スポンサーリンク

【お酒が飲めない=つまらない人と思われない極意】爆笑を取る方法




About Author




「お酒が飲めない人って、やっぱりつまらない人って周りの人に思われる?」

「お酒が飲めないと、合コンやデートで盛り上がれない?引かれない?」

このように、お酒が飲めないことで、頭を抱える人は多いでしょう。

確かに、お酒が飲めないと、周りのテンションに合わせるのが難しかったり、付き合いが悪いと思われるかもと不安になりますよね。

お酒弱者は、お酒が飲めないことに対して、どうしても後ろめたい気持ちを持ってしまいますよね。

そこで本記事では、お酒が飲めないことで悩んでいる方に向け、お酒が飲めない=つまらない人と思われない極意について、ご紹介していきます。

本記事を読めば、お酒が飲めないことで、つまらない人だと言われにくくなるでしょう。

ウーロン茶を誰よりも美味しそうに飲んで「カーッ!アルコールが身体を駆け巡る―!」と叫ぶ

アルコールを飲めない人は、いかにソフトドリンクを美味しそうに飲む姿を見せるかということが大切です。

「俺はお酒飲めないから大人しくしておこう。」

「私はお酒飲めないし隅っこでひっそりご飯を食べよう。」

このように、お酒を飲めないことに負い目を感じることが、あなたがつまらない人だと思われる原因である可能性があります。

お酒を飲めないの上等。

ウーロン茶を誰よりも美味しそうに飲んで「カーッ!アルコールが身体を駆け巡る―!」と叫んでみましょう。

「いやアルコール0%やん!」と誰かがツッコんでくれるはずです。

お酒を飲めないことに負い目を感じてコソコソとする必要はありません。

お酒を飲めないことに対して、大いに開き直りましょう。


「酒は飲んでも飲まれるな。俺は飲んだら吐きまっしょい。」とわけのわからないことを言う

お酒が飲めないことをネタにして面白おかしく言うことこそ、あなたがつまらない人だと思われない極意になります。

一例として挙げると、「酒は飲んでも飲まれるな。俺は飲んだら吐きまっしょい。」とわけのわからないことを言ってみましょう。

別に意味なんてなくて良いんです。

意味よりも語呂の良さを重要視しましょう。

「この人、お酒飲めないままの方が面白いかも。」と思われたらあなたの大勝です。

自分で手書きした診断書を持っておく

言葉巧みにお酒が飲めないことを笑いに変えられない人は、「お酒が飲めないことが書かれた診断書」を、飲み会に持参していくことをおすすめします。

ガチの医者の診断書ではなくて、自分で好き勝手に書いた手書きの診断書で良いです。

「いやいや、俺本当にお酒飲めないから!医者から診断書を出してもらってるから!」と言って、用意しておいた診断書を出しましょう。

・アルコール飲んだら即昇天

・血液の億分の1リットルでもお酒を飲んだら3日間の入院生活

このように、お酒を飲めないことをネタにして、小道具を使うのも一つの手です。

「今日はソフトドリンクたくさん飲むぞー!」と言ってウコンを一気飲みする

ソフトドリンクしか飲まないので、飲み会や合コンの場でウコンを飲む必要性は全くないのに、あえてウコンをみんなの前で一気飲みしてみましょう。

言動がまったく一致しない裏腹な姿を見せることで、あなたは面白い人だと思われるでしょう。

「お酒を飲んでいないのに面白い人」という印象を相手に持ってもらえたなら、間違いなくあなたはモテるでしょう。

自分で「一気!一気!」と言いながらソフトドリンクを飲み干す

一気飲みと言えば、誰もがアルコールを一気飲みすると勘違いするでしょう。

そこであなたは、「一気!一気!」と発言して注目を集めた後、堂々とソフトドリンクを一気飲みしましょう。

そしてその後みんなからツッコまれたら「え?何を一気飲みするかは言ってへんで?」ととぼけましょう。

盛り上がりますし、自分に注目を集めることが出来ます。

最近はアルコールの一気飲みは厳禁ですが、ソフトドリンクであれば問題ありませんので、気にせず試してみて下さい。

「水の水割りを頼む」とお酒っぽく注文する

水割りと言うと、やはりお酒のイメージがありますよね。

そこで、「水の水割りを頼む」とお酒っぽく注文してみましょう。

「いや、結局シンプルな水やん!」とツッコまれることでしょう。

アルコールをちょびっとだけ飲んで「肝臓がフル稼働し始めたようだ。」と言う。

アルコールに敏感に身体が反応するという設定を自分に盛り込んでも良いでしょう。

アルコールがほぼ飲めない人は、アルコールをちょびっとだけ飲んで「肝臓がフル稼働し始めたようだ。」と言ってみましょう。

周りの反応が良ければ、続けて「心拍数が300は超えてきたなぁ。」「身体中の血液が3倍速で駆け巡ってただいまパーリナイ状態や。」と、自分の身体の状態をおおげに伝えましょう。

どれだけ大げさに、お酒に敏感な身体の状態を伝えられるかが大切ですので、上記例のように、盛りに盛りましょう。

「お酒を飲んだらエロ太郎化するから。飲ませた人は責任を取るように。」と宣言する。

合コンの場などで、異性からしつこくお酒を飲むように勧められたときは、「お酒を飲んだらエロ太郎化するから。飲ませた人は責任を取るように。」と宣言しましょう。

笑いを取りつつ、お酒を飲まない方向に流れを持っていきましょう。

それでも強くお酒を勧めてきたならば、相手はあなたのことを気になっている可能性がありますので、こちらからも積極的に攻めていきましょう。

ただし、結局流れに押し切られてお酒を飲まされないように気を付けましょう。

お酒が飲めなくなったエピソードを用意しておく

お酒が飲めなくなったエピソードをいくつか持っておくと良いでしょう。

一例を挙げると、「酒に酔い過ぎて、彼女と勘違いしてオカンに電話して、愛を述べてしまったことがトラウマとなり、お酒が飲めなくなった。」とか、「酔い潰れて記憶を無くし、朝起きたら見知らぬホテルで全身が青痣だらけになっていた。」なんてエピソードを用意しておきましょう。

真っ赤なウソは避けた方が無難でしょうが、多少の脚色はオーケーでしょう。

結論!お酒が飲めなくても、準備万端であれば面白い人だと思わせられる

本記事の結論ですが、お酒が飲めなくても、準備万端であれば、面白い人だと周りの人に思ってもらえることは十分に可能です。

確かに、アルコールでブーストをかけられないので、お酒が飲めない人はトークやノリの良さでは不利だと言えます。

その分、少し面白いことが言えると、「この人はシラフなのに面白くて凄い!」と思ってもらえるでしょう。

お酒が飲めないからと言って、合コンや飲み会で活躍できない訳ではありません。

ぜひ本記事を参考にし、合コンや飲み会で活躍しましょう。

本記事が少しでもあなたのお役に立てたなら、下記のシェアボタンで、ぜひ本記事をみんなにもシェアしてあげてください。

ー以上ー

関連コンテンツ
投稿本文下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする