★超おすすめ!【今なら30日間無料】小説・マンガ・自己啓発本が読み放題!Amazon kindle unlimited
公式はこちら!30日間無料で試してみる➡

【速読の極意】本を速く読めない人必見のおすすめの速読のコツややり方

【速読の極意】本を速く読めない人必見のおすすめの速読のコツややり方

本をより早くたくさん読みたい!

こう考えている人は多くいらっしゃると思います。

しかし、なかなか速く読めなかったり、速く読み終わったけど内容が十分に理解できておらず、何も覚えていなかったりと、速読はなかなかに難しいものです。

一体どうすれば、質の高い速読が出来るようになるのでしょうか?

本記事では、その答えを用意しております。

本を速く読めない人にこそ見て欲しい、速読のコツややり方について詳しく書いてありますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

速読のメリット

それではまず、速読のメリットを下記します。

・より早く知識を増やすことが出来る

・より早く欲している情報を得ることが出来る

・名作に出会える可能性が増える

・忙しい現代人の時間を節約する助けとなる

時間がない現代人にとって、これからの時代にはますます速読の技術が必要となってきます。

速読の技術を習得するように努めることで、今後の残りの人生の時間を有効的に活用できるようになります。

それではいよいよ、速読の極意をご紹介していきます。


速読の極意①残念ながら知識を積み重ねることが一番の速読の極意

読み手が、いかに読もうとしている分野の知識を持っているかによって、本を読むスピードは変わってきます。

始めて触れる分野の本は理解しにくいですし、逆に自分が元々詳しい分野の本は、すんなりと理解できるので、自ずと読むスピードが上がっていきます。

残念ながら、速読のコツを知るだけで、いきなり劇的に本を読むスピードが上がるわけではありません。

スポーツと一緒で、一朝一夕で速読は身に付きません。

とにかく、速読することを意識して、本を読んで自分の中に知識を積み重ねていくのが、一番の速読の極意となります。

速読の極意②目次は飛ばさずちゃんと読み、本全体をざっくり把握する

目次を飛ばしてしまう方は多くいらっしゃると思いますが、目次は本全体を把握するのに役立ちますので、読むようにしましょう。

全体を把握してから読むのと、一体どういう話をするのか分からないまま読むのでは、最終的な理解度が大きく変わってきます。

速読は、速く読むだけではなく、本の内容を十分に理解する必要があります。

理解度が低い速読は、ただ本を読んでいる気になっているだけであり、何も得られるものがない無駄な時間となりますので、ちゃんと理解できる速読を目指しましょう。

速読の極意③読んでいる行の次の行を先読みする

本の一行だけしか見えないほど、人間の視界は狭くありません。

本の一行を読もうとすると、その前後2、3行も同時に見えているはずです。

しかし、見えているはずなのに、その内容を全く理解できないという人は多いです。

この原因としては、意識して読んでいる行以外の文章については、脳がその時点では不必要な情報であると認識し、その情報をシャットアウトしているからなんです。

せっかく視界に入っている文章を脳に取り込んだのに、むざむざ捨ててしまい、その後すぐに捨てた文章をまた脳に取り込み、今度は認識するというムダな作業をしていることになります。

では、具体的にはどうすればよいのでしょうか?

その答えは至ってシンプルで、読もうとしている文章とその次の文章の間を視界の中心として本を読み、この2行を強く意識するようにしましょう。

この時のポイントとしては、あくまで読むのは最初の行であり、次の行は視界に入れるにとどめましょう。

速読術が身に付いていない状態で、欲張って次の行まで読んでしまうと、どちらの行も理解できず、むしろ本を読むスピードは低下してしまいます。

最初の内は、次の行の単語だけを読み取るように意識し、段々と慣れていったら文章丸ごとインプットできるように練習を積んでいきましょう。

速読の極意④文章を絵として頭の中に描く

速読はただ文章を読むのではなく、迅速に読み進めて、しかも内容をちゃんと理解する必要があります。

しかし、迅速に文章を読めば読むほど、理解するのは困難になっていきます。

まさにトレードオフの関係のように思えます。

それでは、本を読むスピードを上げて、しかも内容を理解するという速読はできないんじゃないかと思われる方もいらっしゃると思います。

しかし、それは誤解です。

要するに、読むスピードを上げるのと同時に、理解するスピードも上げれば、速読は可能となるんです。

では、理解するスピードはどうすれば上がるのでしょうか?

そのコツとしては、文章を文章のまま理解しようとせず、頭の中にイメージを思い浮かべるのです。

とにかく速読のスピードに負けないように、次から次へと脳内にイメージ図を創り上げていきましょう。

最初は苦労すると思います。

しかし、速読は一朝一夕で身に付くものではありませんので、とにかく練習あるのみです。

速読の極意⑤文章を念仏のように読み上げる

このテクニックは、他に誰もいない空間でしか活用できないので、限定的になりますが、効果は抜群です。

本を読むというのは、人間の五感の内、目だけを使っています。

しかし、文章を読み上げて聞くことで、目に加えて口と耳を活用することが出来ます。

よって、本の理解度を大幅に向上させることが出来ます。

家で本を読む場合は、念仏のように声を出して本を読み上げることで、より理解度の高い速読が可能となります。

ちなみに、速読術を紹介する他のサイトでは、速読は読み上げたり心の中で呟いてはいけないとしている場合もありますが、それは理解度を度外視し、ただ速く本を読み終えることばかりを追い求めてしまっていると感じます。

速読の大原則は、ちゃんと本の内容を理解することなので、理解度の質を向上させることも考えねばなりません。

ただし、速読技術がかなり向上し、また知識が十分に蓄積され、わざわざ読み上げなくても瞬時に理解できるようになれば、読み上げるのをやめることで、速読のスピードはさらに向上します。

速読の極意⑥読まなくて良いと判断した本はさっさと切り捨てる

「本をさっさと切り捨てるって、、、それは速読なの?」

と思われる方がいるかもしれませんが、これも立派な速読術です。

なぜ速読するのかという目的に立ち返ると、速読するのは、より迅速に必要な知識を習得したり、悩みを解決することです。

なので、不必要な知識であったり、悩みを解決できない本を読むのを止め、新たな本を探すという判断を下すのも、立派な速読術の一つなんです。

いくら早く読めたって、自分にとって無駄な本を読むのは、価値が低い行為となります。

「自分が求めている情報とはズレているな、、、」と感じたら、読んでいる途中でも切り捨てる判断ができるように意識しておきましょう。

真の速読とは、読まなくて良い本を見切ることができる能力も含まれます。

速読の極意⑦同じ分野の本をまとめ読みする

色んな分野の本を読むよりも、同じ分野の本をまとめて読んだ方が、本の内容の理解度が向上し、速読しやすくなります。

なので、いくつかの分野の本を読もうとしている場合は、一つ一つの分野の本を一気に読んでから、次の分野に進むようにしましょう。

目のトレーニングなどはやる必要なし

速読のコツをご紹介する他のサイトの中には、目のトレーニングをしましょうというものがあります。

しかし、目のトレーニングは本当に必要とは思いません。

一瞬で視界に入れることのできる文字数を増やしたところで、どうせ脳の理解が追い付かない為、目のトレーニングは不要だと判断できます。

私的にはナンセンスだと思います。

本当に必要な技術だけを身に付けるようにしましょう。

ー以上ー

自動車・ビジネス
執筆者:かつひろをフォローする
【今なら30日間無料】本を聴く?Amazon Audible(オーディブル)とは?かつひろも超おすすめ!

「本を読む時間がない…。」と悩むそこのあなた!朗報です!

なんと、プロの朗読家の声で【本を聴ける】Amazon Audible(オーディブル)が、今なら30日間無料!

知識を蓄えビジネス力を高める大チャンス!

【いつまで30日間無料か分からない】ので、このチャンスを逃さないように!
 
\30秒で簡単登録はこちら!無料期間中の解約も簡単!/

日常に潤いをもたらす!知って得する情報デリバリー

コメント

タイトルとURLをコピーしました