スポンサーリンク

【日米野球】2018年第6戦の結果と感想及び全打席詳細




About Author




【日米野球】2018年第6戦の結果と感想及び全打席詳細

今回の第6戦が、2018年の日米野球の最終戦となります。

今まで5試合の対戦成績は、MLBオールスター1勝、侍ジャパン4勝と、侍ジャパンが勝ち越しを決めています。

今までの試合では、侍ジャパンの逆転勝ちが多いので、最終戦の第6戦は、侍ジャパンに先制し、そのリードを守って欲しいですね!

最終戦の先発ピッチャーは、MLBオールスターがジョンソン、侍ジャパンが中日の笠原です。

笠原は、グッと止まるようなチェンジアップが持ち味のピッチャーで、MLBのバッターにはチェンジアップが有効なので、笠原にはそのチェンジアップを活かしたピッチングを期待したいですね!

それでは、最終戦である第6戦を観戦したので、試合を振り返っていきます。

※第6戦以外の試合や、今大会の見どころについては、下記リンク先に記載しています。

↓ ↓ ↓

【見どころ】

【日米野球】2018年11月日本VSメジャーオールスターの見どころ

【第1戦】

【日米野球】2018年日本VSメジャーオールスター第1戦の振り返り

【第2戦】

【日米野球】2018年日本VSメジャーオールスター第2戦の結果詳細

【第3戦】

【日米野球】2018年日本VS MLBオールスター第3戦の結果考察

【第4戦】

【日米野球】2018年日本VSメジャーオールスター第4戦の全結果

【第5戦】

【日米野球】2018年日本VSメジャーオールスター第5戦考察と検討

試合概要・結果

概要からスコアボード、バッテリー、本塁打を打ったバッターを記録していきます。

試合概要

侍ジャパンが日米野球の最終戦を勝利で締めくくった。

侍ジャパンは、2回表に西武の山川、森、外崎、源田の連続出塁などで、一挙4点を先取する。

また、笠原や岩貞、佐藤、山崎らピッチャー陣が、MLBオールスターを1失点に抑え込んだ。

本試合で、2018年の日米野球は終了し、MLBオールスターが1勝、侍ジャパンが5勝と、侍ジャパンが大きく勝ち越した。

スコアボード

回 1 2 3 4 5 6 7 8 9   計  安  失
米 0 4 0 0 0 0 0 0 0   4    8   0
日 0 0 0 0 0 0 0 1 0   1   10  0

開催地:ナゴヤドーム(愛知県)

バッテリー

【MLBオールスター】

・ピッチャー

ジョンソン、ラミレス、ペティット、イエーツ、ノリス

・キャッチャー

チリーノス

【侍ジャパン】

・ピッチャー

笠原、岩貞、佐藤、山崎

・キャッチャー

森、甲斐

本塁打

【MLBオールスター】

アクーニャJr. 1号(8回裏ソロホームラン)

【侍ジャパン】

無し


第6戦を振り返る

侍ジャパンは、初回から菊池と岡本のヒットでチャンスを作りますが、得点を挙げることはできません。

しかしその裏、笠原がMLBオールスターをたったの7球で抑えると、良い流れが侍ジャパンに流れ込みます。

2回表に、山川がフォアボール、森と外崎が連打で満塁とすると、源田がライトへのスリーベースヒットでランナーを一掃し、一挙3点を挙げ、先制します。

なんと得点に絡んだ4選手は、いずれも西武のバッターです。

いや〜、やっぱり2018年の西武の最強打線は、破壊力がハンパないですね!笑

その後菊池がしっかりセンターへ犠牲フライを放ち、さらに1点を追加します。

2回終了時点で、MLBオールスター0-4侍ジャパンと、侍ジャパンがリードします。

ここから5回までは、侍ジャパンは追加点を取れませんが、MLBオールスターのバッターを、笠原が見事に抑えてくれます。

笠原は球数が多く、80球の投球制限に引っかかり、結局5回途中で降板しましたが、無失点で切り抜けてくれました。

笠原からのバトンを受け取った岩貞も、2回と1/3を無失点に抑えました。

しかし8回、3番手の中日佐藤が、アクーニャJr.にソロホームランを浴びると、さらに3本のヒットを打たれ、満塁となります。

それでも、佐藤がここを連続三振で切り抜け、最少失点の1点で抑えました。

ワンナウト満塁からの連続三振はしびれましたね!

結局侍ジャパンは、2回に一挙4得点を挙げましたが、その後は点を取ることができませんでした。

9回裏は、横浜の山崎が、3人できっちりとしめてくれました。

これで、MLBオールスター1-4侍ジャパンでゲームセットとなり、侍ジャパンが最終戦を勝利で終えました。

これで、2018年の日米野球は、MLBオールスターが1勝、侍ジャパンが5勝で、侍ジャパンが大きく勝ち越しました!

試合終了後、選手達が、お互いの健闘をたたえ、握手を交わしていたのが良かったですね!

センキュー、センキューと聞こえてきました。笑

またホスキンスが、観戦に来ていた少年に、自身のバットをプレゼントしていたのが印象的でした!

あのプレゼントは、子供からすると最高に嬉しいでしょうね!

MLBオールスターの行動にも好感が持てる、良い大会でした。

いやー、なんだかんだ6試合全て面白かったです!

今回は4年振りでしたが、また来年も開催してくれると嬉しいですね♪笑

ちなみに余談ですが、今大会は、1勝する毎に1000万円貰え、トータルで勝利すると4000万円貰えます。

なので、今大会の侍ジャパンには、賞金9000万円が贈られることになります。

改めて思うと、凄い金額ですね!笑

最後に、全打席の結果詳細を振り返っていきます。

全打席詳細

1回表日本の攻撃

1 秋山: ファウルフライをスアレス(三)が捕球 1アウト

2 菊池: レフトへのヒット 1塁

3柳田: 三振 2アウト

4岡本: サードへの内野安打 1,2塁

5上林: 三振 3アウトチェンジ

1回裏 MLBオールスターの攻撃

1 リアルミュート: 三振 1アウト

2 ヘルナンデス: ピッチャーゴロ 2アウト

3 アクーニャJr.: ショートゴロ 3アウトチェンジ

2回表日本の攻撃

1 山川: フォアボール 1塁

2 森: センターへのヒット 1,2塁

3 外崎: ライトへのヒット 満塁

4 源田: ライトへの先制タイムリースリーベース

M0-3日 3塁

ジョンソン→ラミレスにピッチャー交代

5 秋山: ファウルフライをヘルナンデス(遊)が捕球 1アウト

6 菊池: センターへの犠牲フライ 2アウト

M0-4日

7 柳田: 三振 3アウトチェンジ

2回裏 MLBオールスターの攻撃

1 スアレス: 三振 1アウト

2 ホスキンス: レフトフライ 2アウト

3 ハニガー: レフトフライ 3アウトチェンジ

3回表日本の攻撃

1 岡本: ファウルフライをホスキンス(一)が捕球 1アウト

2 上林: サードフライ 2アウト

3 山川: 三振 3アウトチェンジ

3回裏 MLBオールスターの攻撃

1 ピラー: レフトへのヒット 1塁

2 チリーノス: フォアボール 1,2塁

3 テーラー: ショートゴロ 1アウト1,3塁

4 リアルミュート: 三振 2アウト

5 ヘルナンデス: センターフライ 3アウトチェンジ

4回表日本の攻撃

1 森: セカンドゴロ 1アウト

2 外崎: 三振 2アウト

3 源田: セカンドへの内野安打 1塁

4 秋山: セカンドゴロ 3アウトチェンジ

4回裏 MLBオールスターの攻撃

1 アクーニャJr.: セカンドへの内野安打 1塁

2 スアレス: レフトへのヒット 1,2塁

3 ホスキンス: ライトフライ 1アウト1,3塁

4 ハニガー: ファウルフライを森(捕)が捕球 2アウト2,3塁

5 ピラー: サードゴロ 3アウトチェンジ

5回表日本の攻撃

1 菊池: 三振 1アウト

2 柳田: ファーストゴロ 2アウト

