スポンサーリンク

【浮気されやすい女性の発言】元浮気男が教える男が浮気する原因となる言葉とは?




About Author




【浮気されやすい女性の発言】元浮気男が教える男が浮気する原因となる言葉とは?

まず始めに、浮気をする男が最低であることは間違いありません。

それを分かってはいても、男は浮気をしてしまいます。

男が浮気をしてしまう要因は様々ですが、その中の一つとして、女性が普段口にする何気ない一言がきっかけになることも、往々にしてあります。

そこで本記事では、私が元浮気男であるからこそ分かる、男が浮気に走ってしまう浮気されやすい女性の発言をまとめました。

もう一度言いますが、浮気をした男が最低であることに変わりはありません。

男を浮気させやすくする発言を知り、男を浮気させないように、気をつけてあげましょう。

※本記事と共に読みたいおすすめ記事はこちら!

「ちょっと疲れているから、また今度、ね?」

夜の活動を断り続けると、男性は浮気をしやすくなります。

疲れているからダメとか、生理的に無理になったとか、理由がどうかというよりも、完全に否定されることで想像以上に男は傷つきます。

乗り気じゃない時期もあるとは思いますが、その場合は手でしてあげるなどしましょう。


「休みの日はどっか連れていってよ。」

仕事で忙しい時期は疲れが溜まり、休日までぐったりしてしまうことがあります。

そんな時に、どこか連れて行くように催促するのは、正直酷です。

しかも、どこか連れてってと言われると、連れて行く場所を探すところからしなければなりません。

ここに窮屈さを感じ、ストレスが溜まり、そのはけ口として、浮気という手段に走る場合があります。

できる限り「ここに行きたい」と明確に行きたい場所を伝えるのと、「行ける時に行けたら大丈夫だよ」と一言添えてあげることで、男を追い込まないようにしてあげましょう。

「ゴロゴロばかりしてないでちょっとは家事手伝ったら?」

まあ、家でゴロゴロばかりしている男が悪いのは重々承知の上ですが、こんな言い方をされてしまうと、イラッとしてしまいますよね。

「机の上だけ拭いといてもらってもいい?」というように、明確な指示と、簡単にできる低めのハードルの作業を与えてあげましょう。

家の中で不満を溜めさせると、それが爆発し、外の世界でストレスを発散させる方法を探し始めるので、気をつけましょう。

「あの車凄いよね!」

たとえ女性に他意が無くても、劣等感が強めの男性は、他の人が褒められると、まるで自分と比較されて貶められているように感じてしまいます。

特に、例えば軽自動車に乗っている男性と付き合っている場合は、あの車凄いねなんて言うと、恥ずかしさを感じてしまいますよね。

恥をかかされると、一気に冷めてしまうのも男のあるあるです。

女性はめんどくさいと男は言いますが、男も大概めんどくさいですよね、、、。

男の劣等感には気をつけましょう。

「週末何時に出かけるんだっけ?あと、どこ行くんだっけ?」

別に全くやましいことが無くとも、男は女性に細かく詮索されると、窮屈に感じてしまいます。

「別に俺が何時にどこで何をしても関係ないよな!」と思ってしまいます。

窮屈に縛られると、自由に好きな時間に会える都合の良い関係を求めてしまいます。

そして浮気に癒しを求め、ズブズブとハマっていってしまいます。

細かく詮索し過ぎないように気をつけましょう。

「ずいぶんとあの娘と仲良さそうだね」

恋人が女性と仲良さそうに話していることに嫉妬して、嫌みな一言を言ってしまいたくなるのは分かります。

しかし、男性は必要以上に嫉妬されると窮屈に感じてしまいます。

こんな風に言われてしまうと「確かにあの娘はいい子だし、可愛いし、あの娘の方が俺と合うかも、、、。」と男性が思ってしまう可能性もありますので、過剰に嫉妬した発言は避けましょう。

「もしかしてあの娘の事好きになっちゃったとか!なんちゃって!」

嫉妬心に抗えず、冗談っぽくしながら嫉妬発言をしてしまうのは、いただけません。

特に、「あの娘のことが好き」というように、男性に新しい女性への気付きを与えてしまう発言は、非常に危険です。

「確かに、俺ってあいつのこと好きになっているのかも」というように意識し始めると、恋人関係の崩壊が始まってしまいます。

他の女性を絡めた発言には、十分注意する必要があります。

-以上-

※本記事と共に読みたいおすすめ記事はこちら!

関連コンテンツ
投稿本文下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする