スポンサーリンク

【日産グローバル本社ギャラリー】日産車に触れて楽しいスポット




About Author




【日産グローバル本社ギャラリー】日産車に触れて楽しいスポット

日産グローバル本社ギャラリーは、その名前の通り、日産 グローバル本社の1階にあり、様々な日産車に触れたり乗ったり写真を撮ったりして楽しむことができるギャラリーです。

神奈川県横浜市にありますので、横浜旅行に行った際は、立ち寄ってみると思った以上に楽しいですよ!

特にお子さんは喜んでくれると思いますよ♪

詳細は後述しますが、置いてある車は、世界で販売している車から歴代の車、レーシングカーなど、幅広く展示しています。

また、ギャラリーの中には、日産車のミニカーやオリジナルの小物を販売してくれる日産ブティックがあり、そこでお土産も買えますので、デートや家族とのお出かけにも適しています。

さらに、テラス席を備えたギャラリーカフェもあります。

週末行くことになる方が多いと思いますが、週末は、ファミリーイベントが開催されていることもしばしばありますので、何度行っても飽きずに楽しむことができます。

なんだか思っていた以上に楽しくなりませんか?笑

それでは、基本的な情報から、実際行ってきた写真と感想を記していきます。

基本情報

《住所》

〒220-8686
神奈川県横浜市西区高島一丁目1番1号

《定休日》

不定休

《営業時間》

10:00~20:00

《入場料》

無料!(嬉しい限りです)

《公式ホームページ》

http://www.nissan.co.jp/GALLERY/HQ/

※お休みの日などの最新情報は、上気公式ホームページをご確認下さい。

《アクセス》

①JR・京急線「横浜駅」徒歩7分(はまみらいウォーク先)

②横浜高速鉄道みなとみらい線「新高島駅」より徒歩5分(3番出口)


行ってきた感想や写真

日産グローバル本社ギャラリーに到着してまず驚いたのが、入場料が無料だというところですね!

さすが世界に名を轟かせる自動車メーカー、太っ腹です!笑

そしてすぐにまた驚かされるのですが、ここは車の展示だけじゃないところも見どころですね♪

こちらは「ホイールオブイノベーション」という彫刻作品です。

日産自動車が21世紀初頭に生み出した、価値と変革を象徴しているアート作品です。

5つの大きな車輪は、1999年から2017年までの日産自動車の成長を支えた「グローバリズム」、「サステナビリティ」、「チャレンジ」、「アライアンス」、「ダイバーシティ」の5つの柱を表しているのだそうです。

世界を股にかける自動車メーカーである日産自動車の進化と創造を表した、美しくも壮大なアートですね!

こちらは、2階から見た1階のギャラリーの様子です。

新しく日産ブランドアンバサダーに任命された大坂なおみ選手が大々的に取り上げられていますね!

世界の頂点を目指して熱く戦い続ける大坂なおみ選手の姿勢が、日産のチャレンジングスピリットに似通っていることから、アンバサダー就任が決まったようです。

グランドスラムの1つである全米オープンで優勝を果たした大坂なおみ選手のように、日産にも頑張って欲しいですね!

(まさに今、カルロスゴーンの問題で日産は苦しんでいますが、まさに日本の技術が詰まった日産には、頑張って欲しいところです!)

このスタイリッシュなレースマシンは、NISSAN FORMULA Eです。

日産は、電動フォーミュラで競うフォーミュラEに、2018年12月から参戦予定です。

その際に使用予定のマシンが、このNISSAN FORMULA Eのようです。

ちなみにこのかっこいいカラーリングですが、これは超音速飛行した戦闘機が生み出す『ソニックブーム』という衝撃波をイメージして生み出されたようです。

カラーリングも由来もかっこいいですね!

フォーミュラEマシンの今後の活躍に注目したいですね!

こちらは日産の代表車、ノートです。

ノートの基本的なグレードとしては、「S」、「X」、「X DIG-S」、「メダリストX」、「メダリスト」、「NISMO」の6つがあります。

グレードが多すぎてなんだかよくわからなくなりますが(笑)、上気写真はメダリストですね。

ちなみにこのメダリストは、メダリストXの上位グレードです(Xの方が凄そうですが、逆です)。

特徴としては、ECOモードスイッチ・インジケーターや日産エコメーターなど、MEDALIST(X DIG-Sも)限定の装備が付いているところですね。

こちらはLEAFです。

日産の電気自動車(EV)と言えば、このLEAFですね。

世界初の量産型EVということもあって、やはりデザインが他のエンジン車と異なりますね!

それもそのはずで、日産は、エンジン車とはひと目で違うとわかるような存在感を出すことを意識していたようです。

グリルのないフロントマスクだったり、鋭くつり上がったライトなど、新しさを強く前面に押し出したデザインが、LEAFならではですね。

ちなみに充電プラグを刺す体験もできますよ♪笑

淡いピンク色のマーチ、可愛いですね♪

ハッチバック型のコンパクトカーとして、根強い人気があります。

この写真はピンクですが、他の色では、男性からも人気があり、まさに日産の中でもトップクラスの人気を誇る車です。

無論、日産の中だけでなく、コンパクトカーというジャンルでも、トップクラスの人気を集めています。

こちらは日産のミニバンの代表車、セレナです。

上気写真のグレードはハイウェイスターで、ハイウェイスター独特のエクステリア(全体的な外観)とアルミホイールが良いデザインです。

セレナはなぜか後ろガラ空き状態で放置されていました。笑

ですが、その姿に自慢の収納力を感じられますね!

こちらは、NISSAN GT-Rです。

日産のトップであるスーパースポーツカーだけあって、ギャラリーの中でも、やはりその存在感は圧倒的でした、、、!

空気抵抗やダウンフォース、冷却性能という走りに欠かせない3要素を、高いレベルで実現するために考え抜かれた空力デザインは、圧巻ですね!

ここに来たら、このNISSAN GT-Rは絶対まじまじと見つめるべきですね。笑

こちらはフェアレディZです。

フェアレディZは、クーペタイプのスポーツカーで、比較的安い価格帯の車です。

スポーツカーというと、やはり高額な印象が付きまといますが、このフェアレディZは500万ほど(もちろんオプションなど様々な要因に左右されますが)という、一般人にも十分手が届く範囲のスポーツカーです。

ちなみに名前のフェアレディは、美しいお嬢さんという意味を持ちます。

その名前にふさわしく、日産車の中でも最も美しいと言えるほどの外観をしています。

もちろん現地に行けば、実際に乗ることができますので、せっかくなのでぜひ乗ってみてくださいね♪

こちらは、FUGAです。

エンブレムが見慣れた日産のものではありませんが、こちらもちゃんと日産車です。

こちらはインフィニティエンブレムといって、無限の彼方へと向かう開けた道と富士山を表現しているそうです。

このインフィニティ(INFINITI)エンブレムが付いている車は、日産が国外で展開をしている自動車というマークのようです。

基本的には、インフィニティ(INFINITI)マークが付いていれば、日産が国外で展開している高級車と思って間違いないです。笑

こちらは、日産のIDSコンセプトを表したものです。

このコンセプトには、2つのドライブモードがあり、1つは自分で運転するモードであり、もう1つが、プロパイロットモードと呼ばれる、いわゆる自動運転モードになります。

上記写真の通り、プロパイロットモードでは、ハンドルやペダルなどの操作系が格納され、その代わりに、発進や車線変更を指示できるPDコマンダーが現れます。

なんだか近未来感満載で、楽しいですね♪

PDコマンダーだけでなく、音声でも操作ができるようになるらしく、本当に新しい技術にはワクワクさせられますね!

まだまだたくさんの日産車がありましたので、あとは皆さんの目で、実際に見てみて下さいね♪

日産グローバル本社ギャラリーで日産車に詳しくなろう!

日産グローバル本社ギャラリーは、当然日産公式のギャラリーなので、常に新しく正確な日産車の情報を、より身近に学ぶことができます。

日産車の購入を考えている方は、ぜひとも観に行ってみて下さい。

実際に触れたり乗ったりするのは、購入の参考になりますし、購入を検討していなくても、シンプルに楽しい経験となります。

ちなみに私はデートで行きましたが、彼女も非常に楽しそうにひと時を過ごしてくれました。

いつもとは違うデートスポットとしても、刺激があって楽しいですよ♪

ぜひ横浜にきたら、この日産グローバル本社ギャラリーは、おすすめできるスポットです。

関連コンテンツ
投稿本文下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする