スポンサーリンク

【一目置かれるの意味とは?】一目置かれる人になる超具体的な12の方法




About Author




「一目置かれるってどんな意味?」
 
「一目置かれる人になりたい!一目置かれる人になる具体的な方法を教えて欲しい!」

このように、一目置かれる人に関する悩みを抱えている人は多いでしょう。

そこで本記事では、一目置かれる人になるための超具体的な極意について解説していきます。

かなり詳細に書いていますので、ぜひ参考にしてください。

一目置かれるの意味とは?

それではまずは、一目置かれるの意味について解説していきます。

他人からの高い評価を得ることを意味する表現

周囲から良く評価される様子

ある程度評価され敬意が払われているさま

引用元:Weblio辞書類語辞典:https://thesaurus.weblio.jp/content/%E4%B8%80%E7%9B%AE%E7%BD%AE%E3%81%8B%E3%82%8C%E3%82%8B

Weblio辞書類語辞典では、上記3つの意味が書いています。

ポジティブな意味が強いです。

一目置かれる人を一言で言うと、周りから高く評価されて尊敬されてる人ですね。


一目置かれる人になる超具体的な12の方法

一目置かれる人になりたい!

と思う方も多いでしょう。

そこで続いては、一目置かれる人になる超具体的な12の方法について解説していきます。

一目置かれる人になる極意①リーダーシップを取る

周りから一目置かれる人は、リーダーシップを取ることができます。

周りを上手く巻き込みながら仕事が出来る人は、間違いなく一目置かれる人と言えます。

しかし、リーダーシップを取るのはなかなかに難しいものだと思われがちです。

実は、そんなことは無いんです。

なぜなら、リーダーの心構えや人間性ついて知ることが出来れば、誰だってリーダーシップを取ることが可能だからです。

リーダーの心構えや人間性の詳細については、下記の記事でまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

【リーダーの心構え】LEADERの文字で覚える6つのリーダー心得

リーダーの人間性とは結局何か?リーダーの器になる50の項目まとめ

一目置かれる人になる極意②2030年に必要となる能力ベスト20を習得する

これからの時代に一目置かれる人は、下記の能力を持っている人だと言えます。

これは、英オックスフォード大学准教授のマイケル・オズボーンさんが発表した2030年に必要となる能力ベスト20です。

①戦略的学習力

②心理学

③指導力

④社会的洞察力

⑤社会学・人類学

⑥教育学

⑦協調性

⑧独創性

⑨発想の豊かさ

⑩アクティブラーニング

⑪心理療法・カウンセリング

⑫哲学・神学

⑬伝達力

⑭サービス志向

⑮アクティブリスニング

⑯高度な問題解決力

⑰オーラルエクスプレッション

⑱コミュニケーション学、メディア学

⑲活舌

⑳判断力・意思決定力

詳細な解説については、下記の記事でまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

【2030年に必要となる能力ベスト20】リーダーの素養として知っとくべし

一目置かれる人になる極意③プレゼンの極意を習得する

一目置かれる人は、とにかくプレゼンが上手い!

という印象を持っている人も多いでしょう。

まさにその通りです。

プレゼン上手いことで一目置かれる人になるためには、聞き手を飽きさせない話し方の極意を習得したり、プレゼンの準備から資料作り、当日の発表の仕方まで網羅的に上手い必要があります。

なんだか難しそうですよね。

でも、思いのほか簡単なんです。

プレゼンの天才と称されている私のプレゼンの極意を全て下記の記事にまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

一目置かれる人になる極意④司会進行が上手い

プレゼンと同様、司会進行が上手い人も一目置かれる人だと言えます。

司会進行が上手い人の特徴を下記します。

①主賓よりも目立とうとしない

②人を使う時は腰を低くし、顎で使わない

③常に見られていることを意識し、姿勢を良くする

④緊張感を持つ

⑤自信の無さや弱さは見せない!堂々とする

⑥時間にルーズはNG!時間に厳しく常にコントロール

⑦自分の感想を控える

⑧司会進行の自覚を持ち、ノリ良くはしゃぎ過ぎない

⑨オーバーなお世辞はNG!何事もほどほどに

⑩早口で話し過ぎていないか。常に振り返りを行う

詳細については、下記の記事でまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

一目置かれる人になる極意⑤人前で話すときに緊張しない

一目置かれる人は、人と対話する時に堂々としている人だと言えます。

人前で話す時に緊張しないテクニックを下記します。

①手の置き場を作るだけで精神が安定する

②キャラクターになり切って話す

③プレゼン資料を見ずともスラスラ言葉が出てくるまで練習する

④人前で話す30分以上前に食事は済ませる

⑤時間に余裕をもって本番に備える

⑥直前にプレゼン内容は変更しない

⑦深呼吸を繰り返す

⑧直前に軽く水を飲み、ノドを潤しておく

⑨足裏に意識を向け、地面に根を張るように立つ

⑩聞き手をカボチャと思う

詳細については、下記の記事でまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

一目置かれる人になる極意⑥誰からも好かれる

一目置かれる人は、誰からも好かれる人とも言い換えられます。

「なぜかあの人はいつも話題の中心にいる。」

「あの人が嫌いっていう人を見たことがない。」

このように、誰からも好かれる人は必ずどの場所にも一人はいるものです。

そんな誰からも好かれる人がこっそりしている秘密の行動を下記します。

①自分から好きになる(返報性の原理)

②相手に悩みや弱みをこっそり打ち明ける

③悩み相談を真摯に受け止めてくれる

④どんな時も味方になってくれる

⑤ほどほどの愚痴を言い合える

⑥ダメな自分を肯定してくれる

⑦笑わせてくれる

⑧何があっても怒らない

⑨博識で盛り上がれる話題が多い

⑩地元が一緒であることを上手く活用する

⑪ポジティブである

⑫相手の情報や過去の話を覚えている

詳細については、下記の記事でまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

この記事を見れば、間違いなくあなたは今よりも好かれる人になれるでしょう。

一目置かれる人になる極意⑦雑談力を磨く

雑談力が高い人は、一目置かれる人になれます。

「あの人と話していると話題が尽きない。」

「色んなことを話せるから、あの人と話していると面白い!」

このように、雑談力が高い人はみんなから一目置かれます。

雑談力を磨く具体的なテクニックを下記します。

①話は簡潔に!1分でまとめよ!

②失敗や恥ずかしい経験は全て雑談のネタ!絶対メモせよ!

③雑談トークは家で3回練習してから使うこと!

④返答に困ったらオウム返し!これだけで雑談のテンポは悪くならない!

⑤相手の自慢を引き出し、情報も手にする質問「一体どうやったんですか?」

⑥オチから話は作ること!これこそが雑談の極意

⑦マイナーや奇抜なネタで雑談を始めないこと!ありふれたネタで良い!

⑧面白い話はポンポン思いつかない!相手に知識を与えるトークをするべし!

⑨時事ネタは常にチェックしておくこと

⑩オーバーリアクションを取ること

⑪相手のことを好きだと思いこむこと

⑫質問ばかりで話題が広がらないときは、思い切って自分の話に転換する

⑬分からないことは素直に教えてもらうこと!知ったかぶりは絶対やめる!

⑭下ネタは相手が食いつくか確認してから話すこと!

詳細については、下記の記事でまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

一目置かれる人になる極意⑧上司との会話が上手い

一目置かれる人は、上司との会話が上手いです。

「あの人は、気難しい上司とも上手く会話が出来ている。」

上司から一目置かれる人が、みんなから一目置かれるのは、当然とも言えます。

あなたが上司との会話が上手くなったなら、間違いなく周りからも一目置かれる人になれるでしょう。

上司との話題を下記にまとめておきます。

①子供の話

②恋愛話

③スポーツの話

④趣味の話

⑤仕事の話

⑥会社のうわさ話

⑦経歴の話

⑧海外の話

⑨夜のお店の話

⑩所有車の話

詳細については、下記の記事でまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

上司との会話上達への道は、まずは話題選びができることです。

一目置かれる人になる極意⑨日常で笑いを取るコツや方法を知る

日常の中で笑いが取れる人は、一目置かれます。

例えば、笑いを取るテクニックとして、

・例えツッコミ

・手助けからの裏切り

・中途半端に英語を使う

などがあります。

詳細については、下記の記事でまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

日常で笑いを取る29もの具体的なテクニックを詰め込んでいます。

下記記事を読めば、必ずやあなたのお笑い力は向上しますので、おすすめします。

一目置かれる人になる極意⑩論理的思考力(ロジカルシンキング)を磨く

頭が切れる人が一目置かれるのは、言うまでもないでしょう。

頭が切れる人は、物事を筋道立てて考えられる人と定義します。

要するに、論理的思考力(ロジカルシンキング)が高い人ですね。

論理的思考力(ロジカルシンキング)を磨くコツとしては、まずは分けて思考を整理する術を知ることです。

その方法を下記します。

①対立概念(二項対立)で考える

②ストーリー(プロセス)で考える

③因数分解で考える

④フレームワークを使う

詳細については、下記の記事でまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

一目置かれる人になる極意⑪自由な発想力を磨く

一目置かれる人は、ロジカルに物事を考えられるだけではありません。

自由な発想で面白いアイデアを出せる人でもあります。

発想力を磨くためには、まずは様々な発想のツールを知ることが重要です。

そこで、アイデアマンの発想法や、使いやすくて便利なマンダラート発想法、アイデア出しや課題の解決のための発想の切り口を与えてくれるフェニックスのチェックリストをおすすめします。

詳細については、下記の記事でまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

一目置かれる人になる極意⑫モチベーションを高い状態で維持する

一目置かれる人は、モチベーションが高い傾向にあります。

仕事への熱意が高かったり、熱い心を持っていたり、何にでも真剣に取り組むことができれば、あなたは周りの人たちから一目置かれる人になれるでしょう。

モチベーションを高い状態で維持する極意について下記します。

①大きな目標を掲げる

②大きな目標を達成して成功した自分を明確にイメージする

③大きな目標を小さく分け、小目標を具体的に設定する

④目標をいつでもすぐに確認できるようにする

⑤目標を達成する毎に自分に報酬を与える

⑥現状維持は悪!ペースダウンしてもよいので立ち止まるのはやめよう

⑦達成した目標は記録し、定期的に振り返る

⑧リフレーミングで嫌なことを楽しいことと捉える

⑨マンネリ仕事はやり方を変えて新鮮な体験に変える

⑩日々の運動でドーパミンを分泌する

詳細については、下記の記事でまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

本記事が少しでもあなたのお役に立てたなら、下記のシェアボタンで、ぜひ本記事をみんなにもシェアしてあげてください。

※本記事をブックマークし、定期的に振り返ることで、あなたが一目置かれる人に近づくことは間違いありません。ぜひ、ブックマークしてあなたの役に立ててください。

ー以上ー

関連コンテンツ
投稿本文下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする