★超おすすめ!【今なら30日間無料】小説・マンガ・自己啓発本が読み放題!Amazon kindle unlimited
公式はこちら!30日間無料で試してみる➡

当てはまるとやばい!職場で人間関係が最悪になる人の15の性格とは!?

当てはまるとやばい!職場で人間関係が最悪になる人の15の性格とは!?

「人が仕事を辞める最も多い理由は何でしょうか?」

分かりますか?

答えは、人間関係だと言われています。

仕事の向き不向きや、病気、夢を追いかけるためなどではなく、人間関係です。

それほど、仕事における人間関係は、重要なんです。

そこで本記事では、職場で人間関係が最悪になる人の15の性格について、まとめました。

当てはまる項目が多い人は、改善するように努めた方が良いでしょう。

職場で人間関係が最悪になる性格1.朝一は不機嫌である

低血圧の方は、朝一は不機嫌な方が多いですが、そもそも朝はみんなテンションが低いです。

なので、朝から不機嫌な人を見ると、非常に気分が曇ってしまいます。

朝一は不機嫌なことが多いという自覚がある方は、改善しましょう。

改善する方法としては、朝起きる時間を早めて出社時にはエンジンをかけておくことや、しっかりと朝ごはんを食べる、朝ランニングするなどが挙げられます。


職場で人間関係が最悪になる性格2.あいさつをしない、返さない

あいさつは、人間同士のコミュニケーションの基本中の基本です。

自分からあいさつをしないどころか、あいさつされても返さない人は、嫌われて当然でしょう。

たった一言「おはよう」というだけで、人間関係が改善されるなら、やらない手はないですね?

職場で人間関係が最悪になる性格3.権力を振りかざす

職場で権力を振りかざすことほど、みじめな行為はありません。

後輩に横柄に接したり、管理職として一般職を見下したり、派遣社員をバカにしたりと、意外と権力をかざしてやりたい放題の人が多いです。

職場での自分の立場が強い人ほど、このことに気づいていません。

もしかしたらあなたも、何らかの権力を振りかざしている可能性があります。

日頃の行いを振り返り、改善点はないか探してみましょう。

職場で人間関係が最悪になる性格4.責任感がない

仕事はやり切ることが大切です。

なのに、無責任に仕事を中途半端なまま放置してしまう人がいます。

また、誰かに頼り切り、自分主体で仕事をやり切ろうとしない人もいます。

仕事をしに来ているのに、まともに仕事をしない人は、嫌われて当然ですよね。

自分が受け持った仕事には責任感を持ち、やり切るように努力しましょう。

もしできないなら、誰かに助けてもらっても良いので、とにかくやり切ることを目指しましょう。

職場で人間関係が最悪になる性格5.怒ると怖い

仕事を進めていくうちに、意見がぶつかり合うことも、多々あります。

そんなときに、感情的になって怒鳴り散らす人は、周りの人から怖がられます。

当然、人間関係は最悪になっていくでしょう。

ムッとすることがあっても、怒る前に深呼吸して、冷静になってから話すことを心がけてみましょう。

職場で人間関係が最悪になる性格6.悪口が多い

しょっちゅう悪口を言う人は、逆に悪口を言われやすく、嫌われやすいです。

悪口は盛り上がりやすいので、軽い気持ちで言ってしまう人が多いのですが、度が過ぎた悪口を言う人は、嫌われます。

出勤前に「悪口は言わない。悪口は言わない。」と何度も唱えてから、職場に入るようにすることで、悪口を言わないように努力しましょう。

職場で人間関係が最悪になる性格7.できない理由を見つける達人

ちょっとでも新しいことをしようとすると、途端に「いや、前例がないからやめた方がいいよ。」と、できない理由を見つける達人がいます。

周りのやる気を削ぐので、嫌われやすく、人間関係が悪化しやすいです。

探すべきは、できない理由ではなく、できる方法です。

人の反対やネガティブな意見は、意識的に言わないように心がけてみましょう。

職場で人間関係が最悪になる性格8.ジョークが通じない

職場にこそ、ジョークや笑いが必要な時代になってきました。

そんな中、「仕事中は仕事に集中するべき!」という昔ながらの考えを持っていないでしょうか?