3 岡本: 三振 3アウトチェンジ

5回裏 MLBオールスターの攻撃

1 チリーノス: フォアボール 1塁

2 テーラー: レフトへのヒット 1,2塁

3 リアルミュート: レフトフライ 1アウト

4 ヘルナンデス: 三振 2アウト

笠原→岩貞にピッチャー交代

5 アクーニャJr.: 三振 3アウトチェンジ

6回表日本の攻撃

1 上林: ライトへのヒット 1塁

2 山川: 三振 1アウト

一塁走者上林が盗塁失敗 2アウト

3 森: 三振 3アウトチェンジ

6回裏 MLBオールスターの攻撃

1 スアレス: 三振 1アウト

2 ホスキンス: センターフライ 2アウト

3 ハニガー: セカンドフライ 3アウトチェンジ

7回表日本の攻撃

ラミレス→ペティットにピッチャー交代

1 外崎: ショートゴロ 1アウト

2 源田: セカンドゴロ 2アウト

3 秋山: ショートゴロ 3アウトチェンジ

7回裏 MLBオールスターの攻撃

1 ピラー: レフトフライ 1アウト

2 チリーノス: センターへのヒット 1塁

3 テーラー: レフトへのヒット 1,2塁

4 リアルミュート: 三振 2アウト

5 ヘルナンデス: ライトフライ 3アウトチェンジ

8回表日本の攻撃

ペティット→イエーツにピッチャー交代

1 菊池: 三振 1アウト

2 柳田: レフトへのヒット 1塁

3 岡本: センターフライ 2アウト

4 上林: ライトフライ 3アウトチェンジ

8回裏 MLBオールスターの攻撃

岩貞→佐藤 にピッチャー交代

甲斐がキャッチャーの守備につく

1 アクーニャJr.: センターへのホームラン

M1-4日

2 スアレス: ライトへのヒット 1塁

3 ホスキンス: 三振 1アウト

4 ハニガー: センターへのヒット 1,2塁

5 ピラー: ライトへのヒット 満塁

6 チリーノス: 三振 2アウト

7 テーラー: 三振 3アウトチェンジ

9回表日本の攻撃

イエーツ→ノリスにピッチャー交代

1 山川: 三振 1アウト

2 甲斐: フォアボール 1塁

3 外崎: フォアボール 1,2塁

源田→山田が代打

4 山田: 5-4-3のダブルプレー 3アウトチェンジ

9回裏 MLBオールスターの攻撃

佐藤→山崎にピッチャー交代

田中和がレフトの守備につく

田中広輔がショートの守備につく

岡本がサード→ファーストの守備につく

外崎がレフト→サードの守備につく

1 リアルミュート: ファーストゴロ 1アウト

2 ヘルナンデス: ショートゴロ 2アウト

3 アクーニャJr.: 三振

ゲームセット

MLBオールスター1-4侍ジャパンで、侍ジャパンが勝利しました。

最後に

これにて、2018年の日米野球は、終了となりました。

今回は侍ジャパンが勝利しましたが、改めてMLBの選手のパワーを感じることができました。

MLB選手の天井直撃弾が2発ありましたしね。笑

やはりお互いにプレースタイルが大きく異なりますので、普段では得られない経験を積むことができたと思います。

選手達にとって良い刺激になりますので、これからも毎年続けて欲しいですね!

(選手達にとっては、レギュラーシーズンの疲れが溜まっていて大変な時期でしょうが、、、。笑)

次回開催されましたら、また特集していきたいと思います!

それではまた!

関連コンテンツ
投稿本文下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする