スポンサーリンク

【たったこれだけでコミュニケーションが上手くいく方法】明日すぐ使える簡単テクニック




About Author




【たったこれだけでコミュニケーションが上手くいく方法】明日すぐ使える簡単テクニック

会社に入社して社会人になってから、コミュニケーションの難しさに頭を悩ませている方はいませんか?

学生時代でもコミュニケーション能力は必要とされますが、学生時代は自分の好きな人達と絡む機会が多く、そこまでコミュニケーションに苦労していなかったという方も多くいると思います。

しかし社会人は、自分と全く合わない人や嫌いな人とも密にコミュニケーションを取らないと仕事が上手くいかないことが往々にしてあります。

そこで本記事では、コミュニケーションの壁にぶつかっている方々に向けて、「たったこれだけでコミュニケーションが上手くいく簡単な方法」についてお教えします。

高度なテクニックは必要なく、明日からすぐにでも使えるようなものばかりですので、ぜひ頭にインプットしておいて下さい。

※本記事と共に読みたいおすすめ記事はこちら!

愛想笑いを積極的にすべし!

とにかく相手の言うことに愛想笑いをしておきましょう。

話し相手からすると、自分の話を聞いて笑いかけてくれた人を悪く思う人はそういません。

たとえ話が面白くなかったとしても、愛想笑いをするだけで、コミュニケーションは円滑に進みます。

ただし、あまりにヘラヘラしていると、軽い人間と思われがちなので、愛想笑いのやりすぎには気を付けましょう。

そこは実践を通し、相手の反応を見ながら、愛想笑いテクニックを磨いていきましょう。

まずは、軽く愛想笑いをするように心がけるだけで、コミュニケーション能力は向上します。

簡単なので、コミュニケーションに難しさを感じている方は、ぜひ明日から取り入れてみて下さい。


大きな声で返事すべし!

大きな声で返事するって、正直バカみたいですよね?

でも、たったこれだけでコミュニケーションが円滑にいくことも多いんですから、驚きですよね。

「おっ、こいつ元気いいな!」と相手に思われたら、一気にコミュニケーションが取りやすくなります。

根暗君よりも元気ハツラツ君の方が話したい方が多いです。

普段根暗君だとしても、大きな声で返事をすることで、少しでも根暗というイメージを払拭し、元気さをアピールしておいた方が、コミュニケーションは良い方向に向かいます。

ちょいとオーバーリアクションをすべし!

コミュニケーションにおいて重要なのは、相手の話にちゃんとリアクションを取ることなんです。

残念ながら、現代人は、相手の話に対するリアクションが小さい方が多くいらっしゃいます。

例えば、「こいつ俺の話本当に聞いてんのかな?」と一度上司に思われてしまうと、コミュニケーションを取るのが難しくなります。

逆に上司の立場であれば、反応が薄いと「もしかして怒っているのかな?話しづらいなぁ、、、。」というように、部下から恐れられて、コミュニケーションが取りづらくなる可能性があります。

とにかく、円滑なコミュニケーションには、私はあなたの話をちゃんと聞いていますよというアピールが大切です。

自分の今までのリアクションを振り返り、少しだけオーバーにリアクションするようにしてみましょう。

簡単に実践できる割に、コミュニケーションに良い影響を与えてくれます。

プライベートの話をすべし!

最近では、若手はプライベートの話をしたがらない傾向にあります。

しかし、コミュニケーションを円滑にするのであれば、仕事の話だけしていても、限界があります。

やはりお互いにプライベートで何をしているのかを知り、理解し合うことは、コミュニケーションを上手く取る上で必要不可欠となってきます。

もしあなたがプライベートの話をしたくないと思っていても、少しだけで良いので、最近何をしたか程度は、話してみませんか?

逆に上司や先輩の立場であれば、まずは自分のプライベートを赤裸々に話し、相手の様子を伺った上で、相手のプライベートを聞いてみましょう。

現代では、何かと〇〇ハラスメントという言葉が横行しており、プライベートの話を聞きにくくなってしまいましたが、コミュニケーションを上手く取るために、やはりお互いのプライベートについては、少しぐらいは知っておきたいところです。

もちろん、無理強いはいけませんので、軽く聞くということをしっかりと意識しましょう。

裏で人を褒めるべし!

もしあなたが、裏で人の悪口を言ってしまいがちなタイプであれば、今すぐやめましょう。

そして、悪口ではなく、人を褒めるようにしましょう。

ここで重要なのは、本人を直接褒めるのではなく、他人を介して褒めることです。

本人を直接褒めると、「媚び売ってるな」とか「ゴマすってるな」と思われ、逆効果となる場合もありますので、注意が必要です。

例えば上司に「〇〇先輩のサポートのおかげで、今回の案件は上手くいきました。〇〇先輩は面倒見が良くて、非常に頼もしかったです!」と言えば、今度は上司が〇〇先輩に「さっき君の後輩の◻︎◻︎君が、〇〇先輩は面倒見が良くて頼もしいって言ってたよ!」と伝えてくれます。

すると〇〇先輩は、「俺の事を認めて褒めてくれる◻︎◻︎君は良い奴だな!」と思ってくれます。

人間、他人から好意を受けたら、悪い気はしませんので、好意を向けてくれた方を大切にする傾向にあります。

しかも、他人を介しての評価なので、その信憑性は高く、お世辞ではなく本当に褒めてくれていると感じられます。

このことがきっかけで、他人を介して褒めた方とコミュニケーションがめちゃくちゃ取りやすくなることは、ざらにあります。

よって、裏で人を褒めるという方法は、コミュニケーションを上手く取る方法として、非常に有用です。

ぜひ活用してみて下さい!

旅行に行ったらお土産を買って帰るべし!

現代では、職場によってはお土産は買って来なくてよいとしてるところも多くあります。

気を遣わせないように、各職場が気を遣う時代になってきているんですね。

しかし、特に禁止されている訳ではない限りは、旅行に行ったらお土産を買って帰るようにしましょう。

お土産を配るだけで、コミュニケーションが取りやすくなるのであれば、安い物ですよね。

-以上-

※本記事と共に読みたいおすすめ記事はこちら!

関連コンテンツ
投稿本文下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする