スポンサーリンク

【彼女のいびきがすごいとき】伝えるべき?8つの対策方法とは!?




About Author




「彼女のいびきがうるさすぎて気持ちが冷めた。」

「彼女のいびきをなんとかしたいんだけど、どうすればいい?」

このように、彼女のいびきに頭を悩ませている男性は多いでしょう。

私もかつて、あまりに彼女のいびきがうるさすぎて、耳栓をして寝たことがあります。

次の日の朝、私が耳栓をしていることに気付いた彼女に「いびきがうるさいならコソコソせずにはっきり言ってよ!」と激怒されて、恋心がキンキンに冷めてしまいましたけどね。

そこで本記事では、彼女のいびきがすごい時に、恋心が冷めてしまいそうになった時の考え方や、いびきしていることを彼女に伝えるべきか否かについて、私なりの見解を述べます。

また、いびきがうるさい彼女への対策方法もご紹介していきます。

※いびき対策として有効な鼻呼吸テープを使うことをおすすめします。何もあなたが我慢し続ける必要はありません。ストレスの根本解決のため、彼女に勇気を出してプレゼントしてみましょう。

彼女のいびきに冷めたらどうする?

いびきと言えば、私はおっさんがかくものだとばかり思っていました。

しかし、色んな女性と寝ていると、意外にもいびきをかく女性って多いなと思うようになりました。

中には大音量で寝れないぐらいのいびきをかく女性もいますね。

なので、あなたの彼女がいびきをかいていても、「いびきをかくのは普通だ」と捉えてあげて下さい。

彼女のいびきに冷めてしまいそうになったら、「いびきをかくのは普通だ」ということを思い出してあげて下さい。

そもそも、いびきは無意識なので、止めることは難しいですしね。

※いびきの対処方法については後述します。


彼女に「いびきがすごいよ」と伝えるべき?言うべき?

まず結論ですが、あなたがストレスを感じ、我慢し続けられる自信が無いのであれば、はっきりと「いびきで眠れない」ということをはっきりと伝えましょう。

長く彼女と付き合っていくのであれば、絶対に言うべきです。

ただし、相手の悪いところ、しかも無意識のうちにしてしまっている行為を指摘するため、出来るだけマイルドに伝えるようにしましょう。

「ちょっといいかな?俺が神経質なのが悪いんだけど、○○ちゃんのいびきで寝れない時があってさ。」となるべく優しく伝えてあげましょう。

彼女のいびきがひどい時の8つの対処方法

それでは、彼女のいびきがひどい時の対処方法について、ご紹介していきます。

はっきりと伝える

すでに前述しましたが、彼女のいびきがひどい時の対処方法として最も有効なのは、勇気を出してはっきりと伝えることです。

出来る限りマイルドに伝えてあげるようにしましょう。

いびき対策の鼻呼吸テープを使う

いびきは、無意識のうちにやってしまっているので、いびきを直すことは困難です。

そこで、いびき対策の鼻呼吸テープを使うように提案してみましょう。

自然と鼻呼吸が出来るようになりますので、健康にも良いです。

彼女がいびき対策の鼻呼吸テープを使うことを気にするようであれば、あなたも一緒に使ってあげましょう。

耳栓をする

本記事の冒頭でも述べましたが、私はこっそりと耳栓を使ったところ、めちゃくちゃ彼女に怒られてしまいました。

やはりはっきりと「いびきで寝れない」ことを彼女に伝えた上で、耳栓を使うようにしましょう。

最初は耳栓をしながら寝ることに違和感がありますが、すぐになれます。

むしろ、全く音が聞こえなくなるので、快眠を得られる人も多いでしょう。

ただし、お互いに寝付きが悪い時に、会話ができなくなるのが難点です。

別々の部屋で寝る

安眠は、健康のために欠かせません。

彼女のいびきによって睡眠不足が続くと、健康状態によくありませんし、仕事にも悪影響が出るでしょう。

しかも、睡眠不足の彼女にイライラして、彼女に冷たく当たってしまう時もあるでしょう。

それならば、いっそ別々の部屋で寝るということも考えましょう。

彼女にいびき対策をしてもらっている期間だけでも、別々の部屋で寝ることは有効でしょう。

しかし、たまには一緒に寝るようにしましょう。

やはり離れて寝続けていると、二人の愛が冷めてしまう可能性が高まりますしね。

彼女にフィットする枕を使ってもらう

仰向けやうつ伏せで寝ると、気道が狭くなってしまい、いびきをかきやすくなります。

そのため、横向きで寝やすくなるように、彼女にフィットする枕を使ってもらうようにしましょう。

枕専門店に行くと、オーダーメイドでその人その人に合った枕を作ってもらえます。

一緒に枕を買いに行ってあげると良いですね。

ダイエットしてもらう

先ほどは、寝る体勢で気道が狭くなり、いびきをかきやすくなるとお伝えしました。

しかし、寝る体勢だけでなく、太っている人は首周りの脂肪によって、気道が狭くなっていびきをかきやすくなります。

よって、「一緒に健康のために運動しようよ!」と、自然にダイエットさせてみるのも一つの手です。

また運動だけでなく、ダイエットサプリを活用するのも良いでしょう。

ダイエットサプリでは、圧倒的にファンケルの「カロリミット」をおすすめします。

カロリミットは、ダイエットサプリという数多の商品の中で【楽天売れ筋ランキング】【Amazon売れ筋ランキング】共に【1位】を獲得しております。

大人のカロリミット 約90日分(徳用3袋セット)【ファンケル 公式】

また、乗るだけ楽々に運動ができる画期的な振動マシンの「ドクターエア」もおすすめです。

ぜひ、カロリミットやドクターエアの購入を検討して下さい。

動き出すなら、今この瞬間です。

現状を変えないと、これからも変わることはできないでしょうから…。

ドクターエア 3DスーパーブレードS

ドクターエア 3Dスーパーブレードスリム【コンパクトモデル】

病院に行く

いびき外来などで専門の医者に相談するのも、一つの手です。

いびきの原因として、深刻な病気を患っている可能性がありますので、病気の早期発見のためにも、病院にいくことを検討しましょう。

寝る前の飲酒をやめさせる

寝る前に飲酒すると、眠りが浅くなり、いびきをかきやすくなります。

よって、彼女が寝る前に飲酒する習慣がある場合は、寝る前の飲酒をやめさせるだけでも、いびきが収まる可能性があります。

ぜひ、試してみて下さい。

いびきに加えてよだれがすごい時はどうする?

いびきだけならともかく、よだれの量がすごい女性もいます。

そんな時は、よだれかけを買ってあげましょう。

「よだれかけなんて恥ずかしい!」と反発を受けるかもしれません。

そんな時は、「俺もするから」と一緒にしてあげましょう。

彼女のいびきを愛おしいと感じられるなら対策は不要

彼女のいびきに悩まされる男性は多いでしょう。

しかし、彼女のいびきを愛おしいと感じられるようになったなら、対策は不要です。

それに、最初は不快でも、徐々に慣れてきて、いつの間にか気にならなくなったという場合もあります。

少し様子を見てみましょう。

どうしても我慢できない時は、本記事の通り、対策を講じてみることをおすすめします。

あなたが彼女と安眠できることを願っております。

本記事が少しでもあなたのお役に立てたなら、下記のシェアボタンで、ぜひ本記事をみんなにもシェアしてあげてください。

ー以上ー

関連コンテンツ
投稿本文下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする