)が捕球 3アウトチェンジ

5回裏日本の攻撃

1 田中和: 三振 1アウト

2 源田: セカンドゴロ 2アウト

3 田中広: ショートフライ 3アウトチェンジ

6回表 MLBオールスターの攻撃

濱口→岡田にピッチャー交代

1 メリフィールド: ファーストゴロ 1アウト

2 ロサリオ: レフトへのヒット 1塁

一塁走者ロサリオが盗塁成功 2塁

3 モリーナ: ライトフライ 2アウト

4 サンタナ: レフトへのタイムリーヒット 1塁

日1-5M

5 アクーニャJr.: レフトへのヒット 1,2塁

6 ソト: 三振 3アウトチェンジ

6回裏日本の攻撃

ゲラ→ベラスケスにピッチャー交代

1 菊池: ショートゴロ 1アウト

2 山田: 三振 2アウト

3 柳田: ショートゴロ 3アウトチェンジ

7回表 MLBオールスターの攻撃

岡田→高梨にピッチャー交代

外崎がレフトの守備につく

田中和がレフト→センターの守備につく

1 ホスキンス: ショートフライ 1アウト

2 ハニガー: ショートゴロ 2アウト

3 ヘルナンデス: レフトへのヒット 1塁

4 メリフィールド: センターフライ 3アウトチェンジ

7回裏日本の攻撃

1 岡本: ライトへのヒット 1塁

2 上林: ライトへのヒット 1,3塁

3 甲斐: タイムリーヒット 1,2塁

日2-5M

4 田中和: ベラスケス(投)の悪送球により出塁 1,3塁

日3-5M

5 源田: 三振 1アウト

田中広→山川が代打

6 山川: レフトへの同点タイムリーツーベース 2塁

日5-5M

7 菊池: センターフライ 2アウト

8 山田: ショートゴロ 3アウトチェンジ

8回表 MLBオールスターの攻撃

高梨→佐藤にピッチャー交代

山川→ファーストの守備につく

岡本ファースト→サードの守備につく

1 ロサリオ: 三振 1アウト

2 モリーナ: 三振 2アウト

3 サンタナ: センターへのツーベース 2塁

4 アクーニャJr.: ピッチャーゴロ 3アウトチェンジ

8回裏日本の攻撃

ベラスケス→オテロにピッチャー交代

1 外崎: レフトフライ 1アウト

2 岡本: ショートゴロ 2アウト

3 上林: ライトへのヒット 1塁

4 甲斐: センターへの勝ち越しタイムリーツーベース 2塁

日6-5M

5 田中和: ライトフライ 3アウトチェンジ

9回表 MLBオールスターの攻撃

佐藤→松井にピッチャー交代

1 ソト: レフトへのヒット 1塁

1塁ランナーソト→ピラーが代走

2 ホスキンス: 三振 1アウト

3 ハニガー: ショートゴロ

打者ハニガーは1塁を回って2塁に向かうもアウト

ゲームセット

MLBオールスター5-6侍ジャパンとなり、侍ジャパンが逆転勝利しました。

最後に

第5戦は、侍ジャパンが逆転勝利しました。

第1戦から、逆転勝利ばかりですね!笑

逆転勝利は盛り上がりますが、裏を返せば、簡単に先制されているということなので、先発ピッチャー陣には、もう少し踏ん張って欲しいですね!

また、バッター陣は、少しでも早く点を取って、ピッチャー陣を楽にしてあげて欲しいですね!

第5戦までの今大会の通算成績は、MLBオールスター1-4侍ジャパンとなりました。

勝っても負けても、あと1試合で日米野球は終わります。

最後の第6戦も、しっかり応援していきたいですね!

それではまた。

プロ野球・テニス
執筆者:かつひろをフォローする
【今なら30日間無料】本を聴く?Amazon Audible(オーディブル)とは?かつひろも超おすすめ!

「本を読む時間がない…。」と悩むそこのあなた!朗報です!

なんと、プロの朗読家の声で【本を聴ける】Amazon Audible(オーディブル)が、今なら30日間無料!

知識を蓄えビジネス力を高める大チャンス!

【いつまで30日間無料か分からない】ので、このチャンスを逃さないように!
 
\30秒で簡単登録はこちら!無料期間中の解約も簡単!/

日常に潤いをもたらす!知って得する情報デリバリー

コメント

タイトルとURLをコピーしました