真面目な姿勢は素晴らしいですが、もっと融通が利く方が、人間関係は円滑になります。

あなたがもしジョークが通じない真面目人間なら、肩肘張らずに楽に仕事に取り組むことも大切であるということを、覚えておいてください。

職場で人間関係が最悪になる性格9.他人のがんばりを認めない

成果主義で、相手のがんばりを認めない人は、要注意です。

誰だって、たとえ失敗してしまっても、がんばったなら努力だけでも認めて欲しいものです。

それを、時間のムダだのなんだのって責めるのはやめましょう。

がんばりを認めた上で、ダメなところは改善してもらえるように、優しくお願いしてみましょう。

職場で人間関係が最悪になる性格10.人を第一印象でがっちり決める

仕事ができる人ほど、人を第一印象で決める傾向にあるでしょう。

タチが悪いのは、一度決めた印象を頑なに変えようとしないことです。

仕事ができない人には、ずっと仕事ができないレッテルを貼ったままにし、相手を見くびってしまいます。

人は常に成長する生き物ですので、相手の印象は、適宜更新してあげましょう。

相手をちゃんと見ることで、相手もあなたのことをちゃんと見てくれるようになるでしょう。

職場で人間関係が最悪になる性格11.人の話を聞かない

聞き上手は、問答無用で好かれる傾向にあります。

逆に人の話を聞かない人は、嫌われるので要注意です。

人はみな、自分が話をしたい生き物なので、相手の話を軽んじる傾向にあります。

なので、意識的に相手の話に耳を傾けるようにしましょう。

職場で人間関係が最悪になる性格12.相手によって態度を変える

同じことを言っても、相手によって態度を変える人は多いです。

どうしても、人には合う合わないがありますので、仕方ないところもあります。

しかし、相手からすると、嫌な気分になりますよね。

人によって態度に差が出るのは仕方がありませんが、相手が不快に思わないぐらいに留めるようにしましょう。

職場で人間関係が最悪になる性格13.自分以外の人は仕事ができないと思っている

仕事ができてプライドが高い人ほど、この傾向が強いです。

事実、仕事ができるのでしょうが、それを表面に出して、相手を見下してはいけません。

仕事ができるそこのあなた、周りを見下していないか、日頃の自分の態度を振り返ってみましょう。

職場で人間関係が最悪になる性格14.自分だけが我慢していると思っている

「自分だけが辛い思いをしている」

「自分だけが我慢している」

「自分だけが一生懸命気を遣っている」

なんて思っていませんか?

自分だけが被害者のような考えを持っていると、その思いが顔や態度に出てきます。

そんな人と、楽しくやれる人は滅多にいないでしょう。

みんなそれぞれ辛いことや苦しいことがあると思い、ポジティブに生きることを考えましょう。

ポジティブ人間は、職場の人から好かれやすいです。

職場で人間関係が最悪になる性格15.自分の仕事量が他の人より多いという不平不満がある

実際、仕事量は人によって差があります。

それは仕方がないことで、たまたまあなたの仕事量が他の人より多いことだってあるでしょう。

しかしそれを受け入れず「俺の仕事量多すぎない?」とか「みんなちゃんと仕事してるの?」なんていうニュアンスの言葉を言ってしまうと、たちまちあなたは、みんなから腫れ物扱いされるでしょう。

みんなそれぞれ不平不満を抱えて仕事をしています。

完全にストレスフリーな職場にするのは、実現不可能ですので、それを受け入れられるように努力しましょう。

当てはまるほど嫌われる性格や特徴を持っている

本記事は、私の職場で嫌われている人の特徴をまとめたものです。

しかし、どこの職場にも当てはまるでしょう。

あなたがもし、ドキッとした項目があるのならば、少しずつ改善していくようにしましょう。

改善するほど、あなたの職場の雰囲気やあなたへの風当たりも優しくなっていくことでしょう。

あなたの職場の人間関係が良くなることを願っております。

ー以上ー

自動車・ビジネス
執筆者:かつひろをフォローする
【今なら30日間無料】本を聴く?Amazon Audible(オーディブル)とは?かつひろも超おすすめ!

「本を読む時間がない…。」と悩むそこのあなた!朗報です!

なんと、プロの朗読家の声で【本を聴ける】Amazon Audible(オーディブル)が、今なら30日間無料!

知識を蓄えビジネス力を高める大チャンス!

【いつまで30日間無料か分からない】ので、このチャンスを逃さないように!
 
\30秒で簡単登録はこちら!無料期間中の解約も簡単!/

日常に潤いをもたらす!知って得する情報デリバリー

コメント

タイトルとURLをコピーしました