【スキルマップとは?】スキルマップ導入のメリットや作成方法とコツ

【スキルマップとは?】スキルマップ導入のメリットや作成方法とコツ

会社のチームのリーダーや主任、課長、そして後輩社員の教育係に任命された若手から中堅社員のみなさんは、自分やチームメンバーの能力やスキルを正しく把握されていますか?

例えば、「Aさんは評価のスペシャリストで、B君は解析がめちゃくちゃ得意」というように、ざっくりとした評価はできるでしょう。

しかし、仕事を効率良く進めたり、適切に仕事を配分には、メンバーのスキルを正しく把握する必要があります。

また、新入社員や若手社員の教育の方針を明確に定めるためには、現状の能力を定量化して明確化することが重要です。

そのためのツールとして、スキルマップを導入することをおすすめします!

スキルマップは、ビジネスにおいて非常に重要なツールなので、ぜひ仕事場に導入し、上手く活用することで、大きなメリットが生まれます。

そこで本記事では、スキルマップとはどういうものなのか、スキルマップの導入によってどのようなメリットがあるのか、そしてスキルマップの具体的な作成方法についてご説明します。

それではまずは、スキルマップとは何か?について解説していきます。

『本記事と共に読みたいおすすめ記事はこちら!』

組織崩壊を招くリーダーの特徴と原因、兆候と対策を完全網羅して教えます

【仕事ができない部下を動かす極意】トータルリワードで使えない部下を変えろ

【初めてOJTリーダーになったら必見】OJTの基本の教え方やするべきこと
【初めてOJTリーダーになったら必見】OJTの基本の教え方やするべきこと 会社に入社して、様々な経験を積み、中堅や主任になると、OJTリーダーに任命されて、新入社員や若手社員のめんどうを見る機会が与えられる人も多くいると思います。 ...
【OJTリーダー質問集】新入社員とのコミュニケーションに困ったら必見の質問例文
【OJTリーダー質問集】新入社員とのコミュニケーションに困ったら必見の質問例文 本記事では、OJTリーダーのみなさんが、新入社員や若手社員といったパートナーとの会話に困った時の質問集をまとめました。 新入社員とのコミュニケーションに...

スキルマップとは?

スキルマップとは、チームの業務で必要なスキルや知識、経験を洗い出してリスト化し、各項目毎にメンバー1人ひとりの実力を数字で記入し、見える化した一覧表を指します。

先ずはスキルマップの例を見た方がイメージしやすいと思いますので、下記します。

こちらがスキルマップの一例です。

メンバー全員の氏名、入社年月(歴)、そして業務の項目に対するメンバー1人ひとりのスキルが見える化され、一覧表でまとめています。

今回は、評価指標を5段階で表現しましたが、会社によっては、3段階評価であったり、単なる○×で評価する場合もあります。

チームの業務に合わせて、使いやすいような評価指標を選択すれば良いです。

スキルマップのメリット(目的)

それでは、スキルマップの導入によって得られるメリットは、一体何でしょうか?

大きなメリットとしては、下記3点が挙げられます。

①メンバーのスキルの見える化

②人材育成の方針の明確化

③チームのレベルの底上げ

④人の異動に対して強いチームになる

⑤メンバーが切磋琢磨してモチベーションが向上する

①メンバーのスキルの見える化によって、誰にどんな業務を任せれば上手くいくのかという判断が容易になりますので、人材の最適化を図ることができ、チームの業務が効率化します。

②スキルマップを見ることによって、各メンバー毎の得意不得意が明確化します。

その為、不得意な項目を重点的に育てるような教育計画を組むなど、育成方針を明確化できます。

③得意な項目を持つ人材を講師として勉強会を開催することで、チームのレベルの底上げを行うことができます。

④スキルマップを作成することで、そのチームの業務を遂行するために必要なスキルが明確化しますので、教育するべき項目がすぐに判断できます。

チームのメンバーが異動する場合、基本的には一時的にチームのレベルが下がりますが、スキルマップを導入・運用しているチームでは、必要なスキルが明確化して教育体制が整っていますので、下がったチームレベルをすぐに元の状態に戻すことが出来ます。

⑤全メンバーのスキルが誰でもすぐに分かるようになりますので、メンバーの競争心が刺激されます。

その結果、メンバーが切磋琢磨することで、メンバーのモチベーションを向上させることができます。

以上の通り、スキルマップの導入及び運用によって、大きなメリットが得られます。

スキルマップを導入するべきチームとは?

スキルマップを導入して効果的なのは、どのような会社やチームなのでしょうか?

答えは、複数人以上でチームを組んで仕事をしている場合は、全てのチームで導入するべきであると、私は考えます。

現在日本では、どの会社でも深刻な労働力不足に悩まされており、人材育成の優先度が非常に高まっています。

もちろん、今まで以上に業務の効率化も厳しく求められる傾向にあります。

その為、人材育成や業務の効率化に非常に効果的なスキルマップは、どのような会社やチームにも必須の便利なツールです。

さらに、現代では、取引先の会社から、自社の従業員のスキルマップを確認されることがあります。

もはやスキルマップの導入及び適切な運用は、必須と言えます。

スキルマップは、自動車メーカーや部品メーカー、建築、IT、食品、銀行、スーパーなど、あらゆる業種で導入が進んでいます。

スキルマップ作成のコツ

それでは、どのようにスキルマップを導入すればよいのかについて、ポイントをご説明します。

①メンバー全員をスキルマップの対象とする。
②業務に必要な項目は出来る限り細分化し、考えうる全項目を挙げる。③評価指標はメンバー全員で共有化し、個人間の評価基準がぶれないようにする。④定期的にスキルマップが実用的か振り返り、必要に応じて内容を見直す。

まとめ

スキルマップの導入によって、人材育成の質が向上しますし、人の異動に対して強いチームになり、さらにメンバーのモチベーションが向上するなど、多くのメリットがあります。

スキルマップの導入はハードルが低く、どんなチームでもすぐに導入できますので、まずは導入してみて、実際に使いながら改善していくことが重要です。

ぜひスキルマップを活用し、チームの業務を効率化してみましょう!

『本記事と共に読みたいおすすめ記事はこちら!』

組織崩壊を招くリーダーの特徴と原因、兆候と対策を完全網羅して教えます

【仕事ができない部下を動かす極意】トータルリワードで使えない部下を変えろ

【初めてOJTリーダーになったら必見】OJTの基本の教え方やするべきこと
【初めてOJTリーダーになったら必見】OJTの基本の教え方やするべきこと 会社に入社して、様々な経験を積み、中堅や主任になると、OJTリーダーに任命されて、新入社員や若手社員のめんどうを見る機会が与えられる人も多くいると思います。 ...
【OJTリーダー質問集】新入社員とのコミュニケーションに困ったら必見の質問例文
【OJTリーダー質問集】新入社員とのコミュニケーションに困ったら必見の質問例文 本記事では、OJTリーダーのみなさんが、新入社員や若手社員といったパートナーとの会話に困った時の質問集をまとめました。 新入社員とのコミュニケーションに...
自動車・ビジネス
執筆者:かつひろをフォローする
【今なら30日間無料】本を聴く?Amazon Audible(オーディブル)とは?かつひろも超おすすめ!

「本を読む時間がない…。」と悩むそこのあなた!朗報です!

なんと、プロの朗読家の声で【本を聴ける】Amazon Audible(オーディブル)が、今なら30日間無料!

知識を蓄えビジネス力を高める大チャンス!

【いつまで30日間無料か分からない】ので、このチャンスを逃さないように!
 
\30秒で簡単登録はこちら!無料期間中の解約も簡単!/

日常に潤いをもたらす!知って得する情報デリバリー

コメント

タイトルとURLをコピーしました