★超おすすめ!【今なら30日間無料】小説・マンガ・自己啓発本が読み放題!Amazon kindle unlimited
公式はこちら!30日間無料で試してみる➡

社会人として最低限必要な習得しておきたい13個の礼儀やスキル

社会人として最低限必要な習得しておきたい13個の礼儀やスキル

※社会人としてちゃんと出来ているか不安なら要チェックです。

貴方は一人前の社会人としての立ち居振る舞いが出来ていると、自信を持って言えますか?

また学生さんは、社会に出てすぐに一人前の社会人としてやっていける自信はありますか?

上記のような自信がない方は、ぜひ本記事を参考にしてみて下さい。

本記事では、社会人として最低限必要な習得しておきたい礼儀やスキルをまとめています。

社会人になると、必要な礼儀やスキルはある程度仕事の中で鍛えられていきますが、しっかり意識していかないと、一人前と言えるレベルには、到底到達できないと考えられます。

そのため、社会人として一人前になるためにも、まずはどういう礼儀やスキルが必要となるか知ることは、非常に重要となってきます。

ぜひ本記事を活用してみて下さいね♪

※基本的には、社会人全般に必要な礼儀やスキルを書いていますが、中には職種によっては当てはまらないものもあるかもしれませんので、ご了承下さい。

正しい敬語

恥ずかしくないレベルの敬語は必要です。

実際の職場内では、ある程度の目上の人なら「〜っすね!」と砕けた話し方でも問題ありませんが(実は私もこんな感じ笑)、社外である客先との打ち合わせでこんな言葉遣いは、恥ずかしくてできませんよね?

恥ずかしいどころか、会社を背負って出向いている訳ですから、会社自体の評判を下げかねません。

一緒に打ち合わせに参加した上司に赤っ恥をかかせてしまうのも忍びないですね。

敬語は日頃から意識してトレーニングしておかないと、いざという時に困ります。

また、一朝一夕で身に付くものではありませんので、毎日が練習だという意識で、敬語を使っていくことが大切です。


メールの文言

言葉と違って、メールは記録として残ってしまいますので、きちんとした文言を送ることができるようにしておきたいところです。

会社外だったり、上司を含め大人数にメールを送信する際は、気をつけましょう。

また、個人的なやりとりをしているだけと気を抜いていたら、そのメールのやりとりが必要となり、相手方に大人数に転送されてしまうことだってあります。

基本的には、同じ部署であれば問題ないことが多いですが、いざという時に、正しい文言のメールが送信できるようにしておくことが重要です。

一分一秒を争う時に、メールの文章が正しい日本語になっているか調べている暇なんてありませんので、メールの基本を習得しておきましょう。

英語

仕事や日常で英語に関わらない人は、一切意識したことがないかもしれませんが、グローバル化が進む現代では、もはや英語は必須スキルです。

つい最近、ついに翻訳機が発売されましたが、実際に使った人に感想を聞いたところ、まだまだ荒さが残るようです。

それに、電話や大人数の会議など、翻訳機ではなく、自分自身が発する英語が必要な場面は、これから先もしばしばあることが予想されます。

英語は突然やってくる、という言葉を聞いたことがありますが、会社の合併や部署異動、海外転勤・海外出張など、本当に英語が必要になるときが突然やってくるかもしれません。

その時がきてから準備し始めたのでは遅いので、しっかりと日頃から英語力を培っておきましょう。

それに、日本への外国人旅行客が年々増えていますので、英語で道を教えたりできると、めちゃくちゃカッコ良いですよね!笑

そういう意味でも、英語力は欲しいですね。笑

名刺の渡し方

これまたビジネスマンには必須スキルですね!

ある程度のルールさえ覚えておけば、様にはなりますので、最低限のルールは覚えておきましょう。

名刺の渡し方でググると、山ほど出てきます。

報連相

これはビジネスマンにとっては最も重要といっても過言ではないぐらい、重要なことです。

ビジネスにおけるホウレンソウという言葉は、ほとんどの方が聞いたことがあると思います。

報告・連絡・相談の略称で、この3つは常に意識しておいた方が良いです。

大事になってからでは遅いので、頻繁に上司に報告・連絡・相談をする癖を付けておきましょう。

若手の頃は、上司にちょっとうざがられるぐらい小まめにホウレンソウをするぐらいで良いと思います。

目的意識

目的と手段を履き違えたり、目的を見失ってゴールを間違えないように、仕事をする上で、常に目的意識を持つことは重要です。

例えば、地面を掘れば掘るほど金塊が出てくる土地があるとします。

目的はもちろん、お金を稼ぐことであり、効率良く地面を掘って金塊を手に入れることは、目的を達成するための手段となります。

しかしここで、地面を効率良く掘ることを目的にしてしまうと、地面を効率良く掘れるようになったものの、金塊もろとも掘り進めてしまい、かえって収穫できる量が減ってしまった、なんてことになりかねません。

このように、目的と手段を履き違えないように、常に目的意識は持つようにしましょう。

スーツの着こなし

日常業務の中では、別段そこまできっちりする必要はありませんが、他会社への出張や、セミナー受講の際には、きちんとスーツが着こなせるようにしておきましょう。

特に目立つのは、ネクタイの結び方ですね。

ちゃんと結べるようにしておきましょう。

冠婚葬祭のマナー

社会人になると、会社内で多くの知り合いができますので、冠婚葬祭の機会がめちゃくちゃ増えます。

冠婚葬祭で恥をかく人は意外と多いので、きちんと事前に学んでおき、失敗しないように気をつけましょう。

日頃からの準備が大切です。

飲み会の立ち居振る舞い

お酒を注ぐ、料理を取り分ける、聞かれた質問に的確に答える、粗相をしない、上司を立てるトークなど、飲み会では多くのスキルが問われます。

まあ最近は、飲みニケーションという言葉を聞く機会も減り、どの会社も飲み会に対する姿勢がだいぶ緩くなったように感じます。

すぐパワハラセクハラで訴えられる時代ですものね。笑

でも見てる人は見てますので、飲み会で上手く立ち回れるように、飲み会には積極的に参加して、スキルを身につけておきましょう。

議事録の取り方

打ち合わせが多い部署では、議事録を上手く取る能力が問われます。

最低限、ホワイトボードに綺麗な字を真っ直ぐ書けるように、日頃から意識して練習しておきましょう。

誰もがストレス無く文字を読めることが大切です。

また、どこがポイントなのかを把握し、重要なところだけを書き出す必要があります。

そこを上手くまとめられるようになりましょう。

質問力

質問をする際は、何が聞きたいのか明確にして質問をするようにしましょう。

色々と捕捉情報や背景を加えて、話が長いわ結局何が聞きたいか分からないわという方がけっこういます、、、。

簡潔にまとめて質問できる能力を身につけておきましょう。

報告書を作成する力

背景や目的、結論、結果、所見などを理路整然と報告書にまとめる能力は、多くの会社で求められています。

とにかくまずは文章力を磨くことです。

誰が読んでも分かりやすい文章を心がけ、かつスピーディーに文章を書ける力を養っておきましょう。

とにかく日頃から文章を書いたり、本を読むことで、報告書を書く力を鍛えることができます。

専門知識など求められている能力を把握する

会社は自分に何を求めているのか?
上司は自分に何を求めているのか?

ということを常に自問自答することが大切です。

自分が何を求められているのかを正確に把握し、そのニーズに応える能力は、非常に重要です。

常にアンテナを張り巡らせ、求められていることができるようにしておきましょう。

自動車・ビジネス
執筆者:かつひろをフォローする
【今なら30日間無料】本を聴く?Amazon Audible(オーディブル)とは?かつひろも超おすすめ!

「本を読む時間がない…。」と悩むそこのあなた!朗報です!

なんと、プロの朗読家の声で【本を聴ける】Amazon Audible(オーディブル)が、今なら30日間無料!

知識を蓄えビジネス力を高める大チャンス!

【いつまで30日間無料か分からない】ので、このチャンスを逃さないように!
 
\30秒で簡単登録はこちら!無料期間中の解約も簡単!/

日常に潤いをもたらす!知って得する情報デリバリー

コメント

タイトルとURLをコピーしました