スポンサーリンク

滑舌をすぐに良くする超簡単な10のテクニック!劇的な滑舌改善方法




About Author




滑舌をすぐに良くする超簡単な10のテクニック!劇的な滑舌改善方法

「あの人みたいにハキハキと話せる人になりたい。」

職場やサークル活動などで、そのような憧れの人がいる方は多いでしょう。

しかし、話し上手になるのは、そう難しいことではないんです。

そこで本記事では、超簡単に話し上手になれる会話術について、ご説明していきます。

特に本記事では、滑舌良く話すマル秘テクニックをテーマに絞って、お伝えしていきます。

滑舌良く話すテクニック①口を大きく動かす

滑舌良くハキハキと話すことができる話し上手は、ほぼ例外なく、口を大きく動かして話すことを意識しています。

聞けば当たり前のように感じるでしょうが、あなたは人と話すとき、口を大きく動かしていると自信をもって言えますか?

おそらく、自分は口を大きく動かしていると即答できる人は、そういないでしょう。

口をあまり動かさずに話す人は、言葉が口の中から飛び出しにくく、モゴモゴと話してしまいます。

一方、口を大きく動かす人は、それだけで言葉が口の中から勢い良く飛び出し、ハキハキと話せる人になれます。

今日からあなたも、口を大きく動かすことを意識しましょう。


滑舌良く話すテクニック②腹式呼吸をする

プレゼンや打ち合わせなど、話すタイミングが分かっている場合は、事前に腹式呼吸をして、呼吸を整えておきましょう。

腹式呼吸のメリットとしては、プレッシャーがかかる場面でも平常心が保てたり、大きな声を出しやすくなるということが挙げられます。

腹式呼吸のやり方は、簡単です。

まずは、息を吸うのではなく、口から全て吐き出します。

息を出し切ったと思ってから、23秒さらに出し切ろうとしましょう。

息は、ゆっくりと吐き出しましょう。

その後、息を吐き出した時間の2倍くらい時間をかけて、息を吸い込みましょう。

息を吸うときは、鼻から吸い込みましょう。

これを、何度も繰り返しましょう。

話し上手な人は、腹式呼吸を上手く使う習慣ができています。

あなたも、今日から腹式呼吸をマスターし、落ち着いて話すことができるようになりましょう。

滑舌良く話すテクニック③息を吸ってから話す

プレゼンとは異なり、日常の中では、いつ話しかけられるか分かりません。

急に話しかけられたとき、いきなり話しを返さずに、まずは息を吸ってから話すようにするだけで、かなり声を出すのが楽になります。

また滑舌良く話し始めることができるようになります。

呼吸が安定しないと、落ち着いた気持ちで話せません。

また、呼吸が不安定な状態は、口ごもってしまったり、滑舌が悪くなる原因となります。

話す前は、息を必ず吸ってから、話すようにしましょう。

滑舌良く話すテクニック④単語や文章の切れ目で間を取る

話し上手な人は、単語や文章の切れ目で間を取るように、話します。

そうすることで、自分自身が話しやすくなるだけでなく、聞き手が理解しやすくなります。

さらに、聞き手があいづちを打ったりうなづいたりする余裕も生まれ、より話に引き込むことができるでしょう。

その結果、滑舌良く話せますし、聞き手も話がわかりやすくなるでしょう。

滑舌良く話すテクニック⑤その場面を想像しながら話す

例えば、自分の過去の失敗話をネタにして笑いを取りいく場合、どのように話しを展開しようかということにばかり、頭を悩ませてしまいます。

しかし、最も大切なのは、自分自身がそのときの場面を、鮮明に想像することこそが、大切なんです。

話し手が、しっかりと想像しながら話をすることで、話には臨場感が生まれます。

さらに、そのときの感情が蘇ることで、あなたの言葉は生き生きとし始めることでしょう。

感情を込めることで、話しやすくなりますし、聞き手もあなたの話に引き込まれます。

そうなると、あなたは周りから話し上手だと思われるようになるでしょう。

滑舌良く話すテクニック⑥話し始めは特にゆっくり話す

ほとんどの人は、話し始めから話し終わりまでの話のスピードを意識することはないでしょう。

しかし、話において、スピードは非常に大切な要素です。

特に話し始めは、聞き手は今からどんな話をするのかを知らないため、ゆっくり話さないと、理解が追いつかないことがあります。

話すスピードを意識したことがない人は、要注意です。

なお、話し始めほどではないにしろ、序盤以降も、速過ぎないように意識することが大切です。

速く話してしまうと、聞き手が理解しにくいだけでなく、自分自身の滑舌も悪くなります。

このダブル効果で、あなたは話し下手と思われてしまうでしょう。

滑舌良く話すテクニック⑦聞き手が聞こえやすいか?と話している最中に意識する

話し上手な人は、「この人は話が上手だ」と思ってくれる聞き手がいるからこそ、話し上手なんです。

つまり、聞き手が聞きやすい話ができていることが、必要条件ですが、この部分を意識できていない人が多いと思います。

話し上手な人は、自分が話している最中でも、「聞き手が聞こえやすい話ができているか?」ということを考えています。

聞き手ファーストの意識があるから、話し上手なんです。

あなたも今日から、「今自分は聞き手が聞こえやすい話し方ができているか?」と常に意識できるように、注意してみましょう。

この配慮ができれば、間違いなくあなたは話し上手の道を進み始めたと言えるでしょう。

滑舌良く話すテクニック⑧短い文で話す

一つの文には、一つから二つまでの意味しか持たせないようにすることが大切です。

句読点(、や。)で区切らずに、長い文章を話し続けてしまうと、息が続かなかったり、何を言いたかったのか混乱してしまいます。

聞き手も、長い文章をダラダラと話されても、なかなか理解できないでしょう。

そのため、できる限り、短い文で話すことを意識しましょう。

一つの文には、一つから二つまでの意味しか持たせないようにすることで、あなたは話し上手に近づくことができるでしょう。

滑舌良く話すテクニック⑨専門用語は控える

聞き手への配慮や優しさとして、専門用語は控えるようにしましょう。

自分と同じ業界かつ職種の人に対しては、専門用語を使用しても良いでしょう。

しかし、それ以外の人には、できる限り専門用語は使わず、優しい表現を使うことを意識付けましょう。

自分の常識が、相手の常識と一致するとは限りません。

話し上手な人は、自分が社会人でも、中学生相手にもしっかりと分かるように説明できます。

滑舌良く話すテクニック⑩堂々と話す

結局、話し上手な人は、堂々と自信を持って話すことが、絶対条件です。

堂々と話すためには、アファメーションというテクニックを使いましょう。

アファメーションとは、自分自身を肯定する言葉を、自分自身に投げかけることで、思考や行動をポジティブに変えることです。

「自分は話し上手だ!今回のプレゼンは間違いなく大成功となる!」

このように、はっきりとした自己肯定の言葉を、自分に何度も投げかけましょう。

そうすることで、自信がみなぎり、堂々と話すことができるようになるでしょう。

ー以上ー

関連コンテンツ
投稿本文下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする