2018年日本シリーズ、カープ対ソフトバンク第3戦目について

2018年日本シリーズ、カープ対ソフトバンク第3戦目について

第2戦目までは、カープがホームのマツダスタジアムで1勝1分けとし、リードをした状態で第3戦を迎えました。

第3戦から第5戦までは、ソフトバンクの本拠地であるヤフオクドームでの試合になるため、この3試合はソフトバンクが非常に有利な戦いになるでしょう。

ソフトバンクとしては、この3戦で3連勝を絶対に狙ってくるでしょうし、逆にカープは、もし1勝2敗と負け越しても、トータルとしては、2勝2敗1分けでホームであるマツダスタジアムに帰ることができますので、死にものぐるいで1勝を取りにくると思います。

もちろん1勝と言わず、カープからすれば一気に畳み掛けたいところでしょうが、負け濃厚の場合は、フランスアを温存するなど、試合状況によっては、温存することも考えながら試合をしていきたいところですね!

この試合の注目としては、ソフトバンクは、指名打者としてバッティングに集中するデスパイネの一打ですね!

カープファンからしたら恐怖でしかありません、、、。笑

一方カープの注目選手は、先発ピッチャーの九里亜蓮ですね!

レギュラーシーズンを通すと、そこまで良い成績とは言えませんが、ガッツ溢れる投球スタイルと、ときたま見せる神ピッチングに期待せざるを得ません。

また調子がいまいちの丸にも注目したいですね!

超一流の丸選手なら復調してくれるはず!

丸を信じたいところですね!

それでは第3戦の試合概要と結果について、下記していきます。

※その他2018年の日本シリーズの詳細は下記をご参照下さい。

↓ ↓ ↓

2018年日本シリーズのカープ対ソフトバンク第1戦目の全結果詳細

2018年日本シリーズのカープ対ソフトバンク第2戦目の結果と感想

2018年日本シリーズのカープ対ソフトバンク第4戦目の結果概要

2018年日本シリーズのカープ対ソフトバンク第5戦を振り返る

2018年日本シリーズのカープ対ソフトバンク最終戦の詳細はこちら

試合概要・結果

概要からスコアボード、バッテリー、本塁打を打ったバッターを記録していきます。

試合概要

広8-9ソという1点差で、ソフトバンクが乱打戦を制しました。

ソフトバンクは、中村晃、今宮の連続タイムリーで先制すると、カープに反撃される度に突き放すように得点を重ね、結局1度も追いつかれることなくカープを抑えつけました。

カープは、鈴木誠也の2打席連続のホームランと、安部のソロホームランと満塁ホームランで、再三ソフトバンクに迫るも、後一歩及ばず、悔しい敗戦となりました。

先発ピッチャーの九里が粘りきれず、後続の岡田もデスパイネにスリーランホームランを打たれるなど、ピッチャー陣がピリッとしませんでした。

対するソフトバンクは、逃げ切ったものの、7人もの主力ピッチャーを注ぎ込みました。

スコアボード

日程:10/30(火)
球場:ヤフオクドーム

スコアボード
回 1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失
広 0 0 0 0 1 2 0 5 0 8 16  1
ソ 0 0 0 2 2 4 1 0 × 9 12  0

バッテリー

【ソフトバンク】
・ピッチャー

ミランダ、高橋礼、モイネロ、武田、加治屋、嘉弥真、森
・キャッチャー
甲斐、高谷

【カープ】
,ピッチャー
九里、ヘルウェグ、岡田、中田、一岡
・キャッチャー
會澤

本塁打

【ソフトバンク】
デスパイネ 1号(6回裏3ラン)
高谷 1号(7回裏ソロ)

【広島】
安部 1号(5回表ソロ)
鈴木 1号(6回表ソロ)
鈴木 2号(8回表ソロ)
安部 2号(8回表満塁)


試合を振り返る

第1戦と第2戦とはうって変わって、第3戦は乱打戦となりました。

まず本試合で初めてソフトバンクが先制しました。

4回裏に、中村晃と今宮がタイムリーヒットを放ち、2点を先制します。

すぐさまカープは安部のソロホームランで1点を返します。

1点取り返してもらったばかりなので、カープの九里には踏ん張ってもらいたかったですが、連打を浴びると、ファーストのメヒアの悪送球もあり、1失点してしまいます。

ここで九里は交代し、ヘルウェグがマウンドに上がり、内野ゴロでもう1点取られるものの、なんとかこの回を2失点で終わります。

カープその次の回、すぐさま鈴木誠也のソロホームランと、會澤のタイムリーヒットで取られた2点を取り返します。

その次の6回裏のソフトバンクの攻撃ですが、カープにとってはここが非常に痛かったです。

ピッチャー岡田は、テンポ良く2アウトまでいくのですが、明石の打球がフラフラと上がり、ポトンと落ちるアンラッキーなヒットになります。

そこから連打を浴び、柳田のボテボテの当たりがまたしてもアンラッキーな内野安打となり、最後はデスパイネにスリーランホームランを打たれ、計4失点となりました。

本来であれば0点もしくは1点だったものを、2回ものアンラッキーで4失点と打ち込まれてしまいました。

さらに次の回には高谷にソロホームランを打たれ、7回終了時点で広3-9ソと6点もの大差となりました。

しかししかし、ここで逆転のカープが本領を発揮しました。

8回表に、まずは鈴木誠也が2打席連続のソロホームランを放ちます。

鈴木誠也が止まりません!

昨年はケガでクライマックスシリーズに出られなかったので、その悔しさを爆発させているという印象を受けます。

その後、バティスタ、野間、會澤が連続で出塁し、満塁になります。

そこでバッターボックスには、本日ソロホームランを放っている安部が!

期待が高まると、そのカープファンの想いに応えるように、ライナー性の打球をヤフオクのテラス席に叩き込みました!

まさかまさかの満塁ホームラン!

レギュラーシーズンで4本しかホームランを放っていない安部が、日本シリーズの敵地で、1試合で2本目のホームランを放ちました!

まさに覇気ですね!

(ちなみに覇気とは、安部が流行らせようとして流行りきらなかった言葉です、、、。笑)

8回表に5点を返し、その差はなんと1点に!

9回表になると、ソフトバンクの守護神森に対し、鈴木誠也とバティスタがヒットを放ち、ランナー1、3塁に!

ヒットで同点、長打が出れば逆転もありえるこの場面で、バッターボックスには野間です。

日本シリーズでも結果を残しているだけに、期待が高まります。

しかし結果は、初球から仕掛けていってファーストゴロでした。

反撃はここまで、広8-9ソと、1点差でカープが敗退し、ソフトバンクは本拠地でその力の強さを発揮しました。

しかしこの試合、カープファン、ソフトバンクファンだけじゃなく、一野球ファンとして、最高に面白く、エキサイティングな試合でしたね!!

カープファンの私としては非常に悔しい結果でしたが、応援し甲斐のある、良い試合でした。

これでお互いに1勝1敗1分で、完全に五分に戻りました。

明日はどちらが先にリードを取るのか、第4戦も目が離せないですね!

全打席の詳細

1回表広島の攻撃

1:田中 フォアボール 1塁
2:菊池 三振 1アウト
3:丸 三振&一塁走者田中も盗塁失敗、ダブルプレー 3アウト

1回裏ソフトバンクの攻撃

1:上林 ピッチャーゴロ 1アウト
2:明石 センターへのヒット 1塁
3:グラシアル サードゴロ 2アウト2塁
4:柳田 三振 3アウト

2回表広島の攻撃

1:鈴木 サードゴロ 1アウト
2:松山 ショートゴロ 2アウト
3:メヒア レフトフライ 3アウト

2回裏ソフトバンクの攻撃

1:デスパイネ 三振 1アウト
2:中村晃 ファーストゴロ 2アウト
3:内川 センターへのヒット 1塁
4:今宮 セカンドゴロ 3アウト

3回表広島の攻撃

1:野間 ファーストへの内野安打 1塁
2:會澤 レフトへのヒット 1,2塁
3:安部 送りバント成功 1アウト2,3塁
4:田中 フォアボール 満塁
5:菊池 三振 2アウト
6:丸 三振 3アウト

3回裏ソフトバンクの攻撃

1:甲斐 レフトフライ 1アウト
2:上林 センターフライ 2アウト
3:明石 レフトフライ 3アウト

4回表広島の攻撃

1:鈴木 三振 1アウト
2:松山 ツーベース 2塁
3:メヒア ライトフライ 2アウト
4:野間 サードへのファウルフライ 3アウト

4回裏ソフトバンクの攻撃

1:グラシアル 三振 1アウト
2:柳田 フォアボール 1塁
3:デスパイネ フォアボール 1,2塁
4:中村晃 先制のタイムリーヒット 1,2塁

ソ1-0広

5:内川 キャッチャーへのファウルフライ 2アウト
6:今宮 レフトへのタイムリーヒット 1,2塁

ソ2-0広

7:甲斐 三振 3アウト

5回表広島の攻撃

1:會澤 ショートゴロ 1アウト
2:安部 ライトスタンドへのホームラン

ソ2-1広

3:田中 三振 2アウト
4:菊池 レフトへのヒット 1塁
5:丸 三振 3アウト

5回裏ソフトバンクの攻撃

1:上林 レフトへのヒット 1塁
2:明石 送りバント 1アウト2塁
3:グラシアル レフトへのヒット 1,3塁
4:柳田 メヒア(一)の悪送球 2,3塁

ソ3-1広

九里→ヘルウェグにピッチャー交代

5:デスパイネ ショートゴロで1点 2アウト3塁

ソ4-1広

6:中村晃 敬遠 1,3塁
7:内川 フォアボール 満塁
8:今宮 ライトフライ 3アウト

6回表広島の攻撃

1:鈴木 ソロホームラン

ソ4-2広

2:松山 センターへのヒット 1塁

メヒア→バティスタが代打

ミランダ→高橋礼にピッチャー交代

3:バティスタ 三振 1アウト
4:野間 レフトへのヒット 1,2塁
5:會澤 ライトへのタイムリーヒット

ソ4-3広 1,2塁

高橋礼→モイネロにピッチャー交代

6:安部 4-3のダブルプレー 3アウト

6回裏ソフトバンクの攻撃

ヘルウェグ→岡田にピッチャー交代

バティスタがファーストの守備につく

甲斐→松田宣が代打

1:松田宣 三振 1アウト
2:上林 ショートゴロ 2アウト
3:明石 レフトへのヒット 1塁
4:グラシアル センターへのヒット 1,3塁
5:柳田 サードへのタイムリー内野安打 1,2塁

ソ5-3広

6:デスパイネ ライトスタンドへの3ランホームラン

ソ8-3広

7:中村晃 三振 3アウト

7回表広島の攻撃

モイネロ→武田にピッチャー交代

高谷がキャッチャーの守備につく

1:田中 レフトへのヒット 1塁
2:菊池 三振 1アウト
3:丸 ファーストライナー&1塁走者田中も飛び出しでダブルプレー 3アウト

7回裏ソフトバンクの攻撃

岡田→中田にピッチャー交代

1:内川 サードゴロ 1アウト
2:今宮 ショートゴロ 2アウト
3:高谷 右中間へのホームラン

ソ9-3広

4:上林 サードフライ 3アウト

8回表広島の攻撃

武田→加治屋にピッチャー交代

福田がレフトの守備につく

中村晃がレフト→ファーストの守備につく

1:鈴木 レフトスタンドへのホームラン

ソ9-4広

2:松山 ライトフライ 1アウト

3:バティスタ レフトへのヒット 1塁
4:野間 フォアボール 1,2塁
5:會澤 センターへのヒット 満塁
6:安部 ライトスタンドへの満塁ホームラン

ソ9-8広

加治屋→嘉弥真にピッチャー交代

7:田中 三振 2アウト
8:菊池 ライトフライ 3アウト

8回裏ソフトバンクの攻撃

中田→一岡にピッチャー交代

1:明石 三振 1アウト
2:グラシアル ファーストフライ 2アウト
3:柳田 レフトへのツーベース 2塁
4:デスパイネ 敬遠 1,2塁
5:中村晃 ファーストフライ 3アウト

9回表広島の攻撃

嘉弥真→森にピッチャー交代

1:丸 三振 1アウト
2:鈴木 ライトへのヒット 1塁
3:松山 サードフライ 2アウト 1塁
4:バティスタ センターへのヒット 1,3塁

1塁走者バティスタ→上本に代走

5:野間 ファーストゴロ

ゲームセット

ソ9-8広

乱打戦を制し、ソフトバンクがなんとか逃げ切り、勝利しました。

プロ野球・テニス
執筆者:かつひろをフォローする
【今なら30日間無料】本を聴く?Amazon Audible(オーディブル)とは?かつひろも超おすすめ!

「本を読む時間がない…。」と悩むそこのあなた!朗報です!

なんと、プロの朗読家の声で【本を聴ける】Amazon Audible(オーディブル)が、今なら30日間無料!

知識を蓄えビジネス力を高める大チャンス!

【いつまで30日間無料か分からない】ので、このチャンスを逃さないように!
 
\30秒で簡単登録はこちら!無料期間中の解約も簡単!/

日常に潤いをもたらす!知って得する情報デリバリー

コメント

タイトルとURLをコピーしました